子育て方針

子育て

子と育つ

自分の子どもたちに「やること」と「やらない」こと

海って怖いよね。でも仲良くなると楽しいんだよ。 後輩と雑談していたときに、「自分の子ども達にどう接しているか」が話題になった。これはまた、なかなかおもしろいテーマで、後輩と僕は似ている性格なので共感する点が多かったが、人によっては相反するものもあるのだと思う。ひとまず我が子どもたち(ピカピカの1年生と、無敵の年中さん)に対して思うところをまとめてみよ...
子と育つ

「子どもだから」をやめて、やれる方法を一緒に考える

子どもたちの才能はすばらしいので、その芽をつぶさないように、興味を持ったらなんでも与えるようにしています。これは、「なんでも買ってあげる」ではなく、「何でも教える」に近い考え方です。よって、娘も息子も幼稚園に入る前から、はさみやカッターを使っています。
子と育つ

子どもの成果物の管理方法について

子どもというものは、たくさんの成果物を生み出してくれます。もう、信じられないぐらいに。幼稚園に入ると、さらに作る、作る、作る。ここで困るのが、「作ったものをどうするか問題」です。これについてはいろんな方法があるのでしょうが、うちではWIP制限を採用しています。
子と育つ

時代はデジタルネイティブなので6歳の年長さんにスマホを持たせてみた

「みつりちゃん、胸でっかいね!」って言われるとお父さんはどう答えたらいいかわからない。 最近のSNSを見ていると「怖いな」と思うことも多いけれど、便利なものは使うべきだという性格なので、6歳の娘にスマホを与えることにしました。ふと思えば、6歳で一生使い続けるかもしれない電話番号が付与されるなんて・・・なんだかとても不思議な話だと思う。
子と育つ

ありがとうウルトラマン。そして、プリキュア

Riku Lu, Ultraman 子供の影響で、「ウルトラマンR/B(ルーブ)」や「HUGっと!プリキュア」に詳しくなってきました。もともとテレビ自体をあんまり見なかったのですが、久しぶりにヒーローものをみて、子どもたちがそれに影響される理由がわかったきがしました。
子と育つ

「親バカ」とは何か

子供が生まれて物事の優先順位が変わった。そのときに「これが親バカ」なのかなと思ったけど、最近こんなことがあった。
子と育つ

子供が入院して学んだ乳幼児の急な発熱に備える3種の神器

子どもは急に熱を出します。出したと思ったら次の日はけろりと元気になっていたり。最近、息子が突発性発疹で運ばれ、急な病気に備えてはいたものの、もっとできることはあったなぁと反省する点が多々ありました。
子と育つ

見開き幅56cmのワイドフォトブック「ココアル」を試してみた

ワイドフォトブック「ココアル(cocoal)」を試してみました。見開きの迫力はダントツです。
子と育つ

子供の成長フォトブックをしまうまプリントで2年間毎月作ってみた

子供が生まれてから1年間、子供の成長をフォトブックに整理していました。時が経つのははやいもので、二人目が生まれ、その子が1歳を迎えたので、気がつくと21冊のフォトブックができあがりました。
子と育つ

赤ちゃん教育に関する人気の子育て本を読んでおもったこと

子育て本は図書館でも大人気で、子供をもつ親として、いろんな情報を知っておきたいと思う気持ちはとてもわかります。最近何冊か立て続けに読んだので、その感想をメモ。全体的にあんまり参考にならなかった気がしています。
子と育つ

紙おむつって一日に3回ぐらいの交換でいい気がするので吸水力を実験してみた

二人目が生まれていろいろ考え直すことが多くあります。そのひとつがおむつ。一人目はよくわからないので、汚れたらすぐに変えていたんですが、そもそもそんなに交換しなくていいんじゃないかと思うようになりました。なぜなら、パンパースの場合、最長12時間さらさらなんだもん! というわけで、紙おむつがどれぐらいさらさらなのかを調べてみました。
子と育つ

四季を学べる絵本を『14匹シリーズ』を中心にまとめてみた

一年かけて、14ひきのシリーズを娘と読破しました。このシリーズは絵がジブリみたいでとてもキレイ。そして、四季の移り変わりを学べるのもいいです。去年はこのシリーズを中心に、季節にあわせて絵本を読んだので、好評だった絵本をまとめてみます。
子と育つ

よい子になってほしいので「よい子シール」という制度をつくりました

娘がいうことをきかないので、よい子シールという制度をつくりました。これまでに数ヶ月運用してきましたが、順調によい子への道へとすすんでいると信じたいものです。
子と育つ

高級フォトブック「ビスタプリント(Vistaprint)」を試してみた

普段はワンコインで作れるフォトブックを愛用していますが、今回は、高級フォトブックを試してみました。利用したのはビスタプリントさんのフォトブックです。人気のA4 Lサイズは3000円以上! はたして、その実力はいかがなものか!
子と育つ

習い事や幼児教室に通わずに家で子どもを鍛える方法

育休中の時間を使って、習い事をいろいろ試してみました。2~3歳までの幼児クラスは月4回4000円ぐらいの相場なので、習い事の中でも比較的安くはじめやすいです。でも、いろいろ行ってみて「これって家でできるなぁ」と思ったのでメモ。
子と育つ

雨でも走りまわれる関東最大級室内型遊園地「ファンタジーキッズリゾート海老名」に行ってきた

海老名のファンタジーキッズリゾートに行ってきました。ここは関東最大級(約1000坪)の敷地に広がる室内型遊園地です。雨が続くと、外で遊べないので、娘のエネルギーを削れない日々がつづきますが、ここなら安心! お父さんお母さんにもやさしい施設なのでおすすめです。
子と育つ

イケアのFISKBOをつかって娘がはじめて着た服を飾ってみた

子どものふくってすぐに小さくなるので、友達からいただいたりするのが一番うれしいものです。でも、娘が退院するときにはじめてきた服・・・とかはなかなか捨てにくい。せっかくなので、記念に額縁に入れて飾ってみることにしました。
子と育つ

娘とカラオケに行ってキッズルームでAKB48を熱唱してきました

最近、カラオケ番組が流行ってますね。その影響か、娘がマイクのおもちゃを持って毎日熱唱するので、もうお父さんお母さんはヘトヘトです。そんな娘の熱量を開放するために、カラオケに連れて行ってみました。最近のカラオケは進化してますね。
子と育つ

Amazonプライムは子育て世帯にとってもうれしい特典がいっぱいって話

Amazonプライムの勢いが止まりません。今年に入って「プライム・フォト」が登場し、さらに会員特典がリッチになりました。実際にAmazonプライムを試してみましたが、Amazonを活用するネット世代だけではなくて、子供を持つユーザにもうれしい会員サービスでした。
子と育つ

男性が1ヶ月育休をとるだけでできる5つのこと

2回目の育休がはじまって3ヶ月目になりました。2回目にもなると、熟練した時間の過ごし方が身につくものです。そして、育児や家事を、効率的に二人で分担できるようになると、余暇を子どもとの有意義な時間に使えます。もし、1ヶ月育休が取れるなら、どんなことができるのか? ふと思ったのでいろいろ計算してみました。
タイトルとURLをコピーしました