若者の「オジサン」は差別で「大阪のおばちゃん」ばブランドだと思う

感想おまちしてます!

昨日、とんでもないニュースを見つけた。
「足を見るオジサンはチカン」 アイドル「AKB48」大島ブログが大炎上 by J-CAST
そらそうだ。「じゃーミニスカはくな」と思うのは当然だと思う。前にオカンが女子高生がこんなことを言っていたのを聞いたらしい。
「大阪のおばちゃんってブランドだよねー」
確かに。将来の大阪のおばちゃんがいうなら間違いない。しかし、ここで言われている「オジサン」はあきらかに差別的雰囲気をかもしだしている。多分この子は、
オジサンが徹夜で君が使っている携帯メールシステムを構築したり、
オジサンが泣き笑いしながら必死になって家族のために働いたり、
オジサンがHなことして君が生まれたり、
したかもしれないことを考えもしなかったのだろう。それにしても、「見ただけで捕まる」のであれば、毎日チカンでつかまらないかびくびくものだ。チカンは男にとっても怖い。
一方、後輩乙女2人にこのことを話すと、
乙女「見られたくないです」
藤原「じゃーオシャレ完全否定になるよ」
乙女「う。。。」
とか、
藤原「俺は見るぞ」
乙女「ばれないように見てください」
藤原「チラチラはいいの?」
乙女「多分だめ」
藤原「レオンなら見ていいの?」
乙女「いい気がする」
藤原「おじいちゃんならいいの?」
乙女「だめな気がする」
と意見が分かれている。結論としては「オジサン」ではなく「レオン」になれということか。