我思う

考えたこと。日常の話。

我思う

ランニングのマスクは「Buff」がいいかも

ランニング中もマスクしないと芸人からぼろくそに言われる時代なのですが、山中先生がいうならばとマスクをして走っています。通常のマスクはもったいないし、布マスクやスノボのネックウェアは暑い。。。ということでBuffを試してみました。
我思う

自分の人生を生きるということ

ある人が言うにはコロナ騒動によって小さいお子さんがいる家庭は大変らしい。リモートワークといっても家には子供がいるわけで、仕事するのも大変! というのは、自分も子供がいるのでよく分かる。たまに一人になりたいときもあるしね。ただ、その大変さを先入観を持って「大変だね」っていうのはしたくないと思った話。まとまりはない。
我思う

家のWi-Fiを10年ぶり刷新! 最新仕様Wi-Fi6対応ルータを導入したら 爆速になった

家のネット環境は、ちょうど10年前に購入したCOREGA CG-WLR300GNHに支えられていたのですが、Netflixなどが流行ってきた昨今、たまに重くなってきた気がするので刷新してみました。
我思う

2019年に読んだ160冊の中から選ばれた星5つのスゴいベスト本

今年もあっという間に12月。例年やっている「今年の読書」のふりかえりをまとめようと思います。今年は9冊が星5つだったらしい。
我思う

仕事をがんばればがんばるほど仕事がなくなる話

娘は一発で乗れたなぁ。 最近、とある2つの仕事の時間が半減してしまった。僕の場合、時給で働いている形なので、仕事が半分ということは収入も半分になってしまう。しかし、仕事として何かを良くしていった結果、やることがなくなったり、僕抜きのチームで仕事が回るようになるのはすばらしいことだと思う。
我思う

モンベルのジオライン シェイプ トランクスとWIC.トラベルアンクルソックスを試してみた

10年ぐらい前に買ったボクサーパンツが破れてしまったので、高機能パンツを探していました。そこで見つけたのがモンベルの「ジオライン シェイプ トランクス」。ついでに、高機能靴下である「トラベルアンクルソックス」も買ってみました。
我思う

日本初! 森の空中あそび「パカブ」で飛び跳ねてきた

フランスからやって来た「パカブ」は、森に張り巡らしたネットで遊ぶアトラクションです。とはいってもネットが張っているだけ。でもなんだかとっても楽しいのは流石でした。
我思う

昔、ローソンの店長が言ったことは正しかった

Fiona Thomson - Lawson Station 昔、バイトを探していたときに、池田のローソンの面接を受けたことがある。そのときはとくにやりたいこともないままふらふらしていて、その面接で言われたことは今も覚えていて、面接の後「ムカつくなー」とかフンフンしていた気がする。
我思う

月給・8時間オフィス勤務・平日休日のない働き方をハックする

画像: パクタソ 会社を辞めての大きな発見は、「勤務時間がなくなった」のと「平日休日がわからなくなったこと」だった。でも、月給とか勤務時間とか平日休日がなくなれば、もっと働き方改革になるんじゃないだろうかなぁ。
我思う

TOKYO2020 Field Cast 共通研修に行ってきた

文字ボードは松岡修造さんの直筆らしい 来年のオリンピックのボランティア研修となる「Field Cast(フィールドキャスト) 共通研修」に行ってきました。場所は国立オリンピック記念青少年センター。ここは、前回の大会の選手村だった場所です。
我思う

内部参照中に一部の情報を利用できませんでした (-69808)

Vince Welter - Apple MacBook Pro Color 同僚に「Catalinaのインストールは時間がかかる」と教えてもらったので、台風に怯える中、アップデートを試みたところ、ディスクを認識しなくなってしまった。おかげさまで再インストールとなり、どうせならとクリーンインストールを試みたが以下のように怒られた。
我思う

技術顧問やスポットコンサル向けサービス7社を試してみた感想

home thods - consulting meeting client b2b freelancer 技術顧問やスポットコンサルといった、週数回、1日数時間の仕事を探すときに使ったサービスの感想をまとめてみます。感想は僕個人の所感であり、数社を通して仕事をしていますが、サービス紹介報酬などはいただいていません。
我思う

「心理的安全性」なんて気にしたことなかった話

John Jacobsen - IMG_2848 ちょっとまえに「心理的安全性」についてメンバーが話しているときがあって、ちょっと横で話を聞いていると「そんなこと気にしたことなかったなぁ」と気がついた話。そして、「心理的安全性」という言葉に甘えて、逆に壁を作ってしまってないかなと心配になった。
我思う

会社員を辞めて1ヶ月が経ったけど

mononokin - Freedom 会社を辞めて一ヶ月が経ちました。「働き方改革だぜー」とか思っていたけど、会社員のときより忙しいのはなぜだろう。「毎日がハッピーアワーだぜー」とか思っていたけど、ぜんぜんビールを飲めないのはなぜだろう。ということでふりかえり。
我思う

国際コーチ連盟のアソシエイト・サーティファイド・コーチを目指してみる

bp6316 - Coach 先月SAAを取得できたので、今月から別の勉強をはじめようと思い、国際コーチ連盟(ICF )の入門資格であるアソシエイト・サーティファイド・コーチ(ACC)を目指してみようと思います。
我思う

20年ぶりに道後温泉に入ってきた

ばあちゃんが旅立ったので愛媛にいる。横浜は秋の空気になりつつあったのに、こちらは30度を超える夏日が続いていた。帰りの日、搭乗まで時間があったので、道後温泉に入ってきた。入るのはたぶん23年ぶり。修学旅行をサボって旅をしようと思ったあのとき依頼だ。
我思う

マネージャ研修ってろくなもんじゃないなと思った話

crmgucd - Bench Press 幸運なことに、これまでいろんな研修を経験させていただいたんだけど、このマネージャ研修はひどいな。というやつがあった。
我思う

チャレンジは歓迎するけど失敗を歓迎するのは難しい問題

eye-see - IMG_3147 少し前にエンジニアリングマネージャを辞めた経験があるのだが、そのあとは何かと気を使われる雰囲気を感じて居心地が悪かった。そのほとんどは心優しき人たちの思いやりだろうから「ありがたし!」なのだが、それとは別に、「チャレンジに失敗して居心地悪いって、裏を返せば、失敗がゆるされる環境じゃなかったのかもな」と、ふと思った...
我思う

プロの雇われエンジニアリングマネージャを目指して

zoetnet - management どこもマネージャ不足である。多分、世の中には中間管理職はたくさんいるのだろうけど、ソフトウェアの開発に関わり、エンジニアやエンジニアリングのマネジメントができる人は、エンジニア不足と同じくらい深刻な問題だろう。そこで思いついたのが「プロの雇われマネージャ」だ。
我思う

「いい会社員」になるか? あるいは「いい人間」になるか?

これは、ある友人が焼き肉を食べているときに教えてくれた話だ。あるところに新米マネージャがいた。彼は悩みながらもがんばっていたが、あるときその心が折れてしまったという。
タイトルとURLをコピーしました