永遠の仔 – 天童荒太

感想おまちしてます!

永遠の仔 (1) 永遠の仔 (2) 永遠の仔 (3) 永遠の仔〈4〉抱擁 永遠の仔〈5〉言葉
看護士として老人の世話をする久坂優希。何かを振り払うように仕事に打ち込む彼女の前に、長瀬笙一郎、有沢梁平の2人が姿をあらわす。
3人は子供の頃、愛媛の双海小児総合病院第八病棟(通称動物園)で出会った3人だった。この病院は親からの虐待などを受けた子供治療にあたる病院で、救いを求める3人は、治療の一環である霊峰登山である行動に出る。
表紙を飾る彫刻家の舟越桂さんの作品のオーラは凄い。