mabl

テスト自動化

エンジニアの心

echoとAnnotationを使ってmablでのデバッグを簡単にしよう #mabljapan

mablでテストに失敗したときに、簡単にデバッグするためのTIPSをCXマネージャのReedさんに教えてもらったのでご紹介。
エンジニアの心

mablからダウンロード/エクスポートできるものを調べてみた #mabljapan

Selenium IDE exportに「not worry about vendor lock-in when using mabl.」とあるように、mablは基本的にいろんなものをダウンロード/エクスポートできます。それぞれどういうものかをみてみましょう。基本CSV形式です。
エンジニアの心

失敗したテストケースをデバッグするためのベストプラクティス #mabljapan

自動テストにおいて、失敗したテストケースのデバッグコストはばかになりません。よって、いかにこの運用コストを下げるかが大切になってきます。mablはデバッグに必要なさまざまな情報を提供しています。
エンジニアの心

mablでE2Eのテストカバレッジレポートを自動作成する #mabljapan

E2Eのテストカバレッジ計測はなかなか難しい。ですが、mablの考え方はとてもシンプルです。mablはデフォルトで作成するリンククローラーの2週間分のデータを使って全画面を網羅し、その画面数をベースにカバレッジを出します。
エンジニアの心

mablはテストを「Auto-healing Tests」で自己修復しちゃう #mabljapan

mablのAuto-healing Testsはテストを自動修復する機能です。これによって、たとえばボタンの配置が変わったり、要素のIDが違うけど同じ要素に見えるときに、mablは「よしなに」自動修復してくれます。
エンジニアの心

CI/CDにmablを統合!アプリがデプロイされるたびにリグレッションテストを自動実行 #mabljapan

mablの活用事例を見たり聞いたりしていると、mablはmablでmablをテストする 〜 QA自動化プラットフォームが実現するDevTestOpsにも書いたのですが、テストとCI/CDとの統合はテスト自動化の重要な成功ファクターのようです。mablだとAPI経由で簡単に統合できます。
エンジニアの心

mablが自動作成するなにかと便利なテスト「ログインテスト」と「リンク切れチェックテスト」を解説 #mabljapan

mablは自動でテストケースを2つ作成します。ひとつは対象アプリケーションを開いてログインまでをテストする機能。もうひとつはリンクをクローリングする機能です。これらのテストは週次で自動実行されます。
エンジニアの心

Selenium IDE形式などテストケースのエクスポートも簡単にできちゃう。そうmabl CLIならね #mabljapan

前回書いたmabl CLI解説の続き。今回はめっちゃ期待できそうなエクスポートの仕組みを調べてみます。mablは「ベンダーロックしない!」と高らかに宣言するオープンを目指したサービス。テストケースもSelenium IDE形式でエクスポートできます。
エンジニアの心

テスト実行、テストケースや結果のダウンロードも簡単にできちゃう。そうmabl CLIならね #mabljapan

最近リリースされた「mabl CLI」はmablを簡単操作できるコマンドラインツールです。Node.jpのパッケージとして配布されているため導入も簡単です。
エンジニアの心

mablで変数を活用する #mabljapan

mablや最近のテストサービスでは変数の設定や利用を簡単にできます。これによって、テスト内で使い回したい値や、テストごとに異なってほしい値などを変数として定義し、テストケースの独立性や再利用性を高められます。
エンジニアの心

mablはmablでmablをテストする 〜 QA自動化プラットフォームが実現するDevTestOps #mabljapan

先週、QA自動化プラットフォーム「mabl」のイベントに参加・発表させていただきました。後円があって3日間いろいろお話を伺うことができ、自分自身発見が多かったので、ここにまとめておこうとおもいます。テーマは「QA自動化プラットフォームが実現するDevTestOps」です。
エンジニアの心

mablでAPIのリクエストやレスポンスを操作・チェックする #mabljapan

mablでAPIを呼び出せます。つまり、ユーザといったテストデータをAPIで作成するだけでなく、とあるデータのステータスをAPI経由で変更させたり、テストのためのデータ操作まで可能になります。
エンジニアの心

mablでモバイルWebテストを実装する #mabljapan

mablでは画面サイズを「viewport」で指定できるため、レスポンシブルなWebサイトだとこれだけでモバイルブラウザの環境に近づけます。これ以外にも、HTTPヘッダにユーザエージェントを設定したりも可能です。
エンジニアの心

mablにおけるテストケースのバージョン管理 #mabljapan

mablはテストケースをバージョン管理してくれます。
エンジニアの心

mablのデータテーブルを使ってテストデータ管理を行う #mabljapan

mablのDataTableを使ってテストデータを管理してみます。
エンジニアの心

mablで複数ユーザによる一斉に同時処理テスト(Run multiplier)を実行する #mabljapan

mablの「Run multiplier」を使えば、同時処理のテストができます。たとえば、せーので書き込んだり、せーので削除したり。使いみちは限られますが、設定1つでできるのはいいかもしれない。
エンジニアの心

mablのビジュアルテスティングで「見た目のテスト」も自動化してみよう #mabljapan

mablは最近流行りの「ビジュアルテスティング(Visual Testing)」という機能を持っています。機能のテストが「アプリの動き」をチェックするものであれば、ビジュアルテスティングは「アプリの見た目」をチェックを担当してくれます。
エンジニアの心

mablなら「メールの本文のリンクをクリック」するE2Eテストを実装可能 #mabljapan

mablの素敵ポイントの1つがメールのバリデーションができる点です。最近のアプリはアプリだけで完結せず、メール、SMSなどなどと連携するのは足り前。mablのメールテストとバリデーションは、まさにそういうかゆいところに手が届く機能と言えます。
エンジニアの心

mablを使ってテスト自動化を成功させるために必要な11のこと #mabljapan

mablのサイトに「Best practices」というメニューがあって、その内容がとてもよかったのでざっくり翻訳してみました。mablにかぎらず、テスティングプラットフォームサービスを活用したテスト自動化の指針になるかも。
エンジニアの心

mablでダウンロードしたファイルをチェックする

mablにはdownload assertionsという機能があります。これによって、テストの中にファイルをダウンロードするステップがあった場合も、ダウンロードを実行し、そのファイルをチェック可能とのこと。
タイトルとURLをコピーしました