Redmineプラグイン開発 – 大豆プラグインがとりあえずできた

感想おまちしてます!

とりあえずできたので共有。

スポンサーリンク

大豆プラグイン

時間指定でチケットを一覧表示できて、タイムトラッキング情報から時間コストの予実統計情報をグラフィカルに表示するプラグイン。

きゃーっと作ったのでいれてすぐ動かない可能性があります。ロードマップスプラグイン史上最強のチームプラグインに、機能を移行中です。

  • ライセンス:GPLv3
  • リポジトリソース:Google Code
  • 最新バージョン:0.4.0
  • コメント:がりがりつくったので設計とかは見逃してください
  • Requires Redmine 0.8.2
  • WEBRickで動作確認した

Download / Install

ダウンロードはこちらから。
インストールは/RAILS_ROOT/vendor/pluginsに置くだけ。

Change Log

  • 2/15 0.4.0 リリース バグ分析画面追加
  • 2/14 0.3.0 リリース

課題

  • RAILS_ROOTが/ではない場合、Viewのパスを書き変えないとJavascriptが動かないと思う
  • 国際化が中途半端
  • Railsの機能を使いきれていないのでハードコーディングが結構ある
  • 人単位での統計がほしいかも
  • そのうちプロジェクト統計プラグインとして作り直そうと思う

画面イメージ

pic20090214_232248

時間指定でチケットを取り出すページ。将来的にこれで週報を自動生成したい。pic20090214_232248_01

時間指定で、トラッカーの時間コストを出すページ。pic20090215_164205

バグの種類を分析して表示する。
チケットに「原因」というカスタムフィールドを追加し、バグという名前のトラッカーだけ入力してもらうようにすれば動くはず。