カンブリア宮殿から見る自衛隊の真実

感想おまちしてます!

「“ひげの隊長”が今だから語れる、自衛隊の真実」というものをTVで見た。
接待付けの上層部に対して「こっちは命はってるのにふざけるな」と言っている。国益を侵害する人間は、国賊として永久追放したほうがいいと思う。
この番組で、一番考えさせられたのは、「陸上自衛隊少年工科学校」で生活する少年たちだ。彼らは将来のエリートとして勉強しているが、インタビュアーが「イラクなどに派遣されるのは怖くないですか?」と質問すると、こんなことを言っていた。
「誰かがやらなければならないから」
中学を卒業したぐらいの少年が、国益についてこんなことを考えているということにとても感動した。
「誰かがやってくれる」と考える大人たちは、この子に土下座したほうがいい。彼らは、その身で日本を守るために勉強している。