甲子園の夢

感想おまちしてます!

急いで戻って、後輩からワンセグ携帯を借りた。舞台はすでに8回の裏。広陵が4点リード。攻撃するのは佐賀北。1アウト1、2塁。舞台はすでにクライマックスへと向かっている。
満塁となって押し出しで1点。まだ満塁。そして。。。まさか。
準決勝で見せた、佐賀北の全力プレー。体がひっくり返るぐらいの勢いでホームベースへ突っ込む。1点が、1点が欲しい。その姿勢。
そのままの気持ちが、4点差という劣勢の中あきらめず、決してあきらめず、チームと共に夢をつなぎ、夢の向こうまでつなぎ、夏の花となって散っていく。
そんなことを会社で思いながら、喚起に沸く甲子園の匂いを体感できた。
両チーム共に、本当にすごい試合をありがとう。