自分の子どもたちに「やること」と「やらない」こと

後輩と雑談していたときに、「自分の子ども達にどう接しているか」が話題になった。これはまた、なかなかおもしろいテーマで、後輩と僕は似ている性格なので共感する点が多かったが、人によっては相反するものもあるのだと思う。ひとまず … 続きを読む : 自分の子どもたちに「やること」と「やらない」こと

「子どもだから」をやめて、やれる方法を一緒に考える

子どもたちの才能はすばらしいので、その芽をつぶさないように、興味を持ったらなんでも与えるようにしています。これは、「なんでも買ってあげる」ではなく、「何でも教える」に近い考え方です。よって、娘も息子も幼稚園に入る前から、 … 続きを読む : 「子どもだから」をやめて、やれる方法を一緒に考える

子どもの成果物の管理方法について

子どもというものは、たくさんの成果物を生み出してくれます。もう、信じられないぐらいに。幼稚園に入ると、さらに作る、作る、作る。ここで困るのが、「作ったものをどうするか問題」です。これについてはいろんな方法があるのでしょう … 続きを読む : 子どもの成果物の管理方法について

時代はデジタルネイティブなので6歳の年長さんにスマホを持たせてみた

最近のSNSを見ていると「怖いな」と思うことも多いけれど、便利なものは使うべきだという性格なので、6歳の娘にスマホを与えることにしました。ふと思えば、6歳で一生使い続けるかもしれない電話番号が付与されるなんて・・・なんだ … 続きを読む : 時代はデジタルネイティブなので6歳の年長さんにスマホを持たせてみた

ありがとうウルトラマン。そして、プリキュア

子供の影響で、「ウルトラマンR/B(ルーブ)」や「HUGっと!プリキュア」に詳しくなってきました。もともとテレビ自体をあんまり見なかったのですが、久しぶりにヒーローものをみて、子どもたちがそれに影響される理由がわかったき … 続きを読む : ありがとうウルトラマン。そして、プリキュア

赤ちゃん教育に関する人気の子育て本を読んでおもったこと

子育て本は図書館でも大人気で、子供をもつ親として、いろんな情報を知っておきたいと思う気持ちはとてもわかります。最近何冊か立て続けに読んだので、その感想をメモ。全体的にあんまり参考にならなかった気がしています。