最近のダイさん

感想おまちしてます!

■ [過去の遺産]心の音色
最近お気に入りの音楽を紹介。最近聞いているのは、
自分に元気が出るようなもの!が好きみたいです。
邦楽はあまりきいてなくて、
最後に借りたのはJUDY AND MARYの「ひとつだけ」、
ブリーフアンドトランクスの最新曲(名前はわすれました)といった具合です。
<Hi?STANDARD>
「Love is a Battlefield」(This is love. Can’t Help Falling Love.など)
「はじめてのチュウ」のカバーでおなじみのマキシシングル??ハイスタのカッコよさがつまっております。
「MAKING THE ROAD」(STAY GOLD. DEAR MY FRIEND.など)自主レーベルからの衝撃的なアルバム。
ハイスタの音楽性などあらゆる意味で完成されております。
僕はこのアルバムですきになりました。
「グリーンデイ」みたいやで・・・という言葉につられて聞いてみて、
こんなにかっこいいバンドが日本にあったのか!!とおどろいたのを覚えております。
曲と歌詞の両方を感じるのをおすすめします。
「GROWING UP」(KISS ME AGAIN.など)Pizza of Deathの前のアルバムなのですが、
「Kiss me again」はめちゃめちゃかっこいいです。
<GREEN DAY>
「WARNING:」(Church On Sunday. Blood,Sex and Booze.など)
まってましたの久しぶりアルバムです。
はじけたスーパーアルバム「ドゥーキー」から加速する「インソムニアック」。
そして前作「ニムロッド」はグリーンデイらしくない??というほどの変化を感じ
、今回の最新作ではさらに洗練されたグリーンデイを感じます。
■ [過去の遺産]祭りの後
夏も終わり、風邪を涼しく感じるようになりました。
夢の世界祭典”オリンピック”もはじまり、たくさんの感動が輝くのでしょう。
今回のシドニー五輪。オーストラリアでの開催なのですが、水泳の選手、
地元では英雄とよばれている「ソープ」選手。
彼は期待を背負い、すばらしい記録を打ち立てています。かれが伝えてくれたことば・・・
”LIVE YOUR DREAMS!!”
夢に生きよう!・・・・・・・・・・・・・
全ての枠を超え、人類という塊が目の前にうつります。
そこには敵も見方もなく、それぞれ人間の代表として精一杯の力がぶつかり、
その衝撃にぼくらは感動し、目を奪われ、時間を感じ、
その時間は記憶として永久となるのでしょう。  
”LIVE YOUR DREAMS・・”      
夢に生きよう。 夢に生きよう。
■ [過去の遺産]まめ
さらにまめなヒト
最終的に予想を大幅にクリア!!60枚いきました!!
2個当てたらオークションに出して優雅に暮らします。
まめなヒトコカコーラオリンピックキャンペーン!!を集めているのだが、
すでに送ったのが20枚ほど。いえにあるのが19枚。
一枚には18枚(単純に考えてジュース18本分のシール)がはってある。
バイト先の自販機がコカコーラなので、ゴミ回収のときにめくるという、
まめな作業をしていった成果なのだ!!
まぁ50枚はキャンペーン中にいくとして、切手代は2500円。
シール合計は900枚(ジュースに計算すると108000円)
めざす商品はおよそ45000円のSDプレーヤー(サンヨー製やったかな?)
キャンペーン期間の2ヶ月間僕はがんばった!!
ここまでやればあたるやろ?????????????
これであたらなかったら、コカコーラ商品はのまない!!という勢いである・・・・・・。
■ [過去の遺産]自分という生き物
最近、自分という人間について考えてみた。
今まで高校でてなにもせず、バイトばかりしてきたのだが、少しだけ成長したらしく、
「やりたいこと」なんかがちょっとだけみえてきたのだ。
それについての本等を見てみたりしたのだが、これがやりたいことなのかなぁ・・・なんて思うのだ。
高校を卒業する前に僕は、大学へ行くための受験勉強をしていた。
(1月ぐらいまでしていた)畜産とか農業の学校へいこうとかおもっていたのだが、
それはたんなる「早く家をでたい」という一人暮しへの憧れであって、
「夢」とかいうかっこよくまぶしいものではなかったのだろう。
そんな僕に夢らしきものが浮かびかけ、目標のように感じることなんかも浮かぶ。
それに向かって何をしたらいいのか?たくさんの不安や金銭的な問題など、
考えることがいっぱいいっぱい。
自信や希望などもきえるようにかんじるぐらいたいへんなことなのだ。
行動を起こすことは大切なこと。
しかし、バイトばかりして僕という生き物は弱くなってしまったようだ。
しかしたくさんの思い出やたくさんのであった人達は存在する。
今の自分がいるのはそのおかげなのだ。
何気ない一つ一つの出来事は、全て必要であり、
今の僕をつくっている大切なパーツなのだろう。
まずは・・・・・ちょっとがんばってみようかと思う今日この頃である。
■ [過去の遺産]最近のダイさん(その4)
さ?て毒でもはきましょうか???
夏の風物詩として感じるのが、
暴走族とくそがきども!山にある僕のバイト先「サンクス」は虫がいっぱいいます。
カミキリムシだのカナブンだのとね。コンビニは明るいからあつまってくるのだろうけど、、
商品を冷やすオープンケースで冬眠をしおるのね。
まあどうでもいいけど・・・。
それに、おなじくして集まってくるのが「わけのわからんがきども」。
おまえら、虫と同じ動きをしていてはずかしくないのか???
