100年カレンダーで人生を見つめなおす

感想おまちしてます!

100年カレンダーというものをご存知だろうか?
普通は1年分のカレンダーをよくみるんだけど、100年カレンダーは100年分が1枚のカレンダーになっているらしい。僕も職場の人に教えてもらってはじめて知ったんだけど、この100年カレンダーにはこんなエピソードがある。
なんとこのカレンダーを買った人から自殺者がでたらしい。
人間人生50年と言われたのは昔のこと。長寿の国日本では82歳ぐらいが平均寿命となっている。その目安となる100年をカレンダーにしたことで、「あー自分の人生ってこんなもんなんだ」と思ってしまうのが原因らしい。
確かに、100年生きることはまだ難しい。人によっては何分の1しか生きることができない。ちょっとずつ減っていく時間。それを目の当たりにするということは、あらためて自分の人生を見つめなおすことになる。
ネットで100年カレンダーを表示してくれるページを見つけた。とてもシュールなページで、いろいろな作品が置かれており、僕としてはとても好きなページだった。
そこで自分の誕生日を入力すると、生まれてから今の自分がどの位置にいるのか100年という単位で表示してくれる。ちなみに27歳ぐらいの方はちょうど1万日ぐらい生きていることになる。
Arawareru – 100年カレンダー
ただ、注意して欲しいのは、これをみて死にたくならないように気をつけて欲しい。今、社会で生活している人間ならば、大切なのはどのように時間を使うのかであって、決して長さが問題ことぐらい知っていることだ。
「SEIZE THE DAY」
確か「今を生きる」って意味だ。そして僕の好きなことばでもある。
*
参考:100年カレンダー