アジャイル

エンジニアの心

Agile 2011のプログラムが公開!気になるセッションを調べてみよう!

Agile 2011 Conferenceのプログラムが公開されました。国内、海外を問わずAgile関連ニュースを集めようと、FacebookにLet’s go to the Agile Conferenceというページを作っているのですが、そこに友人がポストして教えてくれました。今年も参加する予定ですが、Submissionが900以上届いたそうで、201のイベントがあるみたいです。セッション数が膨大なので、今のうちにチェックしておこうと思います。
エンジニアの心

Agile2011に行くための準備として飛行機とホテルをエクスペディアで予約する

Agile 2011 Conferenceに参加するために、飛行機と宿泊するホテルの予約をエクスペディアでやってみた。 Agileカンファレンスは8/8(月)〜8/12(金)に開催されるため、日曜日に到着し土曜日に帰る日程にしている。カンファレンスは金曜日の昼に終わるので、ちょっとした観光も金曜日に可能なわけです。
エンジニアの心

Agile Conferenceに行こうページをFacebookで作ってみた

Agile Conferenceの参加者や興味のある人に向けて「Let's go to the Agile Conference」というページを作ってみました。 はじめはGoogleサイトやYammerで頑張ってみたのですが、Facebookだとコメントも簡単にできたり、アプリを追加できたりと、良い感じでページが簡単にできます。
エンジニアの心

アジャイルなレビューをサポートするツールを5つ

Agile2010のリサーチセッションで、アジャイルソフトウェア開発におけるレビューをテーマに発表をしている方がいらっしゃいました(資料はこちら)。発表者はMario Bernhartさんだったと思うのですが、彼は発表の中で、Continuous Changeset-Based Review(CCBR)という言葉を使っており、開発の最後でレビューに時間をかけるのではなく、コミットごと(Changesetベース)のレビューという戦略を考え、CCBRを実践するためのツールとしてReviewClipseを紹介していました。
エンジニアの心

私は日本を信じている – Agile Japan 2011に参加しました

Agile Japan 2011に参加してきました。今年で2回目の参加です。今年は社内研修で使ったKPTボードを持ってきて、ポスターセッションで参加させていただいたのですが、朝にリンダ・ライジングさんが遊びに来てくれました。ちなみに、写真はリンダさん、@kappa4、@kawagutiの貴重な3ショットです。 リンダさんからいくつか質問を頂きました...
エンジニアの心

DDDのモデル探求うずまきプロセス – QCon Tokyo 2011メモ

QCon Tokyo 2011に参加しました。 Keynoteを発表してくださったDDD InventorのEric Evansさんはとてもゆったりした話し方をされる方でした。DDDの一部分を語られていましたが、一つ一つの詳細を聞いてみたくなります。 Evansさんの発表で気になったのが「Model Exploration Whirlpo...
エンジニアの心

アジャイルに結婚式準備を行うために必要なただ1つの方法

私は、昨年結婚したのですが、結婚式の準備はとても大変だということがわかりました。 そして、メンバーは自分と嫁(当時はベータ)の二人だけです。この状況の中で、いかにアジャイルに進めて、結婚式の価値をあげればいいかをまとめたいとおもいます。ネタはShibuya.trac10回勉強会のものです。
エンジニアの心

3年使ったRedmineの使い方について共有したい10のこと

前回は、1000人のエンジニアがRedmineを使い出すまでの事例を紹介させていただきました。今回は、Redmineの使い方や、大規模に変化してくRedmineの運用について、2年間の運用や改善から得たナレッジや、気がついたことをまとめていこうと思います。
エンジニアの心

Redmineでアジャイルチームのスピードやパワーを見える化する

アジャイルなチームを目指す。私がチーム運営を始めたときのポリシーでした。どうやって作業をこなすだけから、アウトプットへの価値へとシフトしていくか?チームの方向を示すためにも、様々なメトリクスやKPIを見える化する必要がありました。通常のプロジェクト管理方法だと、ガントチャートでロードマップを設定、進捗の状態を管理。WBSなどを作ってそれぞれのタスクを管理・・・といった形が一般的なのでしょうか。しかし、それではワクワクしない。そんな中、常に改善を心がけ、私が試して行き着いた方法を紹介させていただこうとおもいます。
エンジニアの心

