Redmine

Redmine

エンジニアの心

Redmineやチケット管理ツールの運用まとめ

NECの友人に誘われてRedmineの運用に関する勉強会に参加しました。ツールにとどまらず、タスク管理についていろいろ議論できて面白かったです。いただいた質問に対する回答はこんな感じ。
エンジニアの心

Redmineのプラグイン開発者にオススメの一冊はこれだ!

イギリスのPACKT PUBLISHINGのマーケティングの方から「本のレビュー書いてみない?」というお誘いをいただき『Redmine Plugin Extension and Development』という本を頂きました。邦題だと『Redmineプラグインの拡張と開発』でしょうか。本書はRedmineのプラグイン開発や拡張方法を著者が開発しているプラグインを通して学べます。
エンジニアの心

開発ツールを使うと「思いやり」が減る(後半) #swatug

「開発ツールを使うと「思いやり」が減る(前編)」に続きまして、後編として管理者としての道のりをお話させて頂きます。ツールを導入するときにはいろんな甘い言葉を聞くことがあります。
エンジニアの心

開発ツールを使うと「思いやり」が減る(前半) #swatug

こんばんは。本日はSWプロジェクトにおけるツールの活用を考える会 第五回勉強会にお越しいただきありがとうございます。今日は「開発ツール管理者の羅針盤」というタイトルで、Redmineを中心としたツールの活用についてお話させていただこうと思います。それでは、よろしくお願いいたします。
エンジニアの心

久々にRedmineとか開発ツールのお話をします #swatug

SWプロジェクトにおけるツールの活用を考える会 第5回勉強会で「開発ツール管理者の羅針盤」という発表をさせていただくことになりました。ご興味のある方はぜひお越しください。申し込みはこちらからどうぞ。
エンジニアの心

Redmineのようなツール導入で悩む人にいつも投げかける6つの質問

Redmineのようなデジタルツールの導入や管理といった質問をよく受けます。どんなツールであれ導入や推進は難しいもので、皆さん悩まれているようです。そしてその悩みは結構似ているところが多いので、自分がよく話していることをアドバイス形式でまとめてみました。
エンジニアの心

日経SYSTEM10月号でRedmine導入事例を掲載していただきました

@ryuzeeさんつながりで、明日発売の日経SYSTEM10月号の「助け合いを生むプロジェクト情報基盤」という特集にインタビュー記事を掲載していただきました。ろくろはまわしていません。内容は、Redmine導入から大人数に広がっていく時の思い出になってます。
エンジニアの心

チケット駆動開発でツールを『使う』から『使いこなす』へ

『チケット駆動開発』を献本いただきました。小川さん、阪井さんありがとうございます。 本のレビューにも参加させていただくことができましたが、実際に本になると感慨深いですね。初めてこの本を読んだ時に、ツールを活用したタスク管理の考え方がまとまった良書だなぁと思いました。 タスク管理に迷える子羊をみかけたら「ツール使っただけで『アジャイルだ』とか言...
エンジニアの心

チームにRedmineを適用せよ!試行錯誤したツールとタスクマネジメント4年間の歴史 #RxTstudy

第3回RxTstudyで「Redmineをチームに適用せよ!」を発表させていただきました。機会をくださった@yohhatuさんをはじめ、大阪の皆さまありがとうございます。すごく楽しかったです。 ちょっと前に、shinagawa.redmineでシステムやプラグインの歴史を共有させていただいたのですが、RxTstudyでは、その歴史の中で、チームはど...
エンジニアの心

数千人が利用する楽天Redmineの過去と未来 #47redmine

第二回 shinagawa.redmine勉強会で「数千人が利用する楽天Redmineの過去と未来」を発表させていただきました。資料はSlideShare、SpeakerDeckで公開しております。QAの時間が取れなかったため、質問などがあればTwitterでもなんでもご連絡ください。
エンジニアの心

楽天のRedmine事例を勉強会で発表します #47redmine #RxTstudy

1/21(土)東京、2/4(土)大阪で、楽天のRedmine事例を発表する予定です。これまで培ってきた経験をあらいざらい共有できればうれしいなぁと思っています。なかでも、大阪で勉強会に行くのは初めてなので、とても楽しみにしています。 発表資料はまだ作成中なのですが、どちらの発表も導入初期から現在までの歴史や出来事を中心にお話させていただく予定です。...
エンジニアの心

