エンジニアの心

技術的な話。

エンジニアの心

アジャイル開発とQA(品質保証)は相性がバツグンに悪い

Photo by John Schnobrich on Unsplash アジャイルコーチとして仕事をしているつもりなのですが、いつの間にか、「QA(品質保証)」に関わる仕事が多くなってきて、専門外の自分なりにいろいろ考える機会が多くありました。この記事では、アジャイルコーチとして直面した、「アジャイル開発におけるテスト・品質」の問題をまとめて、それ...
エンジニアの心

E2Eテスト自動化を成功に導く10のベストプラクティス 2022年版

Photo by Possessed Photography on Unsplash はやいものでもう5〜6年、テスト自動化の仕事をやってきましたが、同じことでも繰り返していけばいくほど新たな発見が見つかります。E2Eのテスト自動化については、2020年度版にも書いたのですが、この数年で得た経験を元に、久しぶりにアップデートをしてみようと思います。 ...
エンジニアの心

LG gram +view 16MQ70-ASDJ モバイルモニタを買ってみた

前から気になっていたモバイルモニタを買ってみました。家では外部モニタを使えますが、家以外では使えず、サブモニタがあるのとないので生産性がかなり変わってくるため、いつか試そうと思っていたやーつです。
エンジニアの心

さようならmabl。ボストンのスタートアップで1.5年ぐらい働いて学んだこと

先月でmablとのフルタイム契約が終了しました。日本人一人目の社員として、完全外資企業の社員として、働いて学んだことをメモっておきます。
エンジニアの心

アジャイルQAに求められるプロセス全体を俯瞰する「ホリスティックテスティング」とは何か?(翻訳)

ジャネットの許可を得てざっくり意訳しました。原文は『Testing From A Holistic Point Of View』です。訳に対するフィードバックも大歓迎です。Thanks for the great blog post, Janet! ホリスティックテスト(訳注:総合的なテスト、全体的なテスト)という言葉を、私は以前から考えていました。...
エンジニアの心

アジャイルなQAを実現するための「アジャイルQAインセプションデッキ」を作ってみた

アジャイルなQAを実現するためのガイドラインとして、アジャイルQAインセプションデッキを作ってみました。使いながらどんどん更新していますが、資料はこちらで公開しています。
エンジニアの心

開発はアジャイルだけどテストがウォーターフォール問題のまとまらないまとめ

少し前に開発はアジャイルだけどテストがウォーターフォール問題という記事を書いたのですが、このテーマを話したイベントが終わったので、話題になったところを、ふりかえりもかねてまとめてみようと思います。思い出しながらの回答なので、当日と違ったことを書くかもしれませんがご了承ください。イベントの資料はこちらで公開されています。
エンジニアの心

『Googleのソフトウェアエンジニアリング』の「24章 継続的デリバリー」がすごく面白い

『Googleのソフトウェアエンジニアリング』という本をななめ読みしたのですが、Googleのエンジニアリング全てが書かれていて面白いです。分厚いので読むのが辛いですが、QAに関わる方ならテスト、Engはコーディングなど、気になる章を選んで読むだけでも楽しめるはずです。自分は仕事柄、テストや品質の話が最近多いので、そのあたりを中心に読んだのですが、...
エンジニアの心

開発はアジャイルだけどテストがウォーターフォール問題

Photo by Daria Nepriakhina on Unsplash 僕はアジャイルにはちょっと詳しいけど、QAにはぜんぜん詳しくないです。ただ、アジャイルコーチとして活動していると「QAをアジャイルにしたい」という相談をよく受けます。そして、いろいろ試行錯誤しながら改善をすすめるのですが、結果的に「開発はアジャイルになったけどテストがウォー...
エンジニアの心

従来型は登山、アジャイル型はテトリスのようにプロダクトを作るという話

アジャイル開発の導入支援を行っていると、従来型の開発とアジャイル型の開発の違いを必ず説明している気がしています。今回は、その説明でよく使っている例えである「登山」と「テトリス」について解説します。
エンジニアの心

