ビーチリゾート

旅行

緑あふれる国「スリランカ」に行ってきた – ゴール・ヒッカドゥワ・黄金海岸編

今年目指したビーチはスリランカだった。スリランカには「黄金海岸」とよばれるビーチがあり、そのネーミングセンスに期待してこの国を旅行先に選んだ。そして、この国は僕にとってなかなか馴染みのない国だ。その旅路を振り返ってみる。
旅行

2016年アジアベストビーチに選ばれたミャンマーのガパリに行ってきた。すばらしかった!

ミャンマーのガパリビーチに行ってきた。ここは、2016年にTripadvisorでアジアのベストビーチに選ばれた話題のビーチだ。そこは、開発が進んでおらず、手つかずの最後の楽園だという。いつかはなくなってしまう風景や雰囲気をまだ体験できるうちに、そのビーチを求めて旅をした思い出を書いておく。
旅行

ある晴れた日に世界遺産アユタヤをレンタルバイクで駆けぬけサガットに会いに行く

雨季であることを忘れてしまうぐらい晴れた日に、世界遺産アユタヤへと行って来ました。見てください。なぜかみとれてしまう仏像の笑顔。どこかのんびりしたアユタヤを、レンタルバイクでめぐる旅。いい思い出になりました。
旅行

プーケットを満喫し、映画『ザ・ビーチ』の舞台ピピ・レイ島マヤベイに上陸してきた

今年は男四人でタイのプーケットに行ってきました。日本はもう半袖じゃ寒くなってきたけど、タイは35度で海水もプールの水もあたたかく感じるぐらい。タイは「ほほえみの国」と呼ばれる意味がわかるぐらい、やさしい人がたくさんいる国でした。また、行きたい。
旅行

強く生きる人たちが住むセブの海でジンベイザメと泳ぐ

フィリピンのセブ島に遊びに行ってきました。この旅のメインはジンベイザメと泳ぐことと、アジアの町並みを見ることです。この旅ははたしてどういう意味があったのか? 写真を見ながらふりかえってみます。
旅行

近場から世界の果ての島まで! 世界のビーチリゾートの予算と距離とベストシーズンを比較してみた

夏ですね。「海に行くときに便利な持ち物リスト」をまとめていると、なんだかとっても海に行きたくなりました。そこで、海外のビーチリゾートってどんなのがあるのか、予算や距離はどれぐらいなのかを調べてみました。
旅行

夏だ!海だ!沖縄に持っていくと便利な持ち物まとめ 2019年版

沖縄には離島巡りや海を楽しむために何回も行っています。この時期になると2年前に書いた「沖縄に行くときに持っていくと便利な持ち物まとめ」が人気になるみたいなので、2015年版にアップデートしてみました。
旅行

紅の豚のような絶景!美しいナヴォイオビーチに行きたい

『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』を読んでて、まだ見ぬ世界にあこがれる毎日です。この本で見つけたギリシャの「ナヴォイオビーチ」に魅了されてしまったので、画像を集めてみました。
旅行

傘をささないグアム島の人たち

年末にグアムに行った。友人と海へ向かうのは毎年恒例の行事だ。これまで沖縄の離島をだいたい巡ったので、今回は初の海外となった。ハワイと比べると「格」が落ちるのかもしれないけれど、気心の知れた仲間と行く場所はどこでも最高になる。だから、いい旅だった。
旅行

沖縄に行くときに持っていくと便利な持ち物まとめ

今年は久しぶりに沖縄に行こうと思っています。目指すは日本最西端の与那国島。石垣島を拠点に色々遊ぼうと思うのですが、一緒に行く友だちのためにこれまでの経験を踏まえて、持っていったほうがいい持ち物をまとめてみます。
旅行

世界で一番の別れを体験できる島

PCを整理していたときに偶然見つけた一枚の写真。 これは、世界遺産にも登録された小笠原諸島父島の港の風景です。小笠原諸島へは船旅となり、行きだけで25時間かかります。360度海しか見えず、夜は満天の星空をみることができますが、父島が見えた時と、船を降りた時の開放感はとても大きかったと記憶しています。
旅行

オーストラリアを旅する グレートバリアリーフ編

世界最大の珊瑚礁であるグレートバリアリーフ。 その名の通り、偉大なるリーフ郡は、訪れる人を魅了します。今回は、グリーン島へのツアーと、海上に浮かぶ桟橋「ポンツーン」の旅を記録します。
スポンサーリンク