WebDriverとRSpecを使って自動クロスブラウザ画面テストする

感想おまちしてます!

Selenium   Web Browser Automation

Selenium2 WebDriverを使うとRubyなどでスクリプトを書くことができます。これが結構便利でCIサーバとも相性がいいので、クロスブラウザチェックするときの書き方をメモ。細かい話はWebDriverのドキュメントに書かれています。

IE、FireFoxi、Chromeでテストする場合の書き方

Chromeを動かす場合は、ここからchromedriver.exe を落としてきてPATHを通しておく必要があります。そして、以下を記述すればOK。

Proxyを通したい場合の書き方

Proxyを通したい場合は、ブラウザごとにやり方が異なります。

古いFireFoxでテストしたい場合の書き方

パスを指定することができるので、直にパスを書き込む。

IEが起動しない場合

org.openqa.selenium.WebDriverException: Unexpected error launching Internet Explorer. Protected Mode must be set to the same value (enabled or disabled) for all zones. (WARNING: The server did not provide any stacktrace information)

Selenium2のInternetExplorerDriverでエラーになったにもありますように、セキュリティ設定を揃える必要があります。

画面キャプチャを取得する

画像パスを引数にメソッドを呼び出すだけ。