いくらお金がなくても、心の豊かさはなくさんとこ?よ!とかおもうのだ。
なにをかんがえてるかわからんけど、
うちの店は「たむろしたら即効警察に電話運動」をしているからかくごしてろよ。
おもろいことがあったんだけど、レジにきたお客さんが「900円ってたかくない??」とかいったのね。
そこで商品の値段を一つ一ついったんだけど、お客は値段なんかみないでかったみたい。
自分でえらんだんやろーが!アホかお前!
まぁそんなのもあり・・・
ほかに、「2本小さいの買うのと、1本大きいの買うのとはどっちがおとくかな?」とかいうやつもおるけど、
自分で考えろ!俺はお前のおかんか?
これから夏まっさかり!
こういうのもふえるのでしょう。
しか?し!わがサンクスはこういう人達と真っ向から戦うのでしょう!
■ [過去の遺産]最近のダイさん(その3)
「ひとつだけ」きいてくれたかな?
これは「CDで?た」とかのCDの広告ページにかいていたんだけど、
ボーカルのYUKIちゃんがいってることは、
僕のこの「LITTLE STARS」でつたえたいこととぴったり一致してるのね。
ぐうぜんとはいえ、言葉にしるしたYUKIちゃんはすごいのだ!
いろんなことが
恐くならないように私は今日を生きています。
優しい心や
美しい人にふれる度
幸せを恐れない気持ちが強くなっています。
だから私はもっている。
いつでも胸にひとつだけ。
なんちて。
JUDY AND MARY    YUKI
自分の創りたいものをかんがえてみたとき、
僕の中でキラリとなにかが輝いた。
僕の中から久しぶりに涌き出てきた。その世界をかんじると、僕はまた作り出した。
全然変化のないくだらないページ。
ハデさも面白さもめずらしさも・・・。そんなこと考えるくらいならつくらなければいい。
自分を表現するのに、飾りはいりますか?訪れた人の数が関係ありますか?
そんなものはすててしまおう。忘れてしまおう。
静かに、激しく奏でられるぼくの生命のエネルギーを、
とめれるもんならとめてみやがれ!「いつでも胸にひとつだけ」
僕はこのくだらないページをつくるのでしょう。
少しでも感じてくれる仲間や友人・・・・みんなはわらってくれるからね
■ [過去の遺産]最近のダイさん(その2)
ジュディマリの「ひとつだけ」をぜひきいてください。
梅雨なんだけどめちゃめちゃあつい。
なんかよく「HPつくらんの?」とかいわれるんだけど、まったくそんなきがなかったね。
なんかいそがしかったからね。
昨日のことなんだけど、梅雨の間の青空がひろがっていたので山沿いのみちを、原付で走っていたのよ。
バイトにいかなならんかったから、くだらないけんな・・・とかおもったので、
曲がったそのとき!!
目の前に、180度以上にひろがる大阪のパノラマ映像が・・・。
「ひとつだけ」をききながら僕はそらにむかって腕をたか?くあげました!!
そのときの気持ちはつたえられんけど、最高!に気分やった。
今日もそこにいってみたけど、やっぱりいいよ!
暑苦しいかもしれんけど、気持ちいいもんね。
そこで浮かんだのがHPのトップページのお星さま!!
わかるひとなら気付くだろうけど「星の王子さま」がベース。
あの本は僕のベストセラーなので、いつかああいう本のようなものを・・・と考えてました。
今回のHPは「絵本のように少ない言葉でかたれないかな?」とかかんがえてやってみました。
まだまだこれからなのですが、自分のペースでつくれればなぁ・・・とか思うのね。
■ [過去の遺産]最近のダイさん(その1)
僕には20歳のときの写真がない。
その時何をしていたか思い出そうとしてみたが、なんにも思い出せなかった。
そのころの僕は完全にうつ病になっていたのだろう。なんも考えずにぶらぶらして、
眠くなったら寝てというふうに、生きてるのか死んでいるのかわからない人生を過ごしていたのだろう。
そして知らない間に年をとって、気がつけばその時のことを忘れていたのだろう。
ただなんとなく生きていたのだろう。
今、その時のことを思い出した。
吐きたくなるようなくだらない世の中を思い、誰にもわからない未来を想像し、弱々しい自分にいらつき・・・。
ひさしぶりに「みんな死んでしまえばいいのに」と思った。
2年前と同じ自分がここにいた。
あんときみたいにまた1年ぐらいこんなのだったらどうしようかな。
どうやら僕は変わっていないようだ。社会的にも、肉体的にも大人になっているのだろう。
しかし、僕の考えは決して変わらなかった。触ると壊れてしまうくらい弱く、
子供のように残酷で、人間のようにやさしい心が残っていることがうれしい。
あの時の僕は「将来、おれってしんでしまうのでわ??」とか思えるぐらい
社会になじめんのだろうと思っていたが、結局「うまくやっていく」という苦手な作業をこなせたみたいだ。
時は過ぎていく。
しかし、思い出はきえないんだよな。
忘れたいこといっぱいあるのにな。
たまに「うつ病」のようなものになる。
年に数回。しかし、たまに大きいのがくる。そのおかげで「20歳の思い出」がなくなっていた。
ふと考えてみるとこれってかなり恐ろしい病気だ。1日寝ていた・・・とかとはケタが違う。
5月後半になっていきなり発病したのだが、なんでこうなるのか今一つわからん。
僕は人間が非常に苦手。
一緒にいるだけ!とかでもかなり無理をしている。
それがだるくなってしまえば、僕はゴミ人間になってしまう。
ほんとに不器用な人間だ。人間付き合い=苦手 無理すること=大嫌い となると
「俺っていきていけんのか?」とか考えブルーになってしまう。