映画「父親たちの星条旗」

感想おまちしてます!

父親たちの星条旗
硫黄島の擂鉢山に掲げられた星条旗。
戦争を勝利に導いた一枚の写真。星条旗を掲げた兵士は、本国へと送還され、戦争国債のPRとして全米を回ることになった。その栄光に酔う者。口を開かない者。破滅する者。彼らが経験した硫黄島は、決して英雄として取り上げられるような戦争ではなかった。
日本の国土である硫黄島。そこでの戦争は、アメリカ、日本の両者にとっても最も過酷な戦場だった。映画はプライベートライアンのような思い映像をメインに、回想を交えながら展開されるが、内容はというとこれまでに語りつくされた戦争映画でしかないと思った。
ただ、硫黄島そっくりなロケーション(どこで撮ったんだろう?)がなんともいえない現実感を引き出しているし、アメリカ大好き!というような戦争映画が多いながら、今後公開される「硫黄島からの手紙」という日本からの視点の映画を公開する点はとても評価できる内容だと思う。
なので、この「父親たちの星条旗」と「硫黄島からの手紙」の2つを見てこの映画は完成されるのだろう。そのニュアンスを含む映像が多かった気がするし、時間軸としても同じなのだからそうなるのだろう。そのあたりがとても楽しみー。
戦場の兵士は、本当にびっくりするぐらいバタバタ死んでいく。人間の消耗戦だ。そうとわかっていても突き進む兵士たちは何を考えているのだろう。いつも考えてしまう。
それにしても擂鉢山の映像はすごかった。本当にすごかった。そして、アメリカ兵と互角以上に戦った日本兵もすごかった。
硫黄島2部作「父親たちの星条旗」 「硫黄島からの手紙」