PHP5.0.5インストール

感想おまちしてます!

スポンサーリンク

ダウンロード 

PHPダウンロードより「php-5.0.5-Win32.zip」をダウンロード。ここでのバージョンは5.05。

ダウンロードしたファイルを解凍して、「C:\php\php-5.0.5-Win32」あたりに配置する。

DLLファイルのコピー 

php5ts.dllをWindowsのシステムフォルダにコピーする。

Windows2000
C:\WINNT
Windows98/MeとWindows XP/Windows Server 2003の場合
C:\WINDOWS。

php.ini-distのコピー 

php.ini-distファイルはPHPの設定ファイルである「php.ini」のオリジナルファイルとなる。これをWindowsシステムフォルダ内にコピーしてPHPを実行できるようにする。

php.ini-distファイルを「php.ini」にリネームしてシステムフォルダにコピーする。

Windows2000
C:\WINNT
Windows98/MeとWindows XP/Windows Server 2003の場合
C:\WINDOWS。

php.iniの修正 

テキストエディタでphp.iniの内容を修正する。全角文字などを使用するとあまりよくないらしい。

フォルダの階層は¥ではなく/で指定することに注意!

include_path 

PEAR(PHP標準のクラスライブラリ)を使わない場合はinclude_pathの指定は不要。PEARを使う場合はinclude_pathを下記のように指定。

include_path = ".;C:/php/php-5.0.5-Win32/includes;C:/php/php-5.0.5-Win32/pear"

doc_root 

WEBサーバのドキュメントルートを決定する。おそらくココで指定したフォルダ以下でPHPが動作するのではないか?デフォルトはApacheをインストールしたフォルダの下にある「htdocs」になっている。

extension_dir 

PHP4ではextensionsだったのがPHP5からはextに変更されている。

extension_dir = "c:/php/php-5.0.5-Win32/ext"

使用するDLLを指定 

MySQLやPstgreSQLを使用する場合は、専用のDLLを使えるようにする。

php_mysql.dll
MySQLのDLL
php_pgsql.dll
PostgreSQLのDLL

など使用するDLLのコメント(; セミコロン)を外して有効にする。

mbstring 

マルチバイトの設定を行う場合は以下の場所を設定するとよい。

mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_output = UTF-8

httpd.conf(Apacheの設定) 

Apacheと連動するようにApacheの設定ファイルを修正する。

LoadModule

php5モジュールをロードするように設定する。

LoadModule php5_module C:/php/php-5.0.5-Win32/php5apache2.dll

DirectoryIndex

index.htmlのようにデフォルトで読み込まれるファイル拡張子に「.php」を追加。

DirectoryIndex index.html index.html.var index.php

ScriptAlias

ScriptAliasを設定。意味は良くわからないけどCGIの場所指定?。

ScriptAlias /php/ "C:/php/php-5.0.5-Win32"

AddType

AddTypeを設定。

AddType application/x-httpd-php .php

確認 

ここまでできたらApacheを再起動して、docroot以下にPHPファイルを配置する。

// test.php例
<? phpinfo() ?>

ブラウザを開き「http://localhost/test.php」を見ると、インストールしたPHPの情報が表示される。