アジャイル

エンジニアの心

翻訳は情熱だ!技術書を翻訳してわかった7つのこと

現在、『リーン開発の現場』の翻訳をしているのですが、共訳の@papandaくんも僕もはじめての翻訳で、やってみて気がつくことが多々ありました。本が出版されたら、お世話になった出版社の方を呼んで「技術書の翻訳勉強会」とかやりたいなぁと思ったので、簡単ですが頭のなかを整理してみます。
エンジニアの心

デブサミ関西2013 Action! のあとがき #kansumi

Developers Summit 2013 Kansai Action!にスピーカーとして参加させていただきました。参加してくださった皆様に感謝いたします。デブサミは『アジャイルリーダーシップと組織改革』を2012年に発表したことがあり、関西に場所は移りましたが、東京と同じような(むしろ関西のほうが熱い)緊張感や熱気を感じました。
エンジニアの心

デブサミ関西2013で『塹壕より、かんばんとリーン』を発表します #kansumiA5

9/20(金)に開催されるDevelopers Summit 2013 Kansai Action!で『塹壕より、かんばんとリーン』という発表をさせていただきます。日本ではあまりなじみのない方法論である「かんばん」と「リーン」を、現場で実践した事例発表です。
エンジニアの心

XP祭り2013で「かんばん」のお話をします #xpjug

XP祭り2013で『かんばん in Wonderland』という発表をDevLOVEの@papandaさんとします。上のシュールな画像はスライドのイメージ(仮)なのですが、せっかく2人で発表(たぶん初)なので、来てくださった方が持って帰れる「かんばんネタ」を絶賛作成中です。
エンジニアの心

現場とはどこなのか?『リーン開発の現場』より

現在、翻訳をさせていただいている『Lean from the Trenches』の邦題が決まりました。『リーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクトの運営』です。
エンジニアの心

デブサミ関西で『塹壕より、かんばんとリーン』というお話をします

9/20(金)に神戸で開催されるDevelopers Summit 2013 Kansai Action!で発表させていただくことになりました。セッションは「塹壕より、かんばんとリーン ~進化するアジャイル開発の現場~」を予定しています。今翻訳中の『Lean from the Trenches』を実際の現場事例を交え・・・みたいなイメージを妄想中です。
エンジニアの心

アジャイル同人誌「UltimateAgileStories Iteration3」の執筆者と目次が出た

アジャイル開発に関する同人誌「UltimateAgileStories」の執筆者と目次が公開されました。今回は3冊めとなるIteration3。いろんなキュウキョクの物語が楽しめます。
エンジニアの心

アジャイル開発に関係ありそうな日本語資料ベスト50

デブサミの資料を調べたついでに、アジャイル開発のような開発プロセス系の資料も探してみました。まずはトップ5のご紹介。
エンジニアの心

『Lean from the Trenches』をオススメしたい3つの理由

現在、@papandaくんと『Lean from the Trenches』を翻訳しています。なぜ翻訳をはじめたのかについては、インセプションデッキにもまとめており、多少かぶる部分があるのですが、この本のおすすめポイントをご紹介させていただこうかとかと。
エンジニアの心

開発マネージャーのアジャイル実践者育成計画

ある日、メンバーに「アジャイルコーチってどんなことを考えているんですか?」と聞かれたので、普段考えてきたことをまとめてみました。アジャイルに限らない部分もありますが、個人別のふりかえりや、朝礼やふりかえりといった普段のイベントで、メンバーに伝えてきたことが中心です。技術スキルよりも、人材育成が近いかもしれません。
エンジニアの心

7つのアジャイルメトリクス

アジャイルコーチとか名乗っていると、定量的な効果をきかれることがしばしば。今日は日頃計測しているデータの紹介です。元ネタはSWプロジェクトにおけるツールの活用を考える会 第五回勉強会のボーナスステージとして発表させていただいた内容です。
エンジニアの心

アジャイルコミュニティは超めんどうくさい

僕はコミュニティに参加したり、イベントを手伝ったりする機会に恵まれ、いろんな経験をさせてもらっている。でも最近、コミュニティは面倒くさく、アジャイルコミュニティは超面倒くさいのではないかと考えるようになった。
エンジニアの心

分散アジャイル開発は何と戦っているのか?

分散アジャイルが怪しい。そう感じたのには理由がある。ツールが進化してきたせいか、同じ場所にいないメンバーと働いたりする事例が増えてきたけど、それにどんな意味があるのかがいまいちわかっていない。今日はそんなことをつらつらと考えてみた。
エンジニアの心

「時が来たら習慣を捨てる」というアジャイルプラクティス

@kakutani に献本いただいたアジャイルプラクティスを読了しました。レビューはこちらに書かせていただいたので、本を読んで感じた「習慣」について書いてみようと思います。
エンジニアの心

アジャイルサムライが作った「はじめてのアジャイルサイト」発見 #agilesamurai

アジャイルサムライの著者であるジョナサンが新しいサイトを作ったみたいです。その名も「はじめてのアジャイル(Agile in a Nutshell)」。
エンジニアの心

関西のプロダクトオーナー必見!PO Meetupにいつ行くの?今でしょ! #pomeetup

プロダクトオーナーのための勉強会「PO Meetup 1st」が3/21(木)に開催されます。実践や経験の共有の場としてぜひご参加ください。
エンジニアの心

ユーザ受け入れテストでレガシーコードと戦っていく

レガシーコードとは、レガシーコード改善ガイドを参考にすると、テストのないコードを指しています。コードだけでなくレガシーなシステムも存在し、レガシーじゃないシステムよりレガシーシステムのほうが多いので、新しい要求への対応と、レガシーコードの改善をうまくやっていくスキルが求められるのではないかと思います。今日は、うまく戦っていく手段について考えてみました。
エンジニアの心

インセプションデッキは「作らない」という判断をしてくれない

公私共に企画を相談されることがたまにあります。その時にアジャイルサムライで紹介されているインセプションデッキを見せてくれる人がぱらぱらいます。あるとき、その内容を見て「作らなくていいのに」と思ったんですよね。
エンジニアの心

Agile 2013 Conference参加者ガイド!今年は音楽の街ナッシュビル!

Agile2013のサイトがオープンしています。今年は8月5日から9日までの5日間。アメリカテネシー州ナッシュビルでの開催です。ナッシュビルにはパルテノン神殿があるらしい。
エンジニアの心

日経コンピュータにアジャイル事例を掲載していただきました

日経コンピュータに取材が掲載されました。パラパラと他のページも見てみたのですが、アジャイル開発の事例がいろいろのっていてとても面白い号です。
タイトルとURLをコピーしました