Agile 2010 Conferenceにいってきた Day1 AM

感想おまちしてます!

P1000824

http://agile2010.agilealliance.org/
Agile 2010に行ってきました。会社の同僚2人と1週間のAgileまみれの旅。そんな思い出をまとめてみます。

今年はフロリダのオーランドでの開催。ホテルは、ディズニーワールド内にあるアンオフィシャルホテルWalt Disney World Swan and Dolphinになる。さすがにリゾートホテルだけあり、ホテルの人はとても親切。1週間、困ることなく過ごすことができました。
今回のイベントテーマは、3つのコミュニティとのコラボレートです。
* Business
* Leadership & Organization
* Technical Track
会場もテーマごとに分かれており、私は”Leadership & Organization”中心にセッションに参加しました。
P1000828 ブースにはAgile関係の本がぎっしり。これを見ると、日本語訳されている本の少なさを知り、翻訳をがんばっている方に感謝の気持ちが生まれますね。
P1000833 はじめのワークショップのときに火災警報器がなり、ホテルから退避!写真が曇っているのは、ホテル内が激寒く、外が激暑いからで、「こっちは暑いぜ!」って書いてあったので、短パンとTシャツしかもってきていない自分には苦痛だった。
P1000836 変に時間が潰れたので、リサーチのセクションで話を聞いてきました。研究しながら仕事をしている人の発表です。

Reactive Variability Management Using Agile Software Development

変化しやすいソフトウェアを作るときに気をつけることについての紹介。
P1000842
P1000846 アーキテクチャ的にどう作るかと、どうFeatureを盛り込むかが説明されている。

An Iterative Approach for Development of Safety-Critical Software & Safety Arguments

ソフトウェアの品質と安全性の話。
P1000859 品質が高くても安全ではない。品質を作り込むということが、アメリカでもあたりまえのように語られている印象を受けました。
P1000864 ウォーターフォールの説明でもみる説明ですが、ここでは「どこに重点をおくか?」の説明として使われているみたいです。

Adopting Code Reviews for Agile Software Development

P1000871 リサーチのセクションで一番面白かったのがAgile開発でのレビューの話。
P1000872 ペアプロ無敵とはいえ、レビューによる共有ははずせないとおもうので、あらためてレビューの方法や、lightweightな方法の紹介がされていました。
バグを減らすためにレビューをしたいけど、時間がない場合がほとんど。従来のようなレビューでは時間がかかってしまうのが問題です。
P1000875 彼はこの問題に対して、上記のような方法を提案しています。
* レビューを継続的な仕事にしてしまう
* レビューを小さなタスクに分割して実行する
* レビューのタスクが自動的に発生するようにチームでルールを決める
* 分散しがちなレビューをうまくまとめる
* IDEをつかえばもっと簡単になる
P1000876 上記のように、ルールをある程度決めることで、「どこをどれまでレビューするか?」が明確になり、レビューのやり過ぎやレビューの欠如をならそうという作戦に見えます。
公共事業系の開発だと、こういったチェックリストがあったりしますね。ただ、lightweightではなかった。
P1000877 小さく分けることにより、フィードバックと変更が早く実行され、時間の浪費を削減できそうです。
P1000878 過去のやり方だと、レビューもAgileではなく、計画の一つになってしまっていました。しかし、テストを書く>実装する>レビューするというように、開発プロセスに小さく入れればいいんじゃないか?という提案です。
P1000880
P1000884 彼が使っているのはReviewClipseとMylyn。
Eclipseは成熟したソフトウェアになっているので、これらをつかうことで、開発とレビューとタスク管理などを統合的にまとめることができるのはたしかに魅力的です。
*
P1000885
ランチはビュッフェ形式でした。それにしてもこのホテルの食事はいつもおいしかった。

コメント

  1. […] 私はこのカンファレンスに参加し、1回目はその規模と内容に驚き、2回目はマニフェスト10周年の祝典に感動し、日本人の発表を聞いて勇気づけられました。 […]