映画「善き人のためのソナタ」と良い心

感想おまちしてます!

ドイツが東西に分かれていた時代。東ドイツは、反政府的人物を監視するような社会だった。
優秀な尋問者だったヴィースラーは、劇作家ドライマンを監視することになる。
続けられる監視の中で、ドライマンは監視社会の犠牲者として自殺してしまった友人の死をきっかけに、徐々に反政府的な意識を高めていく。
一方、それを知ったヴィースラーも徐々に自分の中の変化に気が付いていくのだが・・・。
2006年アカデミー賞外国語映画賞受賞作品。
善き人のためのソナタ スタンダード・エディション [DVD]


1984年の東ドイツ。
僕が小学生になろうとしているときに、このような社会が存在していたことに驚いた。ナチスとは違った恐怖を感じてしまう。
TVで東西ドイツの壁が破壊される映像は何度も見たが、東ドイツの人たちの苦しみまではわからなかった。
ヴィースラー演ずるウルリッヒ・ミューエさんのすごさが、物語の悲しさをとても浮きぼらせていて、長い映画に感じたけど、たいくつしない映画だった。
ヴィースラーは、あるきっかけで自分の存在に迷うようになるが、人の良心ってやっぱり性善説じゃないけど、きっと誰の心にもあるのかなと思う。
ヴィースラーはきっと、劇作家の恋人であるクリスタに恋をしたのか?それとも、恋する二人に憧れを感じたのか?
最後まで、心を閉ざしたヴィースラーだが、最後に受け取ったメッセージを受け取るときに、やっと、彼は人間らしい表情をしていた気がする。