モニターアームは高いけど使いはじめるとやめられないやーつ

パソコンを使った仕事をしています。リモートワークが主流になり、パソコンの前に座る時間も長くなりましたが、大きなモニタとそれを支えるモニタアームはとっても便利です。モニタアームって、ちょっとお高すぎるんですが、一度使うとやめられなくなる魅力があります。
エンジニアの心

テスト自動化の次はデータとインサイトの時代へ。mablをBigQueryに統合する

mablはカバレッジデータなどをグラフィカルに表示し、人間に「インサイト」を与えます。 mablの「Experience Japan 2021」というイベントのキーノートで、mabl創業者兼開発トップのDanと、アトラシアン者のPOが「データとインサイト」について話しているのを聞いて、テスト自動化というものを次の段階に進めるとそうなっていくんだろうな...
エンジニアの心

mablはメールに添付されたPDFのテストができる

たとえば、ユーザ登録の場合、メールが送信されて、そのメールにあるURLをクリックしてアカウントをアクティベートする・・・なんてことがありますが、前にも書いたように、この一連の流れをエンドツーエンドテストとしてmablは実行できます。さらに、mablは添付されたPDFのバリデーションも可能です。
エンジニアの心

アジャイル・DevOps時代におけるQAエンジニアのあるべき姿

Photo by Antonio Janeski on Unsplash 最近、話す機会が多くなった「アジャイル・DevOps時代のQAエンジニアのあるべき姿」について書いてみようと思います。
エンジニアの心

mabl CLIを使ってCircleCI上でテスト実行 #mabljapan

mabl CLIについては前に書いたのですが、これを使えばCircleCI上で簡単テスト実行できることに気が付きました。これは「CI Runner」という機能でまだベータ版なのですが、CircleCIのようなCIサービス上でテストを高速実行できるので、極端に言うとコミットごとにE2Eテスト実行もできちゃいます。
エンジニアの心

mablが勝手にスモークテストする機能がなにかと人気 #mabljapan

mablはテスト対象を登録すると、それを開こうとするだけのテストや、開いたページのリンクをクローリングしまくるテストを自動実行します。詳しくはmablが自動作成するなにかと便利なテスト「ログインテスト」と「リンク切れチェックテスト」を解説にまとめたので参考までにですが、このテストがなかなかおもしろい使われ方されるようになりました。 コーポレー...
エンジニアの心

テスト自動化で削減できる「コスト」とやらについての考察

テスト自動化サービスmablのお手伝いをしていると、よく「テスト自動化のコスト」について質問される。今回は、現状僕がわかっている範囲でその回答をまとめてみようと思う。
エンジニアの心

『アジャイル開発とスクラム 第2版』の感想

『アジャイル開発とスクラム 第2版』が明日発売されます。発売前に本を頂いたので感想を少し書かせていただきますが、自分はそれなりにアジャイル開発をやってきているので、この本の読者層とはマッチしない可能性が高いです。それにしても第1版から8年ですって!
エンジニアの心

テスト自動化ベストプラクティスを探す旅の終わり

Photo by Glen Carrie on Unsplash 最近は何かとテスト自動化が話題になることが多いみたいですが、そろそろテスト自動化のベストプラクティスを探す旅の終わりが近づいてきたように思います。これはすなわち、その他の技術や方法論が歩んできたように、それが当たり前になるまでの時間のはじまりとも言えるかもしれません。おそらく、ほとんど...
エンジニアの心

受注先からみたアジャイル開発とスクラム

Photo by Headway on Unsplash 少し前に、発注元からみたアジャイル開発を書いたが、今回は受注先から見たアジャイル開発を紹介しようと思う。「受発注でアジャイル開発とかスクラムとか難しいでしょー」と思うかもしれないけど、「そんなことない」かもしれない。
タイトルとURLをコピーしました