WebDriverとRspecを使いWindows環境で画面テストを自動化してみる

感想おまちしてます!

selenium webdriver   RubyGems.org   your community gem host

ブラウザのテストで楽するためにSelenium2 WebDriverを試しています。Java・Python・Rubyなどでスクリプトを記述することもできるし、JUnitやRSpec形式でエクスポートもできるので、そのうちCIサーバでぶりぶりしたいなと。

今回は、Windows7環境でSelenium2 WebDriver+RSpec実行環境を作ります。

Rubyのインストール

Windows用のインストーラーがあるのでそれを利用。バージョンはRuby 1.9.3-p194を使いました。インストールは普通にダブルクリックするだけで、PATHに追加にチェックを入れるか、自分でPATHに追加しておくと便利です。

gemのインストールでDevKitなるものがいると怒られるので、同じサイトからDevKitも入れておきます。今回は「DevKit-tdm-32-4.5.2-20111229-1559-sfx.exe」をダウンロードしました。インストールはこちらにも書かれているのですが、ダウンロードしたexeをdevkitなどのフォルダにおいて解凍し、devkit\binにPATHを通しておきます。そして、以下を実行。

config.yml ができてRubyのインストールディレクトリが記述されているはずです。

確認できたら以下を叩いて終わり。

Gemのインストール

RSpecを使いたいのでRSpecをインストール。

Selenium WebDriver Ruby Bindingをインストール

これで準備終わり。

RSpecを使ってテストを実行する

FirefoxのSeleniumプラグインを使ってテストを作り、エクスポートするだけでスクリプトが出来上がります。

webdriver.spec

RSpec形式を選ぶと

ソースに日本語がある場合は「invalid multibyte char (US-ASCII)」とか「syntax error」とか怒られるので、ファイルの先頭に以下を記述。

あとはエクスポートしたファイルを引数にRSpecを叩くだけ。