スポンサーリンク

国際コーチング連盟のアソシエート認定コーチ(ICF ACC)に合格したので道のりや申請手順をまとめておく

スーパーアジャイルコーチとして働いている手前、その質を高めるために国際的なコーチング団体であるICF(国際コーチ連盟)の認定資格「アソシエート認定コーチ(ACC)」を取得しました。最短で半年から1年ぐらいかかる、なかなかヘビーな資格でした。今回は合格までの道のりや申請手順をまとめてみます。

スポンサーリンク

国際コーチング連盟 アソシエート認定コーチ (ICF ACC)とは?

認定資格はACC(アソシエート認定コーチ)、PCC(プロフェッショナル認定コーチ)、MCC(マスター認定コーチ)があり、ACCは一番とっかかりの認定資格です。

ICF Japanのページによると以下のような条件が書かれています。

ACCPCCMCC
満たすべきトレーニング時間60時間以上125時間以上200時間以上
最低限必要となる有償コーチング経験100時間以上500時間以上2,500時間以上

有料コーチングを100時間というのは結構難易度が高いもので、みなさん苦労されているようです。マネージャとして部下と1on1する場合もカウントできるみたいですが、1on1はすべてがコーチングじゃないはずなので(場合によってはコンサルティングであったり、ティーチングになるはず)、1on1のノリでコーチングを語ると、「それはコーチングじゃないですよ」と突っ込まれると思います。

ACCになるためにはいくつかの方法があります。

  • ACC ACTP Path: ICFが認定するトレーニングを受ける方法。トレーニング + コーチングログ + コーチ・ナレッジ・アセスメント(CKAというテスト)、100時間以上のコーチング経験が条件
  • ACC ACSTH Path: ICFが認定するトレーニングを受ける方法。ACTPパスに加え、10時間のメンタートレーニング + 実技審査(コーチングセッションを録音して音声 + 英語書き起こしを行い提出)が加わったもの
  • ACC Portfolio Path: ICFが認定するトレーニングを使わないパターン。内容はACSTHパスに似ているかんじ

受講したコーチング教室であるヘルスコーチジャパンではACSTH Pathを提供していたので、僕はACSTHパスを利用しました。

ACCへの道のり

まず、ACSTH認定のコースを1年ぐらいかけて受講します。ちょうど、コロナが大流行はじめた時期だったので、集合トレーニングは実施されず、全部オンラインでの開催です。

ヘルスコーチジャパンは、もともとZoom研修に対応しており、柔軟な運営なのでおすすめです。ただ、

授業を1年1サイクルで回しているので、はじめに参加できなかった場合、翌年まで待つ必要があります。僕の場合、学び初め頃にコロナの影響で参加できないコースがあったため、1.5年ぐらいかかりました。

トレーニングが終わると、単位がもらえます。あとは、以下の準備が必要です。

  • メンターコーチング
  • 実技審査
  • 100時間以上のコーチング経験

メンターコーチングは、3ヶ月以上書けて、全10時間のセッションを行います。せっかくなので、他の教室のコーチと話したいなーと思い、銀座コーチングスクールの國井さんにお願いしました。この方は、もう20年以上プロコーチ経験があるので、どんな珠を打ち込んでも打ち返してくれるすごいコーチでした。

メンターコーチングではプロコーチの能力水準(コンピテンシー)倫理規定コアバリューといった基本部分の議論に時間を使いました。読めばわかることばかりですが、気になる点を現役コーチのいろんな視点をいただいて話すことで理解が進みました。これらの理解は、認定申請の最後に実施されるコーチ・ナレッジ・アセスメント(CKA)というテストで試されます。

実技審査(パフォーマンス評価)は、普段1on1セッションを行っている方にお願いして、音声を録音して書き起こし、DeepLなどを使って英語化しました。お金を出してやってもらうこともできましたが、自分の音声を聞きながら文字に書き起こしていくと、自分の癖や得意不得意がよくわかって勉強になりました。たまに録音して聞き直すのはいいプラクティスかもしれません。

実技審査の詳細についてはこちらのページにまとまっています。これを書いている段階ですと以下のような感じです。

  • 音声は、20分〜60分のセッションを編集無しで録音する(60分超えると採点されない)。MP3、WMA、MP4フォーマットを利用。95MB以下であること
  • 翻訳したテキストは.DOC、.DOCX形式。日本語セッションであれば、日本語と英語が必要。サンプルはこちら

コーチング経験は、トレーニングを受講開始した日時からカウントできるようになります。以下の条件のものをカウントします。

8人以上のクライアントとの最低100時間(内、有料75時間)のコーチングを記録したもの

これは、コーチング専門トレーニングを受け始めて以降のもので、更にそのうち25時間は、申請前18か月以内に行われたものでなければならない

ICF Japan 資格の保持者になることより

詳細は経験の要件ページが詳しく、ログを記録するエクセルファイルのサンプルもダウンロードできます。

準備ができたらいよいよ申請です。

ACCを申請する

ICF認定資格のページから「オンライン出願を申し込む」をクリック。英語のサイトに飛ばされ、申請を継続します。以下のアンケート部分以外は、Google翻訳が使えるので英語が苦手でも特に迷わないと思います。

アンケート

認定試験の申請前のアンケートです。ご自身の情報を登録してあげると、ICFの人が喜ぶと思います。

トレーニングの内容について
学んだコーチスクールの名前。英語表記でプルダウンが巨大なので見つけるのが大変です。CCEはいわゆる単位(CCE1単位=60分)をさし、小さなプログラムでCCEをゲットしまくれば、ACCに必要な単位もたまる感じですかね
トレーニング時間。ACSTHパスだと60時間以上必要
トレーニングをはじめた日からカウント。

