ベンラス(BENRUS)BR763シリーズのミリタリー時計を買ってみた

感想おまちしてます!

ベンラス(BENRUS) BR763

僕は腕が細くて時計が似合わないのですが、旅行用に「ベンラス(BENRUS)」のミリタリー時計を購入しました。視認性も高く、デザインもシンプルでとてもいい感じです。普段はスマホで十分なんですけど、旅行先だとぱっと時間を確認できたほうが便利ですから。

スポンサーリンク

Gallet デザートストーム

pic041009_1751.jpg

余談ですが、ファンキーな母親の影響で、僕はミリタリー映画が大好きです。軍放出品ショップとかをのぞくのも大好き。機能性が高いグッズは使い勝手もよく、長く使える耐久性もあってステキ。

ちなみにこれまでは、Galletの「デザートストーム」を愛用していました。Galletのデザートストームは、湾岸戦争の時に配給されたモデルのレプリカです。残念ながら水没してしまい、廃盤で買いかえもできない状態でした。

ベンラス(BENRUS) BR763

ベンラス(BENRUS) BR763

そこで見つけたのが「ベンラス」です。ベトナム戦争時にアメリカ国防省の要請で作られた、メンテナンス不要のディスポーサブル(使い捨て)腕時計をリメイクしたのが767シリーズだそうです。また、ベンラスについては、説明書にこう書いていました。

1922年、スイスのレマン湖でスタートしたベンラスウォッチは、高い信頼性と卓越したデザインを兼備し、航空パイロット用のオフィシャルウォッチとして活躍したキャリアを誇る。特に、その精悍なスタイルと戦時に磨かれた究極な機能性は第2次対戦とその後の米軍用計器を支える存在となり、多くの現役ミリタリーウォッチの原点として今でも影響し続けている。軍事用のみならず、ベンラスは民間用にも多くの美品を登場させ、レトロ・モダンの典範となる作品も多く残る。

残念ながらメーカーは倒産したそうで、「ベンラス」という名前だけが残っているそうです。

ベンラス(BENRUS) BR763
パッケージには「この腕時計の本来の目的は、1960~1970年代に陸軍や海軍で支給されたものを復活させたもの」と書かれています。

ベンラス(BENRUS) BR763
リメイク時に電池交換可能になったので、使い捨てなくてもおけー。ネジ式じゃないので電池交換はちょっとむずかしい感じ。


バンドはNATO軍仕様の18mmぽいですが、こんなおしゃれな軍製品はありえないので、レプリカなんでしょうねぇ。

久しぶりの腕時計ですが、しばらく楽しんで使ってみますー。