遠い瞳 – 森 絵都 「永遠の出口」より

感想おまちしてます!

ま、こんなもんか

そのきっかけは単純なもので、今でも鮮明に覚えている。

中学を卒業して高校に入ったとき、周りは群れからはぐれないように、グループを作ることで頭がいっぱいだった。そして、初めて話をするクラスメイトが、「ねぇ、どこの中学だったの?」と話しかけてきた。

それがきっかけだった。ま、こんなもんか。

それ以来の高校生活は、タバコとお酒の匂い。こんなもんだ。「免許を取るつもりで」と思った高校生活は、こんなもんかな。という気分ではじまってそのまま終わった気がする。