ナチスの重鎮ハイドリヒ暗殺事件を描いた『HHhH』は震えるほどスゴい本

感想おまちしてます!

最後の文章を読み終えたときに体が震えるスゴ本。史実であるハイドリヒ暗殺事件を小説化しただけでなく、圧倒的にディテイルにこだわった文章が、読者を1942年のプラハにひきずりこんでいく感じ。

スポンサーリンク

あらすじ

ナチによるユダヤ人大量虐殺の首謀者で責任者であったラインハルト・ハイドリヒ。ヒムラーの右腕だった彼は< 第三帝国で最も危険な男><金髪の野獣>等と恐れられて。類人猿作戦と呼ばれたハイドリヒ暗殺計画は、ロンドンに亡命したチェコ政府が送り込んだ二人の青年パラシュート部隊員によってプラハで決行された。そして、それに続くナチの報復、青年たちの運命……。ハイドリヒとはいかなる怪物だったのか? ナチとはいったい何だったのか? 本書の登場人物はすべて実在の人物である。史実を題材に小説を書くことに、ビネはためらい、悩みながら全力で挑み、小説を書くということの本質を自らに、そして読者に問いかける。小説とは何か? – 本書のカバーより

感想

史実なので結末は「暗殺」とわかってるわけです。ただ、そこに向かうまでの準備を、筆者は本の半分以上を割いてやっています。これは、人によっては「ながったらしい」と退屈かもしれません。しかし、結末に近づくに連れて、これまで固められてきた物語が、しっかりした土台の上に積み重なっていきます。

この本に関していえば「物語に引きこまれていく」と簡単に言えません。まるで著者と一緒に現場を眺めているような感覚。臨場感。期待や絶望感。これは本当に史実なのか? 事実なのか? 小説なのか? 小説とは? 歴史とは? あらゆる疑問が湧き上がってきました。

こんなスゴ本に出逢えてよかった。