仕事

我思う

「指切りげんまん」は約束させる最強のプラクティス

ちょっと後輩にスケジュールを確認することがあったのですが、「1〜2週間後」とかあいまいだったので、試しに「じゃぁ、指切りしよう。2週間でできなかったら針千本飲んもらうからね!」と明るく言ったら、指切りしてくれませんでした。近くにいたその子の先輩にも同じ事を言ったのですが、指切りしてくれませんでした(おのれ!)。
我思う

社会人10年目をなんとか乗り越えたからエールを贈る

35歳になった。35歳といえばプログラマ定年説だ。とりあえずプログラム書いておこう。「echo "happy birthday 自分。産んでくれてありがとう。生きててよかった。"」そして、僕はちょっぴり遠回りして2003年に社会人になったので、ちょうど社会人10年が終わったことになる。今日は10年で学んだり、感じたり、考えたことを書いておこう。
我思う

弱い人間とよりよいプロセスが、強い人間とお粗末なプロセスに勝つ

機械との競争に載っていた面白い話。コンピュータと人間がチェスで戦ったニュースがあったけど、それには続きがある。今は、人間とコンピュータ、どちらが強いのか?
思い出し笑う

外国人の後輩と過ごしてわかった先輩として気をつけたい5つのこと

よくCMで、上司が外国人になったとかありますが、逆に部下/後輩が外国人になるケースもあります。まさか、自分がそんなと思ったら大間違いでした。 私のチームにも外国籍エンジニアがいて、彼らと過ごした1〜2年は、なかなか発見が多いものでした。今日は、思い出として、自分が感じた点を残しておこうと思います。
我思う

「辞めたい」と口にした時点であなたは「辞める」べきだ

前に友人と話していたときに将来についての話をした。友人も僕も今年35歳になるので、噂の「プログラマ35歳定年説」の時期を迎えようとしているからかもしれない。僕はその時、友人にこんな話をした。「辞めたいとか辞めると言ってしまったなら辞めなければならない」という話だ。
我思う

SIerで受託開発してたときに感じた絶望の扉

昔あるプロジェクトに参加していたときに、エンドユーザからこんなことを言われて「もしかしてこれが噂の絶望の扉か?」と感じたことがありました。そのときはたしか開発リーダーかなにかで受託メンバーをまとめながら開発をしてました。結構忙しかった記憶があります。
我思う

仕様がないと作れない VS 仕様通りじゃつまらない

ちょっと前に、現状の課題をインタビューした時に、ある人が「仕様が出てくるのが遅い」というのと、「仕様通り作るのは面白くない」と言っているのを聞きました。わがままな話に聞こえるんですが、気持ちはとてもよく分かります。
我思う

ミーティングで「その判断は絶対間違ってる」と思ったこと

昔、ある会社に出向していた時に、とあるエライ人が言った言葉を、未だに忘れることができません。なぜなら、それは絶対間違っていると思ったからです。
我思う

伝説のエンジニアたちの履歴書がぶっ飛びすぎていて面白い

別件でLinkedInに掲載されているプロフィールを調べていたのですが、レコメンドされたプロフィールにXPのケント・ベックさんのプロフィールが出てきたので、いろんな伝説のエンジニア達のプロフィールを調べてみました。彼らはどんな会社で働いて、今何をしているのでしょう?
我思う

つまらない会社のディスカッションと、つまる医療のカンファレンス

先日、総合診療医ドクターGという番組をたまたま見たのですが、すごく面白い!!!と思いました。カンファレンスと名前は違えど、やっていることはディスカッションと似ている。なのになぜか違いがあるように感じるのはなんでだろうなぁと思ったので色々考えてみました。
我思う

手離れのよい仕事をするということ

SIで働いてたときはどこかの会社で働くことが多かったので、自然と仕事の手離れについて考えるようになった。今年で社会人10年目になるが、「仕事の引き継ぎ」はとても難しい仕事だと思う。成功率は低い。そもそも引き継ぎなんてやろうとすることに無理があるのかもしれない。今日はふとそういうことを考えてみた。
我思う

