エンジニアの心

技術的な話。

エンジニアの心

mablはメールに添付されたPDFのテストができる

たとえば、ユーザ登録の場合、メールが送信されて、そのメールにあるURLをクリックしてアカウントをアクティベートする・・・なんてことがありますが、前にも書いたように、この一連の流れをエンドツーエンドテストとしてmablは実行できます。さらに、mablは添付されたPDFのバリデーションも可能です。
エンジニアの心

アジャイル・DevOps時代におけるQAエンジニアのあるべき姿

Photo by Antonio Janeski on Unsplash 最近、話す機会が多くなった「アジャイル・DevOps時代のQAエンジニアのあるべき姿」について書いてみようと思います。
エンジニアの心

mabl CLIを使ってCircleCI上でテスト実行 #mabljapan

mabl CLIについては前に書いたのですが、これを使えばCircleCI上で簡単テスト実行できることに気が付きました。これは「CI Runner」という機能でまだベータ版なのですが、CircleCIのようなCIサービス上でテストを高速実行できるので、極端に言うとコミットごとにE2Eテスト実行もできちゃいます。
エンジニアの心

mablが勝手にスモークテストする機能がなにかと人気 #mabljapan

mablはテスト対象を登録すると、それを開こうとするだけのテストや、開いたページのリンクをクローリングしまくるテストを自動実行します。詳しくはmablが自動作成するなにかと便利なテスト「ログインテスト」と「リンク切れチェックテスト」を解説にまとめたので参考までにですが、このテストがなかなかおもしろい使われ方されるようになりました。 コーポレー...
エンジニアの心

テスト自動化で削減できる「コスト」とやらについての考察

テスト自動化サービスmablのお手伝いをしていると、よく「テスト自動化のコスト」について質問される。今回は、現状僕がわかっている範囲でその回答をまとめてみようと思う。
エンジニアの心

『アジャイル開発とスクラム 第2版』の感想

『アジャイル開発とスクラム 第2版』が明日発売されます。発売前に本を頂いたので感想を少し書かせていただきますが、自分はそれなりにアジャイル開発をやってきているので、この本の読者層とはマッチしない可能性が高いです。それにしても第1版から8年ですって!
エンジニアの心

テスト自動化ベストプラクティスを探す旅の終わり

Photo by Glen Carrie on Unsplash 最近は何かとテスト自動化が話題になることが多いみたいですが、そろそろテスト自動化のベストプラクティスを探す旅の終わりが近づいてきたように思います。これはすなわち、その他の技術や方法論が歩んできたように、それが当たり前になるまでの時間のはじまりとも言えるかもしれません。おそらく、ほとんど...
エンジニアの心

受注先からみたアジャイル開発とスクラム

Photo by Headway on Unsplash 少し前に、発注元からみたアジャイル開発を書いたが、今回は受注先から見たアジャイル開発を紹介しようと思う。「受発注でアジャイル開発とかスクラムとか難しいでしょー」と思うかもしれないけど、「そんなことない」かもしれない。
エンジニアの心

JaSST”21 Tokyoで「アジャイル・DevOps時代のテストと品質保証」を発表させていただきます

来月のJaSSTで「アジャイル・DevOps時代のテストと品質保証」というお話をさせていただきます。現在は「mabl」というテスト自動化クラウドサービスのお仕事をさせていただいていますが、そういったツールや技術が変えていくこと、変えられないことを探求するセッションを予定しています。
エンジニアの心

発注元からみたアジャイル開発とスクラム

Photo by Headway on Unsplash 普段、僕はアジャイルコーチと名乗り、開発組織に入って改善活動する仕事をしている。受託開発の現場もある。しかし、最近は話題のDXの影響か、受託開発における発注側のユーザ企業のアジャイル開発支援もやらせていただいている。そして、発注側から見た開発は、全然違った風景だった。
エンジニアの心

JIRAよりも使いやすく、Trelloよりも中長期が見える「Linear」がすごすぎる

エンジニアが“使いたがる”タスク管理ソフトウェアLinearという記事を見つけました。そこには、カスタマイズが煩雑なJIRAと、中長期が見えにくいTrelloの間を狙った「エンジニアファーストな仕様」ですって!最高じゃないか!ということで試してみました。
エンジニアの心

Miroを使ったふりかえりのテンプレート

リモートでのMTGが増えたので、ホワイトボードのかわりにMiroを使う機会が増えました。今回は、ふりかえりで使っているMiroテンプレートのご紹介。
エンジニアの心

在宅作業用にモニターアームとMac mini導入したら幸せになった

コロナ前は、日に最大2件お客さま訪問させていただき、日に3回スタバで作業していました(朝、1件目から2件目の移動後、夜)。よって、自宅環境にこだわりがなかったのですが、さすがに長い時間を自宅で働くようになり、重い腰を上げたのですが(家にものを置きたくないタイプ)、やってみると劇的に快適になりました。
エンジニアの心

意識限りなく天高く!奄美大島でワーケーションを試してみました

いつまでも限りなく高い意識を持つために、奄美大島でワーケーションを1週間実践してきました。ワーケーションとは、「休暇中にテレワークで仕事をする働き方」で注目されているようですが、本当にそんな働き方できるのー? と言う前に、実際にやってみました。そんな旅行記。
エンジニアの心

mablのオンラインカンファレンス「experience 2020」に参加してきた #mabljapan

mablの中の人に誘われて、オンラインカンファレンスに参加してきました。テスト界隈のトレンド紹介や、mablの機能ロードマップの紹介からはじまり、各社の事例も聞けてとてもおもしろかったです。
エンジニアの心

Arduinoとサーボモーターで簡単なロボットアームを作る

今度、サーボモータを使った授業を行うので、なんか面白いネタがないかなーと思って調べていました。サーボのスケッチは単純動作が多いので苦労しましたが、ロボット系は子どもたちが大好きなネタなので、簡単なロボットアームを作ってみました。
エンジニアの心

mablでE2Eテストを自動化するためのベストプラクティス 2020年版

毎日200シナリオ以上、月に1万シナリオ以上、月に1万ステップ以上を実行して安定化ができてきた経験をどこでも実現できるように、これまでの知見・経験をまとめてみようとおもいます。mablのようなサービスを使って、安定したE2Eを作るときの参考になれば。
エンジニアの心

1日8時間働く人手になるか、報酬に見合った成果を出せる人材になるか

Photo by Brendan Church on Unsplash リモートで働くのが当たり前になってしまい、働き方が大きく変わってしまった。僕にとってその最たるものは「8時間労働」だ。タイムカード式の働き方をやめた結果、これからは(もしかしたらこれまでもそうだったのかもしれないが)、1日8時間働けば給料がもらえる仕組みを見直したほうがいいかもと...
エンジニアの心

書評『DMM.comを支えるデータ駆動戦略』

ご縁があって『DMM.comを支えるデータ駆動戦略』をいただいて読み終わりました。とてもいい本だったので感想を残しておこう思います。
エンジニアの心

アジャイル開発専門チームのマネージャが考えていたこと

Photo by Daria Nepriakhina on Unsplash SIで一人で客先常駐していたときに、聞ける相手が誰もいなかったので『アジャイルプラクティス 達人プログラマに学ぶ現場開発者の習慣』を読みながら仕事をしていました。そんな僕も、やがてアジャイル開発に深く関わることになり、アジャイルチームのマネージャになったりして、気がつけば...
タイトルとURLをコピーしました