もう富士宮口から日帰り富士登山なんて言わないよ絶対

感想おまちしてます!

富士山頂にて剣ヶ峰を望む

富士山頂にて剣ヶ峰を望む

ふと富士山の頂上にタッチしたくなったので、日帰りで富士山に登ってきました。こうやって思い立って山にのぼるのは御巣鷹山以来だと思います。結果的に高山病もなく無事に登り切ることができました。今日はその思い出として、富士登山や登山グッズの記録と、登山中に妄想したあれやこれやを記録として残しておこうと思います。

スポンサーリンク

水ヶ塚駐車場で仮眠

水ヶ塚駐車場

水ヶ塚駐車場。盆を過ぎた平日ですが、そこそこ車は止まっていました。

夏場はマイカー規制があるので、富士山の麓にある水ヶ塚公園(みずがづかこうえん)へと向かいます。途中、足柄で休憩しましたが2時間ぐらいで到着できる距離です。夜22:30ごろに横浜でレンタカーを借りて深夜1時頃には到着しました。

ここからは富士宮口までシャトルバスがでています。シャトルバスのチケット売り場は5:30にオープンとのことなので、その時間まで仮眠を取ります。しかし、車が来て止まるたびに「うわー、さみー」という若者たちの一連のやりとりや、ドアの開閉音が定期的に聞こえてくるので、耳栓をもっていけばよかったと思いました。あと、少し寒いので掛け布団もあったほうがよかったです。

水ヶ塚駐車場からだと頂上まで綺麗に見えます。

水ヶ塚駐車場からだと頂上まで綺麗に見えます。

シャトルバスは6:00が始発で、富士宮口まで30〜40分ぐらいで到着します。そうすると5合目でストレッチしながら高度慣れすると出発が7:00〜8:00ぐらいになってしまうので、日の出とともに登るならタクシーで行くしかなさそうです。始発5:00ぐらいだといいのになぁ。

シャトルバスには、始発で2〜3台が満席になるぐらいの人数が乗り込んでいました。ピーク時はもうすこし混むのでしょうね。ここからは富士山スカイラインを通って五合目まで登っていきます。くねくねした道なので酔い止めをもってくればよかったです。

五合目

富士宮口

バスは30分かからず富士宮口五合目に到着しました。ここで軽くストレッチをしてすぐに六合目に向かいました。六合目までは20分で高低差も90mしかないので、ゆっくり深呼吸しながら体を動かし、高度に慣れようとしてみました。登山開始時間はAM6:55です。

六合目

富士宮口6合目

AM7:09に6合目到着。通常20分のところ14分ぐらいだったので思った以上に早く歩いているみたいです。

ふと若い女性の登山客が多いなぁと思いました。山ガールブームってやっぱりあるんですかね。帰ってから「かわいい子はいたか」と嫁に問われましたが、「帽子にサングラスつけてるから、おっぱいで判断するしかないね」と本音を言ってしまいビンタされました。

新七合目

新七合目

AM7:44に新七合目到着。六合目から新七合目までの道のりは富士宮口でもっとも長い60分となります。そこを35分で到着。ちょっと早いのですが、これ以上ペースを遅くすると逆にしんどかったので、自分の体力だとこれぐらいのペースがちょうど良かったみたいです。

登山中はすれ違う人に「こんにちは」とか声をかけるのが流行ってますが、外国人の登山者に「Hello」って声かけると「コンニチハ」って返してくれるのが不思議な感じ。

元祖七合目

元祖七合目

AM8:21に元祖七合目到着。新七合目から元祖七合目までのルートは予想50分。僕のペースだと37分でした。富士宮口ルートだと、休憩なしで4時間40分(280分)ぐらいなので、このあたりが時間的に半分ぐらいの場所になります。

この「新七合目」とか「元祖七合目」とか命名規則が最悪です。インクリメンタルするならちゃんと+1しろよと。そもそも「合」ってなんやねんと。最大値は10であってるのかと。富士宮口だと、5>6>新7>元祖7>8>9>9.5という感じなので、全体としてどのへんかイメージしにくかったです。名前重要。

八合目

八合目

AM9:02に八合目到着。予想40分のルートで41分かかってますね。このあたりからだんだんしんどくなってきたのだと思います(ただ、休憩時間を覚えてないので正確な登山時間ではありませんが)。

九合目

九合目

AM9:42に九合目到着。予想30分を40分かかってます。歩くペースが落ちたり、休憩時間を長く取るようになってきたということでしょう。でも、心身ともに元気な感じです。まだ油断は禁物と思ってましたが、高山病の心配はなさそうに思いました。

このあたりから体も心もきつくなってきて、「登山道を舗装してほしい」「九合目まで車で行けるようになってほしい」「頂上からロープウェーで帰りたい」といったムダな願望が妄想となって溢れだしてきました。

九合五勺

九合五勺

AM10:13に九合五勺(9.5合目)に到着。予想30分のところ31分でした。頂上が下からでも見えてきたのでテンションがあがったのでしょう。

富士宮ルートのいいところは、次のステーションが見えるところですね。見えるので「あと半分か」みたいな心構えができるのでとても登りやすいと思います。以前登った吉田口は上も下もわかりにくて「あと何ターンで終わりなんやろう・・・」と心が折れそうになった記憶があります。

富士山頂

富士山頂

AM10:46に山頂に到着です。予想30分を33分とまずまずのペースでした。

九合五勺のラスト200mは信じられないぐらい厳しい岩場でした。足が上がらなくなってきて一段ごとに息をついてしまいます。僕にとってはおもわず「なぜ自分は生きているのか」考えだしてしまうぐらいの辛さでした。

剣ヶ峰

ただ、富士山のもっとも高い地点は剣ヶ峰というところです。「ここで休憩したらあかん気がする!」と思ったので、神社にお参りしてすぐに向かいました。

剣ヶ峰

日本最高峰

日本最高峰

AM11:33に日本最高峰に到着。予想20分のところを47分かかってます。ここまでの道のりはやわらかい砂山を登る感じで、疲れている体に鞭打つ感じでした。

五合目からだと休憩込みで4時間38分(休憩なしでの予想4時間40分)なのでペース的にはかなり速いペースになりました。下山は休憩なしで2時間20分らしいですが、5合目まで休憩込みで3.5時間ぐらいかかりました。岩場が続くので関節が痛くなって(特に下り)すげーきつかった。

コメント

  1. […] もう富士宮口から日帰り富士登山なんて言わないよ絶対 | 世界 … 今日はその思い出として、富士登山の,ふと富士山の頂上にタッチしたくなったので、日帰りで富士山に登ってきまし […]