仕事

我思う

ミーティングで「その判断は絶対間違ってる」と思ったこと

昔、ある会社に出向していた時に、とあるエライ人が言った言葉を、未だに忘れることができません。なぜなら、それは絶対間違っていると思ったからです。
我思う

伝説のエンジニアたちの履歴書がぶっ飛びすぎていて面白い

別件でLinkedInに掲載されているプロフィールを調べていたのですが、レコメンドされたプロフィールにXPのケント・ベックさんのプロフィールが出てきたので、いろんな伝説のエンジニア達のプロフィールを調べてみました。彼らはどんな会社で働いて、今何をしているのでしょう?
我思う

つまらない会社のディスカッションと、つまる医療のカンファレンス

先日、総合診療医ドクターGという番組をたまたま見たのですが、すごく面白い!!!と思いました。カンファレンスと名前は違えど、やっていることはディスカッションと似ている。なのになぜか違いがあるように感じるのはなんでだろうなぁと思ったので色々考えてみました。
我思う

手離れのよい仕事をするということ

SIで働いてたときはどこかの会社で働くことが多かったので、自然と仕事の手離れについて考えるようになった。今年で社会人10年目になるが、「仕事の引き継ぎ」はとても難しい仕事だと思う。成功率は低い。そもそも引き継ぎなんてやろうとすることに無理があるのかもしれない。今日はふとそういうことを考えてみた。
我思う

ヘッドハンティングから感じた「人材流動性の高まり」について思うこと

昔々。ヘッドハンティングの手紙をもらったことがあった。最近話題の「人材流動性の高まり」がまだ出てきた頃だったかなぁ。転職市場からはいろんなトレンドが見て取れるので、情報交換も兼ねて手紙の主と会ってみることにした。
我思う

私がプログラマになった理由

僕が行っていた高校は、どちらかというと進学重視の高校で、僕の記憶が正しければ1年生の頃から進路を考える必要があった。「そんなのわかるわけないやん」とか思いながら過ごしていた気がする。 そして、3年の時、クラスの最後まで進路を出さなかった自分は、入学試験のお金でプレイステーションを買い、その後、先生に「フリーターをします」と宣言した。これがはじま...
我思う

人生に必要なもの

本当に何かを成し遂げたいと思ったら、やり方を見つけることだ。さもなくば言い訳を見つけねばならなくなる by Garbagenews.com 難しそうだと思ったほうを選んでみると、やっぱり難しかったりする。 考えて考えてみても、いいアイデアが浮かばなかったりする。 周りからのヤジが気になって、イライラしたりする。 最近、そんなこともあってかよく眠れず、ストレス...
我思う

上司がアメリカヘ

そろそろ転職して1年になる。 転職を振り返れば、この1年、いい出会いが多かった。 その中でも、しゅんすけさんという上司に出会ったことは大きい。 しゅんすけさんは子供みたいな人で、癖のある人。 しかし、部下をしっかり見ることと、褒めることがとても上手。 藤原は、これまでいろんな大人を見てきたつもりだけど、 学ぶところがたくさんある人だった。 一緒にお酒を飲むの...
我思う

いいタイミングで転職して10か月たった

自分の限界を試したいなーとおもって、30歳直前で転職。 その後、世界不況という文字が散乱し、実際に世の中が小さく揺れ動き始めた今。 思うところがあったので、ちょっと考えをまとめてみる。 今の会社では、「もーこれ以上できない」という経験をして、それをのりこえて大きく成長しようと思っている。「どこまで自分にできるのか?」というのにチャレンジをしてみたいというのと...
我思う

上司は部下のために働け

藤原は、偉い人は、部下とかが楽しく働けるようにがんばる人だと思っている。それができなかったり、部下から「わかってくれない」とか言われるような人は、とっとと辞めてどっかいけばいいと思っている。 また、偉い人は、社員が迷った時に後ろで支えてくれたり、前に立って方向性を示してくれる人だと思っている。それができないのであれば、とっとと辞めてどっかいけば...
我思う

エンジニアに説明するということ

会社の人が見ている可能性があるので、警戒しつつ。 人に説明するのって本当に難しい。 いいわけをすると、今だに今の会社の「常識」的な部分に慣れていないので、どうせつめいしたらいいもんか、すげーーーーーー慣れない。そこまで理解できればまだよくなるかもしれないけど、なんか、一生慣れない気も・・・。 ロジカル・プレゼンテーションの本を読んで、すごくすっきりしたんだ...
我思う