Redmineが1000人のエンジニアに使われるまでのこと

デブサミ2011の後に、Shibuya.tracの第10回勉強会で初LTをしました。テーマは「EnterpriseレベルのRedmine導入結果について」です。外の勉強会は緊張しますが、@yusuke_kokuboさんや@akipiiさん、アジャイルなゆかいな仲間たちにお会いすることができ、とても楽しい勉強会でした。また学びに行かせていただこうと思います。
エンジニアの心

2011年に注目したいツール – ThoughtWorks Technology Radar

ThougheWorksのTechnology Radarの2011年版の適当翻訳。今回は2011年に注目すべきツールの話。 レーダーは以下の領域に分かれる。 Hold:注意をしはじめるレベル。 Assess:将来的にどう影響をおよぼすか知るため、価値を探し始めるレベル。 Trial:将来性を感じるためどのように利用するかを調べ...
エンジニアの心

開発時のAgileなデータベース管理とは?

dahlstroms from flickr 2011年に注目したい技術 – ThoughtWorks Technology Radarにまとめた内容の中に、Automated database deploymentというものがありました。自動化されたデータベースデプロイメントとでも訳すのでしょうか。どういうものなのか気になったので調べてみました。 ...
エンジニアの心

2011年に注目したい技術 – ThoughtWorks Technology Radar

デブサミ2011でちらちらでていたグラフが気になったので調べてみた。 その資料はマーティン・ファウラーさんが所属することで有名なThougheWorksという会社のTechnology Radarというものだった。資料はHTMLやPDFで確認でき、2011年版の資料はこちらにある。 Publickeyさんでも取り上げられており、毎年チェックしたい...
エンジニアの心

Agile2011での宿泊&交通情報 – Attendee Conference Guideより

HOTEL DISCOUNT AND INFORMATION The Grand America Hotel 会場は高級ホテル。カンファレンス参加者でも$200とられるが、付近のホテルだと半額ぐらいで見つかる。 下のMapも参考にどうぞ。 View Agile2011 Map in a larger map
エンジニアの心

これが世界のAgileセッション(2) – Attendee Conference Guideより

Agile Conference 2011のサイトのAttendee Conference Guideの翻訳続き。 Agile2010より細分化されたセッション。UXやEnterprise Agileなどが徐々に定番化してきて、Working with Customersのような、あたりまえに感じるけど難しい基本的なプラクティスもセッションとしてある模...
エンジニアの心

これが世界のAgileセッション(1) – Attendee Conference Guideより

ここでは、Agile2011内のステージを説明します。Agile Conferenceでは、毎年?テーマに沿ったステージ、セッションが用意されています。今年は、17ものステージがあり、Agileに興味のある方であれば、目移りするような内容になっています。 Agileの採用から移行について、マネジメントやリーダーシップは去年もありましたが、Agi...
エンジニアの心

Agile2011のスペシャルイベント – Attendee Conference Guideより

Agile Conference 2011のサイトのAttendee Conference Guideの翻訳続き。 キーノートスピーカー 三人のすぐれたキーノートスピーカーが彼らのユニークな見解や視点を共有します。 注意:ここはスピーカーの肩書きが分かりにくかったので訳すのはあとまわしー。
エンジニアの心

16人のアジャイル署名者がAgile2011で再会 – Attendee Conference Guideより

Agile Conference 2011のサイトのAttendee Conference Guideの翻訳続き。 今年はアジャイルマニフェスト誕生から10周年ということで、"Big Park Bench"というイベントがあります。そこではなんと、17人のアジャイルマニフェスト署名者のうち16人が再会し、ディスカッションが行われます。Innov...
エンジニアの心

Agile2011の開催概要から登録方法まで – Attendee Conference Guideより

Agile Conference 2011のサイトに、Attendee Conference Guideというものがありました。 昨年、Agile Conferenceに言ったときは、調べる時間が全く無く、見に行くセッションすら調べていなかったため、いろいろ苦労をしました。今年は、このガイドを読んでおきたいと思います。
エンジニアの心

そうだ!Agile 2011 Conferenceに行こう!

公式ブログによりますと、今年の1月4日にアナウンスがあり、Agile 2011 Conferenceの申し込みが始まっていたんですね。スピーカー募集は終わったみたいですが、まだチャンスがあるぜ!みたいなことが書いてある気がします。
タイトルとURLをコピーしました