マンガを読まない僕が買ったマンガ

感想おまちしてます!

ダ・ヴィンチ 2008年 03月号 [雑誌]
高校生のとき。バイトで月10万以上稼いでいたので、とんでもなくお金をつかった。「お金は使わないといみがない」と考えていた。
当時はマンガも大量に持っていて、美味しんぼ40巻ぐらいも1ヶ月でそろったぐらいだ。結局全部処分して、それ以来、ゲームもマンガも読まなくなった。始まりを知ると最期が知りたく性格だからだ。いつか僕は死んでしまうのだから、全部知りたくても無理と言うことに気がついてしまったからだ。
今月、ダヴィンチで「よつばと」というマンガが紹介されていた。
僕はすぐに読みたくなった。たまになんだけどこういうマンガがある。「働きマン」とか「岳」とかもダヴィンチで知ったマンガだ。


よつばと! (1)
内容はシンプルで、元気いっぱいの「よつばちゃん」というチビッコの生活を書いたもの。
ただそれだけなんだけれど、よつばちゃんが見る世界がキラキラまぶしすぎて、改めて思い出したり、ふと考えさせられたりする。
そして、その世界に癒される。


所詮マンガ。というのは過去の話で、マンガだからというものが多くなった。TVもマンガの原作ばかり。がんばれ小説と思ったりもするが、小説は小説で面白い。
マンガを読まない僕が買ったマンガは、たぶんこれからずっと持っていそう。部屋を片付けたときに、捨てるに捨てられず、きっとまた読み出してその世界に酔いしれるのだろう。
岳 6 (6) (ビッグコミックス)
親父が山男で、山の魅力がわからないからこれを読んでみた。まだわからないけど、山に行ってみたいと思った。
働きマン (1) (モーニングKC (999))
いわずと知れた社会人研修用必須マンガ。このポーズをして仕事をがんばるときもある。
鉄コン筋クリート (1)
名作。クロに昔の自分が重なって、読んでいて痛かった。
GOGOモンスター
「よつばと」に似ている気がする。小学校の校舎の匂いがする。
ナンバーファイブ(吾) 8 (8) (BIC COMICS IKKI)
なんかよくわからないけど何かある感じ。
ピンポン (5)
映画はかなりすごくよくできていたけど、原作はやっぱ違う。湘南のさわやかな風が吹く。