愛の反対は憎しみではなく無関心である

愛の反対は憎しみではなく、無関心 マザー・テレサさんの言葉である。 今日はちょっとなんともいえない話を記録しておく。 どれぐらい先かわからないけど、将来の自分がこれを読んで、「そんなこともあったな」と笑えることを期待している。
我思う

敵は味方ってのはよくあることだけど

うちの会社はへんなところで、インフラ系の部署がとてつもない力を持っている。 多分、そのせいで現場の進歩が遅れ、3年以上前の開発現場みたいなところになってしまい、ださださ非効率な状態に陥っているように見えた。 さらに、他の同僚もよくいうんだけど、一緒に働いている感がない人間が多い。 相談しても他人事のくせに、設計者をなのっているのだ。意味が分からない。しかも、...
我思う

もしも会社が10人だったら

もしも会社が10人だったら、 1人社長がいて、 2人ぐらい管理職がいて、 8人ぐらい普通の社員なのかな。 10人だったらあーだこーだ言いながらでも、決定はすばやくできそう。 今の会社の場合、人数が結構いるので、とても大変。 なぜかわからんが、とりまとめばかりでとても大変。 知っている人が増えるのはいいんだけど、 それぞれの考えを知るととても疲れる。 むずいよ...
我思う

エンジニアのコミュニケーション

最近、仕事で取りまとめ役をすることが多い。 ちょっと気を抜いてしまったときに突っ込まれ、毎日ビルの谷間で泣きながら缶コーヒーを飲んでいたりする。 エンジニアはコミュニケーションがへたくそな人が多い気がする。職人だからそれがかっこよかったりする。ただ、技術で食べていける人はわずかだとおもうので、どんぐりの背比べの中にいるような藤原にとっては、それ以外の技術で付...
我思う

会社構造

とてもタフな1週間だった。 5日の勤務のうち3日は不眠症の症状がでた気がする。新しい環境で働くのは大変だ。 「いろいろな経験を持ってきたとしても、まずはこれからの環境を受け入れてみてください」 ということだが、我慢できる性格でもなく。本当に困ったもんだ。どうすればいいか考えてみたが、考えが変わるわけでもなく。 そういうときほど問題が見つかるもんだ。 仕事はう...
我思う

転職後、1か月

まー大変でした。 環境が変わっても藤原は変わらんし、「人生は冗談半分だ」と思ってる藤原なのに、まじめな人がパートナーとしてついたり。 郷に従え精神なんだけど、せっかちな藤原は相変わらず生意気だし。 今日で限界がきたみたいで、ストレスからかめっさしんどい。ストレスと疲れからくるじんましんがでないように、栄養ドリンクをのみまくっている。 でもまーしばらくがんばっ...
我思う

会社を辞めます

今月で会社をやめます。 今日は仕事納め。あとは、ちょっと自社に戻ってなにかしらをやって終わり。 何かが終わるのはさびしいもので、来月から始まる仕事についても、今はなんだか気分がのらない。 もうちょっと余裕を持ってやめることができたら、ちょっとは変わっていたのかなーなんて思うけど、たらればなんでつまらないものだ。 僕がSIという仕事を選んだのは、なんだかとても...
我思う

SIという世界を見る限り人は人の上に人を作ります

私はシステムインテグレータ(SI)という業界で働いていますが、残念ながらここは未来ある学生の皆さんが幸せに暮らせるような世界ではないと思っています。 私自身は、IT業界でしか働く気がないので、仕事は楽しく働けているのですが、業界そのものは楽しい場所ではないです。
我思う

効率の悪い人を見るとイライラする

自慢をするつもりはないけど、僕は結構仕事ができるぽい。 なぜいきなりこんなことをというのは、『忙しい人』と『仕事ができる人』の20の違いという記事を読んで、この記事の中では「できる人」とマッチする点が多いからだ。 前に、後輩と仕事をしていたときに、あまりにも効率が悪いので、直接的にこういってみた。 「あのさ、前からいおうと思ったんだけど、いつも直前で作業する...
タイトルとURLをコピーしました