アジャイル

エンジニアの心

2011年に注目したい技術 – ThoughtWorks Technology Radar

デブサミ2011でちらちらでていたグラフが気になったので調べてみた。 その資料はマーティン・ファウラーさんが所属することで有名なThougheWorksという会社のTechnology Radarというものだった。資料はHTMLやPDFで確認でき、2011年版の資料はこちらにある。 Publickeyさんでも取り上げられており、毎年チェックしたい...
エンジニアの心

Agile2011での宿泊&交通情報 – Attendee Conference Guideより

HOTEL DISCOUNT AND INFORMATION The Grand America Hotel 会場は高級ホテル。カンファレンス参加者でも$200とられるが、付近のホテルだと半額ぐらいで見つかる。 下のMapも参考にどうぞ。 View Agile2011 Map in a larger map
エンジニアの心

これが世界のAgileセッション(2) – Attendee Conference Guideより

Agile Conference 2011のサイトのAttendee Conference Guideの翻訳続き。 Agile2010より細分化されたセッション。UXやEnterprise Agileなどが徐々に定番化してきて、Working with Customersのような、あたりまえに感じるけど難しい基本的なプラクティスもセッションとしてある模...
エンジニアの心

これが世界のAgileセッション(1) – Attendee Conference Guideより

ここでは、Agile2011内のステージを説明します。Agile Conferenceでは、毎年?テーマに沿ったステージ、セッションが用意されています。今年は、17ものステージがあり、Agileに興味のある方であれば、目移りするような内容になっています。 Agileの採用から移行について、マネジメントやリーダーシップは去年もありましたが、Agi...
エンジニアの心

Agile2011のスペシャルイベント – Attendee Conference Guideより

Agile Conference 2011のサイトのAttendee Conference Guideの翻訳続き。 キーノートスピーカー 三人のすぐれたキーノートスピーカーが彼らのユニークな見解や視点を共有します。 注意:ここはスピーカーの肩書きが分かりにくかったので訳すのはあとまわしー。
エンジニアの心

16人のアジャイル署名者がAgile2011で再会 – Attendee Conference Guideより

Agile Conference 2011のサイトのAttendee Conference Guideの翻訳続き。 今年はアジャイルマニフェスト誕生から10周年ということで、"Big Park Bench"というイベントがあります。そこではなんと、17人のアジャイルマニフェスト署名者のうち16人が再会し、ディスカッションが行われます。Innov...
エンジニアの心

Agile2011の開催概要から登録方法まで – Attendee Conference Guideより

Agile Conference 2011のサイトに、Attendee Conference Guideというものがありました。 昨年、Agile Conferenceに言ったときは、調べる時間が全く無く、見に行くセッションすら調べていなかったため、いろいろ苦労をしました。今年は、このガイドを読んでおきたいと思います。
エンジニアの心

そうだ!Agile 2011 Conferenceに行こう!

公式ブログによりますと、今年の1月4日にアナウンスがあり、Agile 2011 Conferenceの申し込みが始まっていたんですね。スピーカー募集は終わったみたいですが、まだチャンスがあるぜ!みたいなことが書いてある気がします。
エンジニアの心

DevLOVE Agile Development in Action で発表してきました

Change The Future「Agile Development in Action」で発表をさせていただきました。 本当に、まさか自分が勉強会で話すことになるとは。ばたばたしてしまったので、ゆっくりお話を伺えませんでしたがざっくりメモ。
エンジニアの心

アジャイル開発の本質とスケールアップ読了

もし、ソフトウェア業界におけるソリューション開発の現在の能力よりも、市場がより早い変化を必要としている、という前提を認めるなら、「そのために何ができるだろうか?」という問いを持つことになるだろう。私にしてみればその答えは、アジャイルだアジャイルは使える - そして、スケールアップ可能であるという結論までを語る本。原書はScaling Software Agi...
エンジニアの心

[適当翻訳] 大規模Agileの形を表現したAgile Enterprise Big Picture

アジャイル開発の本質とスケールアップ読書会というのを、会社の先輩が開催しておりまして、 この本は、@ryuzeeさん翻訳のアジャイル関連書籍ベスト100にもランキングされています。(が、翻訳があまりよくない気がする)
エンジニアの心

DevLove Energized Work!に行ってきました

Energized Work! in DevLove 裏方だったのでざっくりメモ。
エンジニアの心

第18回すくすくスクラムに行ってきました

第18回すくすくスクラム 私がみた Agile 2010 はコレだ すくすくスクラムに行ってきました。今回はとてもキュートなお友達の発表なので楽しみだったのですが、Agile2010のFBだけではなく、「学生と社会人のディスカッション」が盛り上がったように思います。
エンジニアの心

平鍋さんの”アジャイル開発の現在・過去・未来”から感じたこと

XP祭り2010で講演しました。にXP祭り2010の平鍋さんの資料がアップされています。 最近、本当に思うのですが、日本でこういう活動をされ、翻訳や講演やAn Agile Way、InfoQなどで情報発信されている平鍋さんには、いつも学ばせていただいています。 以下、気になったところをピックアップで。 発注と納品の関係だと綱引きが怒ってし...
エンジニアの心

XP祭り2010に初めて参加してきました

XP祭り2010 アジャイル学園祭に初めて参加してきました。 寝坊から始まり、会場は早稲田なのですが、違う早稲田に行ってしまい、熱中症になるかとおもうぐらい汗をかきました。
エンジニアの心

XP祭り2010で”LTの前説の前説”をさせていただきました

XP祭り2010 ? アジャイル学園祭? LTの前説の前説?Agile Conference 2010 報告において、共に参加した@AyumiHOSOZAWA @nobiinu_andと報告をさせていただきました。 当日まで詳細がわからなかったのですが、会場がメイン会場と知り、100人以上の方がいらっしゃったきがするのですが、みなさんのような情熱的な方々...
エンジニアの心

Agile2010をふりかえる

発表用資料は以下。 Agile2010とは何だったのかView more presentations from Dai Fujihara. それ以外で個人的な感想は、大規模アジャイル事例がわんさかでており、ヨーロッパやNYなどでも似たようなAgile系イベントが行われている。新しい情報を得るために、なにかとチェックしたほうがよさそう > Agile Alli...
エンジニアの心

Agile2010 – ICAgile(アジャイル認定制度)について

セッションの最終日あたりにAlistair Cockburnさんから「意見を聞きたいことがあるんで興味のあるやつは来てくれ!」みたいなことをいわれて行ってみました。
エンジニアの心

Agile2010 – Enterprise Scrum: Creating an Agile Company

50人で6プロダクトを開発している会社の話。
エンジニアの心

Agile2010 – Using Scrum to avoid bad CMMI implementations

CMMIとScrumを併用して成功した例。 AgileプロセスとCMMIのようなかっちりしたプロセスがマッチするということを明らかにした興味深いセッション。 どうも、去年ぐらいにどこかで発表したネタらしい。
タイトルとURLをコピーしました