ソフトウェアテスト

ソフトウェアテスト

ソフトウェアテスト

エンジニアの心

E2Eテスト自動化についてお客さまからよく聞かれる質問とその回答例

Photo by Eric Krull on Unsplash 最近、テスト自動化の導入や推進のご相談をいただくことが多くなり、Autifyやmablを使ってもらったり、安定した運用になるまでの戦略を立てたりしています。そんななかで、みなさん共通して質問されることがあるようなので、それをまとめて回答してみました。
エンジニアの心

Slackでは品質エンジニアリングチームがE2Eテストをスケールさせる

Photo by Scott Webb on Unsplash SlackがCypressを使ったE2Eについて「Scaling End-to-End User Interface Tests」という記事を公開しています。単純なテストフレームワークの紹介だけでなく「Quality Engineer(直訳:品質エンジニア)」によるテストの啓蒙活動にも触...
エンジニアの心

テスト自動化に必要な7つのチャレンジ

「The Top 7 Challenges in Test Automation」というセミナーを聞きましたが、なかなかおもしろいデータや視点があったのでメモ。
エンジニアの心

『継続的テスト』とは何か?『シフトレフト』とは何か?

via Continuous Testing inDevOps… 最近になってアジャイルコーチというより、品質活動に関係する仕事が多くなってきたため、様々な品質活動の現場に参加させていただいています。たくさんの現場を見ていると、共通する点(いい面も悪い面も)が見えてきて、それらを抽象化できそうな気分になってきました。この記事では、現段階で抽象化できて...
エンジニアの心

[翻訳] DevOpsにおける継続的テストとは何か?

Dan Ashby氏による「Continuous Testing inDevOps…」を、本人の了承を頂いてざっくり意訳させていただいたきました。彼のアイデアを知ったのはAgile 2019というカンファレンスでしたが(DanさんはTesting系セッションのオーナーだった)、記事は2016年のもので、今になっても全然色褪せない本質をついた内容です...
エンジニアの心

[翻訳] テスト自動化で考えるべき10のルール

Testimのサイトで紹介されていた「10 Rules for Writing Automated Tests」という記事をみつけたのでざっくり翻訳してみます。著者はTestimのCEOです。
エンジニアの心

#STAREAST day2 でアジャイルテスティングと自動化を中心に参加したメモ

昨日の続きです。今日もAI、自動化あたりを聞いてまわりました。なお、TestimのCEO Oren Rubinさんのセッション「The Truth about AI and How it Applies to End to End Testing」は面白すぎたので別で切り出してまとめようと思っています。
エンジニアの心

AIの真実とどうやってE2EテストにAIを適用させるか? #STAREAST で一番面白かったセッションメモ

STAREASTで一番面白かったセッションは「The Truth about AI and How it Applies to End to End Testing」でした。発表者はテスティングプラットフォームを提供する老舗TestimのCEOです。この発表を聞くと、テスト自動化というものが現段階でどういう位置にいるのかがよくわかります。
エンジニアの心

#STAREAST day1 でアジャイルテスティングと自動化を中心に参加したメモ

世界最大級のソフトウェアテストカンファレンス「STAREAST」がオンラインで開催されました。カンファレンスは現地の空気を吸うのが重要だと思っていますが、オンラインはオンラインで便利な点もあります。ここでは「アジャイルテスト(Agile testing)」と「自動化(Test automation)」のセッションを中心に参加したときのメモをざっくり...
エンジニアの心

mablでAPIのリクエストやレスポンスを操作・チェックする #mabljapan

mablでAPIを呼び出せます。つまり、ユーザといったテストデータをAPIで作成するだけでなく、とあるデータのステータスをAPI経由で変更させたり、テストのためのデータ操作まで可能になります。
エンジニアの心

mablでモバイルWebテストを実装する #mabljapan

mablでは画面サイズを「viewport」で指定できるため、レスポンシブウェブサイトだとこれだけでモバイルブラウザの環境に近づけます。これ以外にも、HTTPヘッダにユーザエージェントを設定したりも可能です。
エンジニアの心

mablにおけるテストケースのバージョン管理 #mabljapan

mablはテストケースをバージョン管理してくれます。
エンジニアの心

mablのデータテーブルを使ってテストデータ管理を行う #mabljapan

mablのDataTableを使ってテストデータを管理してみます。
エンジニアの心

mablで複数ユーザによる一斉に同時処理テスト(Run multiplier)を実行する #mabljapan

mablの「Run multiplier」を使えば、同時処理のテストができます。たとえば、せーので書き込んだり、せーので削除したり。使いみちは限られますが、設定1つでできるのはいいかもしれない。
エンジニアの心

mablのビジュアルテスティングで「見た目のテスト」も自動化してみよう #mabljapan

mablは最近流行りの「ビジュアルテスティング(Visual Testing)」という機能を持っています。機能のテストが「アプリの動き」をチェックするものであれば、ビジュアルテスティングは「アプリの見た目」をチェックを担当してくれます。
エンジニアの心

mablなら「メールの本文のリンクをクリック」するE2Eテストを実装可能 #mabljapan

mablの素敵ポイントの1つがメールのバリデーションができる点です。最近のアプリはアプリだけで完結せず、メール、SMSなどなどと連携するのは足り前。mablのメールテストとバリデーションは、まさにそういうかゆいところに手が届く機能と言えます。
エンジニアの心

mablを使ってテスト自動化を成功させるために必要な11のこと #mabljapan

mablのサイトに「Best practices」というメニューがあって、その内容がとてもよかったのでざっくり翻訳してみました。mablにかぎらず、テスティングプラットフォームサービスを活用したテスト自動化の指針になるかも。
エンジニアの心

Make sure Simulator UI is running and the parent Appium application (e. g. Appium.app or Terminal.app)

最近、AppiumでiOSを動かすと「Make sure Simulator UI is running and the parent Appium application (e. g. Appium.app or Terminal.app) 」に怒られるようになった。Catallinaになった影響かしら?
エンジニアの心

mablでダウンロードしたファイルをチェックする

mablにはdownload assertionsという機能があります。これによって、テストの中にファイルをダウンロードするステップがあった場合も、ダウンロードを実行し、そのファイルをチェック可能とのこと。
エンジニアの心

mablのユーザロール #mabljapan

mablのユーザロールはシンプルに3つだけしかありません。
タイトルとURLをコピーしました