スポンサーリンク

ふと百名山に登る。第7座は宮城県「蔵王山」

夏が終わりに近づいてきたので、そろそろ登山シーズンを始めようと思い、宮城県の蔵王山に登ってきました。

スポンサーリンク

蔵王山へ

夏のはじめに左足を疲労骨折してしまったので、リハビリも兼ねて短いコースを探しました。そして、ちょうど仙台に用事があったので、蔵王山を選択。

行けるところまで車で登ると、1時間ぐらいで頂上の熊野岳まで登れます。深田久弥氏の『日本百名山』には「宮城と山形をつなぐバス道路も開かれて、何の苦労もなくお釜見物出来るようになったが、それだけ魅力も少なくなった」とあるルートです。

装備はいつもどおり。短距離走なので、時間があれば景色を眺めながらカップ麺とコーヒーを楽しむつもりでした。

仙台からレンタカーで向かったのですが、ナビに下道をおすすめされ、途中、ランチを食べたり、行動食を買うことができず・・・。しかたなく、レストハウスで肉まんを食べることに。

この旅で学んだのは、山に向かうときは、レストランやコンビニが途中にあるとは限らないので、見かけたら迷わず入れ!です。途中、そば屋が何件かありましたが、「うーんもっと他にないかなぁ」なんて欲張ってしまったのが敗因です。

今回もほどよくガスに巻き込まれました。あそこから先は異世界かもしれない雰囲気に慣れてきました。それにしても道が整備されていて快適です。

熊野岳までの登山道には、大きな杭が打たれているのでほぼ迷いません。よって分岐点もわかりやすいです。

足の具合を確かめながら、早足で登ってみたところ25分で到着。スピード的には通常の2倍のスピードですが、傾斜も少なく、なんならトレイルランもしやすそう。

熊野岳までは数名とだけすれ違いました。頂上では2名が写真撮影していましたが、天気も悪く、時間も遅かったので人気は少なかったです。

眺めがよくないので、とっとと降ります。

体力にも余裕があったので、ちょっと遠回りしながら降りていきましたが、火山特有の「見晴らしはいいけどどこも似たような岩場の風景」のせいか、はじめて道を迷いました(おかげでさらに遠回りに・・・)。

森林を歩くのも好きですが、久重山を登ったときもそうでしたが、火山は眺めがよいので登るのが楽しいです。阿蘇山とか火口をぐるっとまわれて楽しいのだろうなぁ。

去年の登り納めがかなりきつかったので(基本は1日10キロ、がんばって20キロと学んだ)、ランニングやスイミングを駆使してトレーニングをしてきましたが、疲労も筋肉痛もあまりなく、ちょっとだけ成果がでているのかもしれません。

このペースで行くと、百名山制覇に20年ぐらいかかってしまうので(そのときの僕は60歳以上・・・)、ここから雪山になる前までに、できるかぎりピークハントしていこうと思います。

第7座 蔵王山(熊野岳)・刈田岳 / daipresentsさんの活動データ | YAMAP / ヤマップ
タイトルとURLをコピーしました