仕事

我思う

頭のすみにおいておいたほうがいいことメモ

不惑になろうがなるまいが、定期的に仕事についていろいろ考えますが、これはいつも頭の隅においておこうかなと思うことを書いてみました。
我思う

仕事ができない人の特徴

いつも飲みに連れて行ってくれる人生の先輩たちと久しぶりに飲んだ。自分の印象だと、マネージャとかをやっていると答えがない問題が多い。だから、先輩マネージャの話を聞いて学ぶのは、僕にとってとてもためになるプラクティスでもある。今回、その場でふと聞いてみたのが、「仕事ができない人の特徴」について。前から共通点がある気がしていたテーマだ。
我思う

タスクをどんどん遅延させていた話

タスクをどんどん遅延させてしまう人に、何故遅延させてしまうのかヒアリングした時の話をちょっと読んで、タスクをどうさばくと効率的かを考えたときのことを思い出しました。全然この記事とは関係ないのですが、そのときの答えは「タスクをできるだけ遅らせる」でした。
スポンサーリンク
思い出し笑う

楽天を退職したのでAmazonプライムに入りました

長年お世話になった楽天を退職したので、Amazonプライムに入りました。不要なストレスフリー。それはもう大満足です。
我思う

誰に向かって働いているのかについて

最近、去年新卒で入った人と働いてるせいか、どうも説教じみたことばかり言っている気がするけど、改めて働くことについて考えるようになった気がする。その一つが「誰に向かって働いているのか」というテーマ。
我思う

やる気ある新入社員を見て「辞めたい」と思ったことがある人

新入社員の頃からしっている後輩の女性エンジニアが会社を辞めて田舎に帰るという噂を聞いた。もう彼女も中堅のエンジニア。辞める理由は知らないが、以前、こんなことを言っていたそうだ。「やる気のある新入社員を見て、やる気がなくなった」。
我思う

外国人と働くようになってやめたメールの習慣

それはずばり、文章を改行しないこと。昔は「XX文字ぐらいで折り返して読みやすく」とか言ってたけど、それが果たして読みやすいのか? 英語のメールを見ていて思いました。
我思う

グローバル化なんてないさ、グローバル化なんてうそさ

最近、出逢う方々に「藤原さんところはグローバル化が進んでますもんねー」とか言われるんですが、実感がまったくありません。中にいるとよくわからないものなのです。ただ、最近そのグローバル化について、一緒に働いている方と「グローバル化ってめんどうくさいですね」って話をしました
我思う

成功には理由がある! 有名企業の本13冊を読んでみた(Webサービス企業多め)

職業柄、いろんな企業の本を読むようにしています。文化や考え方、目標やビジョン。様々な違いはありますが、企業の行動から学べるものはとても多いです。今日は、たくさん読んだ中でも面白かった本をご紹介。Webサービス会社で働いているのでそういう企業が多めですが、ご参考までに。
我思う

僕は和田さんから仕事についてたくさん教わった気がする

僕は和田さんから仕事についてたくさん教わった気がする。ふとそんなことを考えた。もうすぐ子供が生まれるけど、そろそろ今の仕事をやめて、次のチャレンジしようかなと心の隅で考えるようになったからだろうか。和田さんと過ごした1年を、38歳の誕生日に思い出してしまった。
我思う

給料上げられないんなら副業を認めたらいいと思う

「副業」と聞いてどういうイメージを持つでしょうか? ちょっと前の自分だったら、「そんなことしてる暇あったら本業がんばれよ」と思ってました。ただ、『ワーク・シフト』という本を読んで、本業と副業の境目がなくなる時代がくるのかもと思いました。
エンジニアの心

大丈夫か?ってなるエンジニアの行動

「エンジニアの採用って難しいね」って話を後輩としてたときに、後輩が「この人、大丈夫なのかな?」ってなるエンジニアのパターンの話をしてくれました。偏見に満ちてるけど、なぜだか納得してしまいまったのでまとめてみます。
我思う

これから転職すべきか簡単に判定できるテクニックの話をしよう

ある先輩にコーヒーを奢ってもらった。そのときに、先輩がこんな話をしてくれたんだけど、それがとても面白かったので、ここに書いてみる。多分、自分の将来とかを考えるときに、とても役に立つ方法だと思う。
我思う

仕事のできないチームリーダーのはなし

彼は6~7年前に今の会社に転職している。入社時、彼はある数名のチームに配属されて、そこでリーダーをしているKさんという人に出会った。そして、数ヶ月で彼は気がついたらしい。Kさんは仕事ができないと。
我思う

アジャイルで組織改革したときの犠牲者は成仏するのか?

昔、アジャイルにおけるリーダーシップと組織改革について話をしたことがあります。こんなネタを話した本人がいうのもなんですが、今になって思えば、組織改革なんて不可能では? と思いはじめました。今日はその理由を書いてみようと思います。
スポンサーリンク