エンジニアの心

E2Eテスト自動化についてお客さまからよく聞かれる質問とその回答例

Photo by Eric Krull on Unsplash 最近、テスト自動化の導入や推進のご相談をいただくことが多くなり、Autifyやmablを使ってもらったり、安定した運用になるまでの戦略を立てたりしています。そんななかで、みなさん共通して質問されることがあるようなので、それをまとめて回答してみました。
エンジニアの心

Slackでは品質エンジニアリングチームがE2Eテストをスケールさせる

Photo by Scott Webb on Unsplash SlackがCypressを使ったE2Eについて「Scaling End-to-End User Interface Tests」という記事を公開しています。単純なテストフレームワークの紹介だけでなく「Quality Engineer(直訳:品質エンジニア)」によるテストの啓蒙活動にも触...
エンジニアの心

テスト自動化に必要な7つのチャレンジ

「The Top 7 Challenges in Test Automation」というセミナーを聞きましたが、なかなかおもしろいデータや視点があったのでメモ。
エンジニアの心

『継続的テスト』とは何か?『シフトレフト』とは何か?

via Continuous Testing inDevOps… 最近になってアジャイルコーチというより、品質活動に関係する仕事が多くなってきたため、様々な品質活動の現場に参加させていただいています。たくさんの現場を見ていると、共通する点(いい面も悪い面も)が見えてきて、それらを抽象化できそうな気分になってきました。この記事では、現段階で抽象化できて...
エンジニアの心

[翻訳] DevOpsにおける継続的テストとは何か?

Dan Ashby氏による「Continuous Testing inDevOps…」を、本人の了承を頂いてざっくり意訳させていただいたきました。彼のアイデアを知ったのはAgile 2019というカンファレンスでしたが(DanさんはTesting系セッションのオーナーだった)、記事は2016年のもので、今になっても全然色褪せない本質をついた内容です...
エンジニアの心

mablでテスト実装するときの流れ

どうやるのが効率的なのかがわかってきたのでメモ。
エンジニアの心

Autifyでデータドリブンなテストを実行する

Autifyは、ひとつのシナリオを、複数のデータを使って実行できます。
エンジニアの心

それってアジャイルなの?スクラムなの?というはなし

アジャイルコーチとして、お客さん先でプロセス改善のお手伝いをしているとたびたびでてくるのが「それってアジャイル開発だっけ?」というもの。そういったことは暇人か学者に任せればいいと思っているのですが、そういったお題についていろいろ話すと相互理解も進むので、今回はそのあたりをできる!と噂のアジャイルコーチにうかがってみました。
エンジニアの心

Arduinoで自動水やり機を作る

Arduino、ミニ水中ウォーターポンプ、土壌湿度計検出水分センサー、さらに追加で圧力センサーを使って、水の残量も検知させてみました。
エンジニアの心

mablにフィードバックした、もしくはしたいこと一覧 #mabljapan

今後のこういったサービスの発展をお祈りしましてまとめてみました。
エンジニアの心

mabl小ネタ集 #mabljapan

細かいところでどうするかメモ。ただ、最終的にJSでがりがり書くのはmablのようなサービスのメリットである「簡単にテストできる」に反するので、サービス側で実装されるのを期待(FBもしておこう)。
我思う

ランニングのマスクは「Buff」がいいかも

ランニング中もマスクしないと芸人からぼろくそに言われる時代なのですが、山中先生がいうならばとマスクをして走っています。通常のマスクはもったいないし、布マスクやスノボのネックウェアは暑い。。。ということでBuffを試してみました。
エンジニアの心

[翻訳] テスト自動化で考えるべき10のルール

Testimのサイトで紹介されていた「10 Rules for Writing Automated Tests」という記事をみつけたのでざっくり翻訳してみます。著者はTestimのCEOです。
エンジニアの心

#STAREAST day2 でアジャイルテスティングと自動化を中心に参加したメモ

昨日の続きです。今日もAI、自動化あたりを聞いてまわりました。なお、TestimのCEO Oren Rubinさんのセッション「The Truth about AI and How it Applies to End to End Testing」は面白すぎたので別で切り出してまとめようと思っています。
エンジニアの心

AIの真実とどうやってE2EテストにAIを適用させるか? #STAREAST で一番面白かったセッションメモ

STAREASTで一番面白かったセッションは「The Truth about AI and How it Applies to End to End Testing」でした。発表者はテスティングプラットフォームを提供する老舗TestimのCEOです。この発表を聞くと、テスト自動化というものが現段階でどういう位置にいるのかがよくわかります。
我思う

自分の人生を生きるということ

ある人が言うにはコロナ騒動によって小さいお子さんがいる家庭は大変らしい。リモートワークといっても家には子供がいるわけで、仕事するのも大変! というのは、自分も子供がいるのでよく分かる。たまに一人になりたいときもあるしね。ただ、その大変さを先入観を持って「大変だね」っていうのはしたくないと思った話。まとまりはない。
エンジニアの心

#STAREAST day1 でアジャイルテスティングと自動化を中心に参加したメモ

世界最大級のソフトウェアテストカンファレンス「STAREAST」がオンラインで開催されました。カンファレンスは現地の空気を吸うのが重要だと思っていますが、オンラインはオンラインで便利な点もあります。ここでは「アジャイルテスト(Agile testing)」と「自動化(Test automation)」のセッションを中心に参加したときのメモをざっくり...
エンジニアの心

mablのFlowが引数設定できるようになったので試してみた

まるで関数のようにテスト部品を再利用できるmablのFlowですが、今回のアップデートで引数設定できるようになりました。
エンジニアの心

mablでデータ駆動テストを実装する #mabljapan

データ駆動テスト(Data-driven testing)は Parameterized testingやTable-driven testingとも呼ばれる方法です。mablではテストデータを活用したテストをデータ駆動テストと呼んでいます。今回はDatatableを使ったテストの紹介です。
エンジニアの心

Autifyでのシナリオ作成を懇切丁寧かつ簡潔にまとめてみた

表題のとおり、ここではAutifyを使った自動テストを作成方法を、初心者でもわかるように丁寧にまとめていきたいとおもいます。
タイトルとURLをコピーしました