ヌーラボさんのBacklogにできてRedmineにできないこと

最近、幸運なことにもヌーラボさんの「Backlog」を使う機会に恵まれています。 こういうツールは使ってみないとわからないもので、しばらくガシガシ使ったので、気がついたことをまとめてみます。僕はRedmineを数年使っているので、それと比較しながら。
エンジニアの心

詳説!Redmineを使ったスマートな開発プロセス改善(画面キャプチャ付き)

最近は、課題管理システム、チケット管理システムがメジャーになっており、私もこの種のツールをサービス開発、ソフトウェア開発で利用し、開発プロセス改善を試みています。今回は、Shibuya.trac第12回勉強会 ~チケット管理システム大決戦 第二弾~で紹介させていただいた、Redmine利用事例の詳細解説を、共有させていただこうと思います。
エンジニアの心

チケット管理システム大決戦 第二弾でパネラーしてきました Shibuya.trac vol12 #shibutra

View more presentations from Ryuzee YOSHIBA Shibuya.trac第12回勉強会 ~チケット管理システム大決戦 第二弾~ でパネリストを初めて経験しました。Shibuya.tracや参加者の皆様。貴重な場を提供していただきありがとうございました。とても楽しかったです。 大決戦なので、はじめ...
エンジニアの心

Redmineプラグインを作るなら読むべき本家チュートリアルの日本語訳

Redmineのプラグインを作りながらRailsのテスト方法を学ぼうと思ったら、プラグインの作り方すら完全に忘れていたので、備忘録としてredmine.orgのPlugin Tutorialを訳してみる。これを読めばRedmineプラグイン作成が簡単にできるはず。
エンジニアの心

Redmine Backlogsで簡単スクラム!スクラムマスターや開発チームとして使う編

前回はプロダクトオーナとしての使い方を調べてみた。今回は、スクラムマスターの使い方をRedmine Backlogs :: Usage Scrum Masterを元に調べてみる。スプリントバックログは、プロダクトバックログの上からチームのベロシティ分選択していくだけでよく、選び出されたストーリーにポイントを付け、スプリント内でストーリーが消化されるようにチームを支援するのがスクラムマスターの仕事になる。
エンジニアの心

Redmine Backlogsで簡単スクラム!プロダクトオーナーとして使う編

前回、インストールまで終わったので、使い方を考えながら調べてみる。僕は認定スクラムマスターではないので、間違った認識があれば教えてくれるとうれしいです。
エンジニアの心

Redmine+OSXでMysql::ProtocolError: invalid packet

前に「gem install mysql」だとインストールが上手くいかなかったりしたので「gem install ruby-mysql」でがんばっていたのだけれど、ruby-mysql (2.9.4)だとこのようなエラーが出てしまった。 を見るとRubyのMySQLドライバに問題がある模様。mysql-rubyをバイナリでインストールし...
エンジニアの心

BacklogsプラグインをMac上のRedmineにインストール

以前、勉強会で知り合ったたかえすさんに「RedmineのBacklogsプラグインいいですよ!」と教えていただき、それからだいぶたったのですが、時間ができたので、どんなものか試してみました。 をみてみると、プラグインの使い方がスクラムマスター、プロダクトオーナー、開発メンバーという役割にわけて説明されており、みためも洗練されてよさげですね。 ...
エンジニアの心

アジャイルなレビューをサポートするツールを5つ

Agile2010のリサーチセッションで、アジャイルソフトウェア開発におけるレビューをテーマに発表をしている方がいらっしゃいました(資料はこちら)。発表者はMario Bernhartさんだったと思うのですが、彼は発表の中で、Continuous Changeset-Based Review(CCBR)という言葉を使っており、開発の最後でレビューに時間をかけるのではなく、コミットごと(Changesetベース)のレビューという戦略を考え、CCBRを実践するためのツールとしてReviewClipseを紹介していました。
タイトルとURLをコピーしました