NetBeans IDE6.1インストール

感想おまちしてます!

pic20080518_225503

Javaの開発ではEclipseが多かったんだけど、NetBeansが熱くなっているみたいなので使ってみることにした。Eclipseはある程度使い倒したが、GlassFishたるものを使えば、情報共有環境として便利らしいのでそこに期待。MicrosoftのTFSみたいな感じかなー?

スポンサーリンク

ダウンロード

NetBeansの最新版6.1は英語版らしい。日本語化ZIPファイルもあるのでそちらもダウンロード。

NetBeans 日本語サイト

JavaSE5?6が必須らしいので、入れておくこと。
久しぶりにJavaのページを見たけど、JavaSE+NetBeansとかJavaSE+JavaEEとかいろんなインストーラが増えてるのでややこい。
藤原はJava6のJREがもうPCに入っていたが、SDKじゃないとだめらしいので、JDK6 update6を先に入れる。その後、NetBeans6.1を入れた。
後でGlassFishも使ってみたいので、Allパッケージを入れた。

Java技術情報 JavaEE Download
JavaSE Download
NetBeans IDE6.1 Download

インストール

今回の環境は以下にする。

・Windows Vista
・NetBeans6.1
・JavaSE SDK6 update6
・GlassFish V2 UR2
・Apache Tomcat 6.0.16

インストールはダウンロードした「netbeans-6.1-windows.exe」みたいなのをダブルクリックするだけ。APサーバとしてGlassFishとApacheを使い倒す予定なんでそれを追加。C++の環境などはいらないかもしれないけど、使用領域が大して変わらないので全部入れる。NetBeansだけで600MBぐらいつかうみたいねー。

途中、GlassFishのユーザ名などを入力。ポートのデフォルトはHTTPは8080。HTTPSは8181。Adminは4848を使うらしい。Tomcatは聞かれなかったので8080かなんかかな。

NetBeansの日本語化

6.0.1かなんかはローカライズされてるけど、最新の6.1は英語のみだったので、日本語化パッチをあてる。

NetBeansのダウンロードページから日本語化パッチ最新を落とし、解凍したものをNetBeansフォルダに上書きするだけ。