これから転職すべきか簡単に判定できるテクニックの話をしよう

感想おまちしてます!

ある先輩にコーヒーを奢ってもらった。そのときに、先輩がこんな話をしてくれたんだけど、それがとても面白かったので、ここに書いてみる。多分、自分の将来とかを考えるときに、とても役に立つ考え方だと思う。

スポンサーリンク

成功を手に入れた自分を想像する

将来が自分の思い通りになる可能性はとても低い。ただ、今、目の前にある選択肢の中で、仮にすべてが上手くいったときのことを想像してみてほしい。

  • 例えば、今の会社に残るならどうだろう? うまくいけば、部長ぐらいにはなれそうだ。
  • 例えば、転職したらどうだろう? ベンチャーに転職して、うまくいけば、ストック・オプションで一儲けできるかも。
  • 例えば、起業したらどうだろう? その会社が軌道にのれば、数年である程度の売上がたつかもしれない。

可能性は無限大だから、いろんなケースが思いつくだろう。思いつくかぎり、それぞれの「成功事例」を想像してみよう。

君が願う将来だろうか?

もう一度、想像してほしい。その「仮にうまくいったときの結果」は、今の君が願った将来だろうか? 満足できる未来だろうか? なりたかった自分だろうか?

もし、ひとつでもノーという答えがあるなら、その選択肢は避けた方がいい。だって、最高にうまくいったとしても満足できないってことだろう? 

きっと進むべき道ではない。