パワー オブ ポジティブシンキング

感想おまちしてます!

僕は極力楽しいことしかしたくないと思っている。それは高校生活を終えたときからはじまる思いだ。だって、一回死んじゃったら終わりなんだもの。マリオみたいに個人の命は増えない。
そうおもって、社会人になるために勉強して、なりたいものになって、やりたい仕事をしている。そりゃ、たまには働きたくないなーとか思うことはあるんだけど、それは愛嬌みたいなもので、毎日とても楽しくすごせているわけだ。
それなのになぜだ。なぜにこんなにつまらん人間が多いのだ。
「どこにでもそういう人いるよー」っていうんだけれど、そんなこといってるやつに限ってなにもしない傍観者気分の人間も多い。だから減らないんじゃないの?って思うわけだ。とてももどかしい。
うまくやりぬく賢さも必要だけれど、「それおかしいでしょ」っていえる環境も必要なんだろうなーって思うようになった。
影でごちゃごちゃいうカロリーがあれば、街中のゴミでもひろってこいって感じだ。
負けるな自分。楽しいことだけする人生も可能なはずだ。