アンケートが終わると以下のような画面になります。単位が溜まっているなら、CLICK HEREをクリックして申請に入ります。

ICFアカウントの作成

上記のCLICK HEREをクリックすると、アカウント作成画面になります。申請にはICF会員アカウントが必要です。アカウントは無料ですが、有料版にすると申請料金が安くなります。

  • 通常: $500
  • ICF会員: $300

ICF有料会員は1年$245なので、会員になれば得するというわけでもないです。ただ、会員は毎年4月から3月までの1年が有効期限になるため、9月に会員登録したときは月割計算なのか、請求額が$142.92でした。よって、秋口以降にICF有料会員登録すると、ちょっとお得なのかも。ICF有料会員登録については後述します。

メールアドレスを登録。メールが送信され、メールアドレス認証となる
個人情報の入力

おまけ: ICF有料会員の登録方法

有料会員は、会員登録後にオンライン登録申請の画面から可能です。以下の画面を参考にどうぞ。

上記のボタンから有料会員になれる
クリックして進む
認定資格を持っているかトレーニングを受けているなら一番上を選択
トレーニングを受けた教室を選択
メールアドレスを入力。ここでまたメールアドレス認証となる
個人情報を追加。ICF無料会員で入力したデータが表示されるはず
メールの受信設定。連絡を受けたくなければ下側を選択だけど、コアコンピテンシーなど重要な情報が定期的に変わるのでメール登録しておいたほうがいいかも
トレーニング情報を入力。似たような情報を何回も入力しているような・・・
倫理規定への同意
日本支部に参加するならここで選択
寄付の案内。しないなら「No, Thanks」を選択
会員の年会費が表示されるので確認
カード情報を入力して支払い
完了。メールにも支払い情報が送信されます

申請画面の日本語化

会員登録がすむと申請画面に進みます。ACCの条件となっている項目をひとつずつ埋めていきます。

画面が英語ですが、日本語に変えるとわかりやすいはずです

画面下の言語設定で日本語にもできます。多少不自然な表現もありますが、読むには困らないレベルに翻訳してくれます。Google翻訳すごい!

画面下にあるプルダウンから日本語を選ぶだけで日本語化されます。翻訳も読めるレベルなのでとっても便利

ACSTHトレーニングについて

ひとつめはトレーニング情報です。僕の場合は教室に通ったので、教室を運営する組織名と、その受講結果を記述します。

トレーニング時間を入力
教室名、時間、開始日、証明書を入力。証明書は教室でもらえるはずです
入力が終わるとパーセンテージが100になります

メンターコーチングについて

メンターコーチの情報を入力します。メンターコーチにはメールで確認が届くらしいです。

メンターコーチを追加
メンターコーチ名、メールアドレス、開始日と終了日、時間を入力。メンターコーチにはメールで「本当にメンターしたか」の連絡が届くようです
登録すると進捗が100になります

クライアントコーチングの経験について

有償で行ったコーチング時間の入力です。自分は規定のExcelファイルにコーチングログをつけるようにしています。このログは提出を求められるわけではありませんが、経験時間や顧客とのやり取りのメモにもなるので、残すようにしています。

こちらは自己申告制です

パフォーマンス評価

コーチングログの内容をアップロードします。

録音ファイルなどをアップロードします
音声ファイル、翻訳ファイル、英語版翻訳ファイルを選択してアップロード
無事アップロードされるとこうなります

この結果は、合否の案内と同時に、細かくチェックした結果をフィードバックしてもらえます。基本的にコアコンピテンシーの内容をチェックしているようです。

CKA試験の前に申請と支払い

最後はコーチ知識を確認するCKA試験です。まずは申請を行い、テスト代金を支払います。

画面右上の「申請書を提出する」から提出
規約への同意
また倫理規定への同意!
情報提供の選択
申請の支払いへ。通常は$500、ICF有料会員は$300
チェックアウトへ
クレジットカード情報を入力
注文する
完了!
支払いと申請が終わると、検証待ちステータスになります。

申請後、パフォーマンス評価を通過すると、受験案内のメールが送られてきます。受験はピアソンのプラットフォームで行われます。

CKAの結果を受け取る

メンターコーチとかなり話したつもりだけど、ギリギリやったでー。

CKAは、150問、3時間のテストです。かなりの量になるので、さくさく回答しても1.5時間ぐらいかかりました。結果はテスト後すぐに表示されます。

合格した場合、数日で認定メールが届きます。 認定期間は3年で更新だそうです。

おわりに

コーチングの勉強を初めて数年経ちましたが、ひとまずはじめのゴールであるACCは達成できました。個人的には、100時間の実践を積んだACCでも十分に思いますが、あと数年でコーチング時間が500時間は超えそうなので、PCCぐらいは目指せるかなーと思っています。

「アジャイルコーチ」と名乗るからには、コーチングのなんぞやは理解しておきたいと思ってはじめたコーチングの勉強ですが、やってよかったと思います。

すくなくとも、コーチングを考えてできるようになり、コーチングじゃない活動も切り分けて考えられるようになりました。この切り分けは、コーチングをする上でかなり重要なスキルだと感じています。

マネージャとしてメンバーと話す機会がある方、僕のように人やグループの活動を支える仕事をする方などにおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました