第1回スキューバダイビングのCカードを取りに行く

感想おまちしてます!

今日は休みです。代休です。藤原は働き者なので、たまにはこういう日が必要なのです(本当か)!。
というわけで、バッティングセンターいったり、ビリヤードしたり。色々フラストレーションを発散してきたんだけど、前々から気になっていた「スキューバダイビングのライセンス」の資料か何かをもらいに、川崎のコナミスポーツまでいってきた。
川崎のコナミスポーツは、ダイビング用のプールがあるらしく、ライセンスの講習を受けることができる。説明を担当の方にうかがっていたのだけれど、誰もがみな健康そうで・・・。
とりあえず、こういうのは思い切りがないと一歩踏み出せないので、「じゃ、やります」と早速申し込み。今週の水曜から講習が始まる。
スキューバをやる上で気になっていた視力の問題。藤原はコンタクトなのだけれど、講習の一部に「水中メガネに水が入った場合の対処」というものがあるらしいことをネットで知って、「大丈夫なんだろうか?」と思っていた。
聞いてみると、目が悪い人というのはやはり多いらしく、度が入った水中メガネを使うのが普通らしい。なので、コンタクトだと流される可能性があるので、メガネもっていかないとだめだなー。
海は死の世界である。と本か何かで言っていた。人間はそういう世界に憧れてしまう。僕もそれは一緒で、なんでまたスキューバ?なのかというと、死の世界とよばれる母なる大海原に入り、海上から日が差し込むのを見てみたいのだ。青の世界を流れてみたい。
これから水曜日は仕事を早引けて、ダイビングの勉強だー。