映画「ゲド戦記」

感想おまちしてます!

ゲド戦記・オリジナルサウンドトラック
スタジオジブリはやっぱりスタジオジブリである。
酷評をよく耳にするが、誰が監督をしようと「スタジオジブリ」であることには変わらない。宮崎駿監督のイメージが強いが、それが永遠に続くわけではないというあせりが感じられる。
近藤喜文監督の「耳をすませば」は僕が今も愛する映画の一つだ。近藤喜文さんはもう亡くなられたらしいね。ご冥福をお祈りします。すばらしい映画をありがとうございます。
そして、後継者として注目される宮崎吾朗監督第1回作品「ゲド戦記」。
よりによってこの物語を映画化できるなんて、本当に恵まれた人だと思う。スタジオジブリの場合は「原作=映画」ではないので、原案となる「シュナの旅」や「ゲド戦記」を読んだことのある僕は、新しい物語としてとても愉しめた。
ただ、一つだけいうとするならば、新しい何かを感じることはなかった。感想は「永遠の闇、闇を照らす光」にあったのと同じものだったし、どこかで聞いたセリフやどこかで見た風景を思い出している感じだった。
アースシーの世界観はとてもよかった。原作「ゲド戦記」をよんだときに思い描いた世界観や、「シュナの旅」での風景。これがけっこう一致していたので、本を読んだときと同じようにわくわくした。
時代は止まることなく進むのだから、監督がどうこうという問題については、完全形からはじめるのではなく、これからの仕事に注目したいと思う。
でもやっぱり、「ゲド戦記」の人間くささはもう少し表現して欲しかったかもしれない。でも、この映画をみて、もう一度原作を読みたくなったのは、この映画の影響でもある。