映画「麦の穂をゆらす風」

感想おまちしてます!

The Wind That Shakes The Barley [2006]

静かな風が峡谷をわたり 黄金色の麦の穂をゆらしていた

イギリスが支配していた1920年ごろのアイルランド。独立を願う義勇軍のアイルランド独立戦争の物語。結果的に独立を確立するが、現在も北アイルランドはイギリスの統治下となっている。
血で血を洗う、という言葉はとてもうまい表現だと思う。まさに、人が人を憎み、血が血を洗う映画だ。初めの敵はイギリス。圧倒的な暴力によってアイルランドを支配している。そしてゲリラ戦で勝ち取った英愛条約についての是非でアイルランドは分裂。最悪の事態である内戦に発展する。今度は昨日の友と戦うことになるわけだ。
見ていて思ったのは、今はアメリカが世界で一番と言える大国なのだが、元をただせばイギリスと言う国は原点になるのかなと。そして、白人の人種を蔑視した考え方も、もしかしたらイギリスのようなヨーロッパからはじまっているのかなと思った。
その差別的な考え方から、圧倒的な暴力が生まれて、人が人を殺す。本当に人間万歳だ。「麦の穂をゆらす風」からは、カンヌ映画祭パルムドールでよくでてくる、「もうどうしようもない」という状況がよく現れている。本当にどうしようもなく、目を覆いたくなるような事実だ。事実。
僕は「目には目を」という考え方を持っている人間なので、とても問題なことだと思っている。憎しみからは憎しみしか生まれないと思う。確かにそれはわかるんだけど、誰もがみんな相手を許せる人間でもない。逆にみんなが相手を許せるようにはならないと思う。
だって、それが僕らが生きる世界だから。
*
原題である「the wind that shakes the barley」はアイルランドの伝統歌。イギリスに支配されたアイルランド国民の血と涙がこめられている。
*
麦の穂をゆらす風 オフィシャルサイト
アイルランドの歴史 Wikipedia