オープンソース

エンジニアの心

Pandocでmarkdownからメタ情報や表紙画像を入れたepubを作成する

pandocでたまったテキストをepubにしてみたらすっごく便利だったので、epubを作るときのメモ。
エンジニアの心

Pandocで作ったPDFの折り返しが効かない問題に対処する方法

前にPandocでMarkdownからHTML・PDF・EPUBに変換するでも書いたのですが、Mac環境でPandocを使いPDFを作ると、折り返しされず文字が右へと突き抜けてしまう現象が起きました。その対処について調べてみたところ、うまくPDFを作る方法が見つかったのでメモ。
エンジニアの心

App Store無料アプリ1位Markdown Liveで編集&リアルタイムプレビュー

「Markdown Live」というアプリがMac App Storeの無料アプリ部門の第1位(2/12AM確認)に輝いていたので早速使ってみました。こういったエディタが1位をとるってMarkdown使われているんですねぇ。
スポンサーリンク
エンジニアの心

Concordionを使ってユーザストーリの受け入れテストをHTMLで作ってみる

前回は、Concordionのざっくりした使い方をまとめたので、今回は個人的にやってみたいユーザーストーリーの受け入れテストを作ってみます。
エンジニアの心

直感的に受け入れテスト仕様書を記述できるConcordionを試してみた

Concordionという、受け入れテスト自動化向けフレームワークを知ったので、ちょっと動かしてみた。Screenshotsを見るとイメージしやすいかもしれないが、ユーザーストーリの書式や、テスト仕様書の書式で、受け入れテストを記述できるらしい。
エンジニアの心

PandocでMarkdownからHTML・PDF・EPUBに変換する

前回に引き続き、Markdownで文章を書く環境を調べているのですが、HTMLやPDFやEPUBに変換できるツールを調べていてたどりついたのがPandocでした。上記だけでなく様々なファイルに変換ができるのがすばらしい。
エンジニアの心

HTML変換やプレビュー可能なTextMateはMarkdown用テキストエディタとしても優秀

MBAのテキストエディタとしてTextMateを使っているのですが、このエディタはMarkdownを書くときに便利な機能があるので結構重宝しています。私は使いこなせていないですが、ちゃんと使えばいいエディタなのでしょう。
エンジニアの心

Sublime Text 2を使ってMarkdownを編集したりプレビューしたりする

Sublime Textが流行っているのでMarkdown編集用にインストールしてみました。MarkdownBuildというパッケージをインストールすると、ブラウザでプレビューできて便利でした。
エンジニアの心

TextMateがオープンソースになったのでMountain Lionに入れてみた

2013/01/07 Githubからビルド版をダウンロードできるようになってました。ダウンロードするだけで使えますね TextMateがオープンソースになったそうなので、Moutain Lion環境に入れてみました。
エンジニアの心

横浜のコワーキングスペース『タネマキ』に行ってきました

横浜にオープンしたコワーキングスペース「タネマキ」に行ってきました。 場所はタネマキのページにあるとおり平沼高校の前に位置するピンクの建物が目印です。はたしてその中はどんなかんじなのでしょうか?
エンジニアの心

2011年に注目したいプラットフォーム – ThoughtWorks Technology Radar

ThougheWorksのTechnology Radarの2011年版の適当翻訳。今回は2011年に注目すべき言語の話。 レーダーは以下の領域に分かれる。 Hold:注意をしはじめるレベル。 Assess:将来的にどう影響をおよぼすか知るため、価値を探し始めるレベル。 Trial:将来性を感じるためどのように利用するかを調べること...
エンジニアの心

2011年に注目したい言語 – ThoughtWorks Technology Radar

ThougheWorksのTechnology Radarの2011年版の適当翻訳。今回は2011年に注目すべき言語の話。 レーダーは以下の領域に分かれる。 Hold:注意をしはじめるレベル。 Assess:将来的にどう影響をおよぼすか知るため、価値を探し始めるレベル。 Trial:将来性を感じるためどのように利用するかを調べること...
エンジニアの心

2011年に注目したいツール – ThoughtWorks Technology Radar

ThougheWorksのTechnology Radarの2011年版の適当翻訳。今回は2011年に注目すべきツールの話。 レーダーは以下の領域に分かれる。 Hold:注意をしはじめるレベル。 Assess:将来的にどう影響をおよぼすか知るため、価値を探し始めるレベル。 Trial:将来性を感じるためどのように利用するかを調べ...
エンジニアの心

開発時のAgileなデータベース管理とは?

dahlstroms from flickr 2011年に注目したい技術 – ThoughtWorks Technology Radarにまとめた内容の中に、Automated database deploymentというものがありました。自動化されたデータベースデプロイメントとでも訳すのでしょうか。どういうものなのか気になったので調べてみました。 ...
エンジニアの心

2011年に注目したい技術 – ThoughtWorks Technology Radar

デブサミ2011でちらちらでていたグラフが気になったので調べてみた。 その資料はマーティン・ファウラーさんが所属することで有名なThougheWorksという会社のTechnology Radarというものだった。資料はHTMLやPDFで確認でき、2011年版の資料はこちらにある。 Publickeyさんでも取り上げられており、毎年チェックしたい...
スポンサーリンク