「いい会社員」になるか? あるいは「いい人間」になるか?

これは、ある友人が焼き肉を食べているときに教えてくれた話だ。あるところに新米マネージャがいた。彼は悩みながらもがんばっていたが、あるときその心が折れてしまったという。

スポンサーリンク

新米マネージャの心が折れた理由

新米マネージャは、メンバーのことをよく考える人間だった。メンバーからも慕われており、悩みながらもマネージャとしての責務を果たそうと頑張っていた。

あるとき、メンバーのひとりから、「最近あることに悩んでいる」という話をされたという。その悩みは「会社の方針に疑問を持っている」というもので、新米マネージャはどう答えようか考えた。

しかし、答えが見つからなかった。なぜなら、その悩みは自分も同じように感じていたからだ。

神々しく位の高い人たちからは、そういう不満が起きないように、メンバーにきちんとした説明をするなり、マネージャとしての対応を求められる。

でも、自分でも納得できてないことを人に伝えるのはとても難しい。

新米マネージャは、答えられない自分に気がついて、自分はマネージャとしてふさわしくないと思い、マネージャを辞めてしまったらしい。

僕はその話を聞いて、その新米マネージャの気持ちがとても良くわかった気がしたんだけど、もし、自分がそばにいたなら、どういった言葉をかけてあげればいいのだろう? もし、自分が同じ立場だったらどうしただろう? と考えた。

それは、いい会社員じゃないかもしれないけど、いい人間なんじゃないかな

振り絞るようにして出ててきたのはこんな言葉しかなかった。

でも、僕もいい会社員なんかよりも、いい人間になりたいし、いい人間と働きたいなと思った。

そして、その辞めちゃった新米マネージャとは、いい友達になれそうな気がする。

タイトルとURLをコピーしました