ヘッドハンティングから感じた「人材流動性の高まり」について思うこと

昔々。ヘッドハンティングの手紙をもらったことがあった。最近話題の「人材流動性の高まり」がまだ出てきた頃だったかなぁ。転職市場からはいろんなトレンドが見て取れるので、情報交換も兼ねて手紙の主と会ってみることにした。
我思う

私がプログラマになった理由

僕が行っていた高校は、どちらかというと進学重視の高校で、僕の記憶が正しければ1年生の頃から進路を考える必要があった。「そんなのわかるわけないやん」とか思いながら過ごしていた気がする。 そして、3年の時、クラスの最後まで進路を出さなかった自分は、入学試験のお金でプレイステーションを買い、その後、先生に「フリーターをします」と宣言した。これがはじま...
我思う

人生に必要なもの

本当に何かを成し遂げたいと思ったら、やり方を見つけることだ。さもなくば言い訳を見つけねばならなくなる by Garbagenews.com 難しそうだと思ったほうを選んでみると、やっぱり難しかったりする。 考えて考えてみても、いいアイデアが浮かばなかったりする。 周りからのヤジが気になって、イライラしたりする。 最近、そんなこともあってかよく眠れず、ストレス...
我思う

上司がアメリカヘ

そろそろ転職して1年になる。 転職を振り返れば、この1年、いい出会いが多かった。 その中でも、しゅんすけさんという上司に出会ったことは大きい。 しゅんすけさんは子供みたいな人で、癖のある人。 しかし、部下をしっかり見ることと、褒めることがとても上手。 藤原は、これまでいろんな大人を見てきたつもりだけど、 学ぶところがたくさんある人だった。 一緒にお酒を飲むの...
我思う

いいタイミングで転職して10か月たった

自分の限界を試したいなーとおもって、30歳直前で転職。 その後、世界不況という文字が散乱し、実際に世の中が小さく揺れ動き始めた今。 思うところがあったので、ちょっと考えをまとめてみる。 今の会社では、「もーこれ以上できない」という経験をして、それをのりこえて大きく成長しようと思っている。「どこまで自分にできるのか?」というのにチャレンジをしてみたいというのと...
我思う

上司は部下のために働け

藤原は、偉い人は、部下とかが楽しく働けるようにがんばる人だと思っている。それができなかったり、部下から「わかってくれない」とか言われるような人は、とっとと辞めてどっかいけばいいと思っている。 また、偉い人は、社員が迷った時に後ろで支えてくれたり、前に立って方向性を示してくれる人だと思っている。それができないのであれば、とっとと辞めてどっかいけば...
我思う

エンジニアに説明するということ

会社の人が見ている可能性があるので、警戒しつつ。 人に説明するのって本当に難しい。 いいわけをすると、今だに今の会社の「常識」的な部分に慣れていないので、どうせつめいしたらいいもんか、すげーーーーーー慣れない。そこまで理解できればまだよくなるかもしれないけど、なんか、一生慣れない気も・・・。 ロジカル・プレゼンテーションの本を読んで、すごくすっきりしたんだ...
我思う

愛の反対は憎しみではなく無関心である

愛の反対は憎しみではなく、無関心 マザー・テレサさんの言葉である。 今日はちょっとなんともいえない話を記録しておく。 どれぐらい先かわからないけど、将来の自分がこれを読んで、「そんなこともあったな」と笑えることを期待している。
我思う

敵は味方ってのはよくあることだけど

うちの会社はへんなところで、インフラ系の部署がとてつもない力を持っている。 多分、そのせいで現場の進歩が遅れ、3年以上前の開発現場みたいなところになってしまい、ださださ非効率な状態に陥っているように見えた。 さらに、他の同僚もよくいうんだけど、一緒に働いている感がない人間が多い。 相談しても他人事のくせに、設計者をなのっているのだ。意味が分からない。しかも、...
タイトルとURLをコピーしました