小学校の休憩時間

感想おまちしてます!

小学生のとき。
時限ごとの休憩時間が10分だった気がする。1回だけ15分の休みがあって、昼休みが30分?1時間?だった気がする。
大人になって不思議なのが、その10分の休み時間に
・ドッジボールのコートを取るためにダッシュ
・ドッジボールのチームわけを実施
・ドッジボールを開催
・ドッジボール白熱
と、4工程を確実に実施できた。そこで疑問。
なぜ10分でここまでできたのか?
恐らく、社会人になって、チームで働くことが多いんだけど、そういうメンバーでは不可能だと思う。大のいい大人ばかりなのに・・・それなのになぜ?
「ドッジボール」という意識がクラス全員にあり、それぞれが「自分の役割」を実行(誰かはコート確保、誰かがボールゲットなどなど)する。それらを100%発揮するための「行動力」はすさまじいものだった気がする。だって、誘ってもいないのに全員参加だったもん。
この純粋な行動力を、自分の環境で築き上げることができるのが、スーパーエンジニアなのかなーなんて思ったりするのだ。