アジャイル

エンジニアの心

アジャイルコーチに都合のいいスクラム

コーチを仕事にしている人と話す機会があると、必ず「で、あなたのコミットメントは何なんですか?」と聞いています。人によっていろいろ意見はあるんですが、今ひとつ納得感がない。なんでそう思ってしまうのかをふと考えました。
エンジニアの心

開発改善チームやアジャイル支援チームの成功に必要なこと

たまに「自部署を改善するためのチームを作りたい」とか「アジャイル開発を支援するチームを展開したい」とか相談を受けます。そういうときに僕はいつも「やめといたほうがいいと思うよ」と一言伝えるのですが、まぁ、よい顔はされませんよね。だから、その後にいつもこういう話をします。
我思う

アジャイルで組織改革したときの犠牲者は成仏するのか?

昔、アジャイルにおけるリーダーシップと組織改革について話をしたことがあります。こんなネタを話した本人がいうのもなんですが、今になって思えば、組織改革なんて不可能では? と思いはじめました。今日はその理由を書いてみようと思います。
エンジニアの心

『リーン開発の現場』第二刷がでましたプレゼントキャンペーン

娘が寝返りをうてるようになったせいか、おかげさまで『リーン開発の現場』の第二刷が決まりました。ありがとうございます。お家を調べてみると第一刷が一冊あったので、記念にプレゼントキャンペーンを実施させていただこうと思います。応募方法はこちら。
エンジニアの心

ソフトウェア開発会社に未来なんてない、つーか滅びろ

『「納品」をなくせばうまくいく』を読み終えました。この本はソニックガーデンという、とあるドメインで話題のソフトウェア開発会社の話が書かれています。著者の倉貫さんとは何度か遊ぶ機会があり、以前からいろいろお話を伺っていたのですが、今日は本書を読んだ感想を交えながら、自分なりに感じたことをぼろくそに書いてみようと思います。
エンジニアの心

完了の定義をプレゼンテーションするプラクティス

「仕事の終わりって何?」。アジャイル実践者はこういうそもそも論が大好きだけど、「何を持って終わりとするか」は仕事をする上でとても大切な要素だと思う。近くにいるチームがこの「終わり」をメンバー全員でレビューしていて、その方法が面白かったのでここに書いてみる。
エンジニアの心

『チーム開発実践入門』を読んだ

レビューとして参加させていただいた『チーム開発実践入門』をいただきました。発売おめでとうございます。本書は特定のツールや方法ではなく、最近の開発全体を俯瞰した本なので、あまり詳しくない方はもちろんですが、知ってる方にも発見がある内容ではないかと思います。
エンジニアの心

「お前らのアジャイルは間違っている」と彼は言った

少し前にマネージャ層にアジャイル開発事例を話す機会がありました。皆さん「アジャイル」という言葉に抵抗があるようです。さてさてどうやって伝えたらいいものか。当時悩んだことをここに書いておこうを思います。
エンジニアの心

実践的に「かんばん」を学べる「カンバン・ピザゲーム」

agile42というサイトで紹介されている「The Kanban Pizza Game」を日本語に訳してみました。ライセンスはCreative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Licenseになります。カンバンシステムの全体像を学べ、既存のプロセスに適用させる方法といった実践的な学びを得られそうです。
エンジニアの心

うんこアジャイルにドロップキック

最近、「いいチームだなー」っていうのと「残念なチームだなー」っていうのを同時期に見ることがありました。どちらもアジャイル開発に取り組んでいたりしたので、残念な方を「うんこアジャイル」と名づけ、原因と対策を後輩といろいろ話しました。
エンジニアの心

「監訳者まえがき」を先行公開しました!

角谷さんやオーム社さんのご好意で「監訳者まえがき」を先行公開することができました。角谷さんのまえがきだけでなく、ケント・ベックの序章、平鍋さんの解説とみどころ満載です。『リーン開発の現場』いよいよ明日発売!
エンジニアの心

『リーン開発の現場』という技術書を編む #リーン開発の現場

昨日、翻訳した『リーン開発の現場』が届きました。当日便で送ってくださったオーム社開発部の皆さんに感謝いたします。まじ、うれしかった。実際に手にとってみるとニヤニヤするものです。明日からゆっくり電車で読もう。
エンジニアの心

越境せよ!「リーン開発の現場」出版イベントのお知らせ

10/28(月)に『リーン開発の現場』の出版イベントを開催します。イベントでは本書の紹介だけでなく、先日書いた「翻訳は情熱だ!技術書を翻訳してわかった7つのこと」に書いた「技術書の翻訳」について、@kakutaniさんにいろいろ聞いてみよう!と思ってます。ご興味のある方はこちらからぜひぜひどうぞ!
エンジニアの心

翻訳は情熱だ!技術書を翻訳してわかった7つのこと

現在、『リーン開発の現場』の翻訳をしているのですが、共訳の@papandaくんも僕もはじめての翻訳で、やってみて気がつくことが多々ありました。本が出版されたら、お世話になった出版社の方を呼んで「技術書の翻訳勉強会」とかやりたいなぁと思ったので、簡単ですが頭のなかを整理してみます。
エンジニアの心

デブサミ関西2013 Action! のあとがき #kansumi

Developers Summit 2013 Kansai Action!にスピーカーとして参加させていただきました。参加してくださった皆様に感謝いたします。デブサミは『アジャイルリーダーシップと組織改革』を2012年に発表したことがあり、関西に場所は移りましたが、東京と同じような(むしろ関西のほうが熱い)緊張感や熱気を感じました。
エンジニアの心

デブサミ関西2013で『塹壕より、かんばんとリーン』を発表します #kansumiA5

9/20(金)に開催されるDevelopers Summit 2013 Kansai Action!で『塹壕より、かんばんとリーン』という発表をさせていただきます。日本ではあまりなじみのない方法論である「かんばん」と「リーン」を、現場で実践した事例発表です。
エンジニアの心

XP祭り2013で「かんばん」のお話をします #xpjug

XP祭り2013で『かんばん in Wonderland』という発表をDevLOVEの@papandaさんとします。上のシュールな画像はスライドのイメージ(仮)なのですが、せっかく2人で発表(たぶん初)なので、来てくださった方が持って帰れる「かんばんネタ」を絶賛作成中です。
エンジニアの心

現場とはどこなのか?『リーン開発の現場』より

現在、翻訳をさせていただいている『Lean from the Trenches』の邦題が決まりました。『リーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクトの運営』です。
エンジニアの心

デブサミ関西で『塹壕より、かんばんとリーン』というお話をします

9/20(金)に神戸で開催されるDevelopers Summit 2013 Kansai Action!で発表させていただくことになりました。セッションは「塹壕より、かんばんとリーン ~進化するアジャイル開発の現場~」を予定しています。今翻訳中の『Lean from the Trenches』を実際の現場事例を交え・・・みたいなイメージを妄想中です。
エンジニアの心

アジャイル同人誌「UltimateAgileStories Iteration3」の執筆者と目次が出た

アジャイル開発に関する同人誌「UltimateAgileStories」の執筆者と目次が公開されました。今回は3冊めとなるIteration3。いろんなキュウキョクの物語が楽しめます。
タイトルとURLをコピーしました