2017年に読んだ200冊のなかで五つ星だった5冊

感想おまちしてます!

この記事を書いている時点で、今年は212冊の本に出逢いました。その中で五つ星をつけたのはたった5冊。そんなステキ本を呼んだ順にご紹介。

スポンサーリンク

自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

「他人は変えられないから自分が変わるしかない」。これって「悪い奴はほっておく」とか「自分だけが変わればいい」と考えちゃうけど、全然そうじゃないってことが、この本で明確に説明されていてすごい。久しぶりの星5つ。

内容は簡単だけど、繰り返し読まないと簡単には体現できなさそう。それでも、「この本面白い!」って思わず親しい友人に渡したくなる本でした。

ピクサー流 創造するちから

ピクサー流 創造するちから――小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法

原題『Creativity, Inc.』。その言葉が象徴するような創造的な組織はどうやって生まれたのか? なぜピクサーはディズニーによる買収を選んだのか? なぜその後『アナ雪』のような名作がディズニーから生まれたのか?
ピクサー社の転換期に登場するスティーブ・ジョブズとのエピソードは感動的であり、最後の章では読み終えたときに涙がとまらなくなった。物語でありながらも創造力が求められる組織におけるマネジメントの手引書となっている本書は、最高に面白かった。

「クリエイティブ」を体現する企業であるピクサーの創業期。ここまで考えられたのもすごいが、それを実現してしまった著者の腕力はさらにすごい。誰もが憧れる企業。その実例がここに全部書かれている気がします。

AX

AX アックス

これは家族を持った殺し屋の物語である。だが、本当は家族の話だった。読み終わったときにジーンときて星5つ

伊坂幸太郎さんの作品は、発売されるたびにすぐ読んでいますが、この『AX』は久しぶりに読み終えて「おおおおおお!」となった作品。多分、僕にも子供がいて、家族がいるから、より響いてしまったのでしょう。家族を愛する方におすすめしたい一冊です。

だいじょうぶ だいじょうぶ

だいじょうぶ だいじょうぶ (講談社の創作絵本)

本質をつくような物語がとても良かったが、その学びの先にまですすんでいくとは。途中で言葉がつまった絵本。

たまにあるんですよ。寝る前に子供に読み聞かせる絵本でありながら、読んでいて言葉が詰まってしまう本が。まさにそれがこの『だいじょうぶ だいじょうぶ』。まっさきに自分の父親が浮かび、涙腺が崩壊してエグエグしていたら娘に「お父さんどうしたの?」と励まされました。

SHOE DOG

SHOE DOG(シュードッグ)

ナイキ創業者の長編自叙伝。その物語は靴とスポーツへの情熱に満ち溢れ、彼がそのときに感じた思いを今実感でき、思わず目頭が熱くなる素晴らしい小説でもあった。
文句なして今年読んだ本の中でも最高レベル。もう、今度からはナイキしか履きたくない。

「自分を信じろ。信念をつらぬけ」

友人との旅行時に持っていった旅行本。著者の旅から始まる物語に圧倒的に飲み込まれ、プールサイドで読み終えたときは「うおおおおおお!」となってしまうぐらい。すぐに仲のいい後輩に「お前、ぜったいこれ読んだほうがいい!」と渡してしまった一冊。

2017年最高の一冊はこの『SHOE DOG』でした。

おわりに

読書ログをつけはじめてだいぶ経ちました。

  • 2012年 87冊(以下、映画も含む)
  • 2013年 105冊
  • 2014年 134冊
  • 2015年 208冊
  • 2016年 297冊
  • 2017年 224冊

過去のベスト本は以下のようになっています。

2014年に読んだ113冊の中からIT企業の管理職が選んだ10冊
今年も残すところわずかとなったので、今年読んだ本を調べてみました。今年は113冊本を読めたみたいです。今日はそんな中から、思い出に残...
IT企業の中間管理職が選ぶ!2015年に読んだ200冊の中から選ぶベスト10冊
去年から書くようになった「今年読んだ本ベスト10」。今年もいい本にたくさん出会えた気がします。印象深い本はたくさんありましたが、今年...
2016年に読んだ273冊のなかで最高だった5冊はこれ!
2016年は、子供の絵本をたくさん読む機会があったので、合計で273冊読めました。感想はブクログに書いているのですが、そのなかで最高...

思い出深いのは2015年に読んだ「君たちはどう生きるか」が今ブームになっていることでしょうか。いい本に出逢うタイミングはいつもわからない。

『嫌われる勇気』の次はコレ!『君たちはどう生きるか』は人生を変えるスゴ本
『君たちはどう生きるか』を読み終えたときに「うむむ!」と思わず声が出ました。子供向け作品でありながら、そして80年以上前の本でありながら...

来年もまたいい本に出逢えますように。