アジャイル

エンジニアの心

スクラムギャザリング東京の傾向と対策 #sgt2011

スクラムギャザリング東京2011というイベントが10月に開催されます。 カンファレンスは、10月19日。ワークショップは10月22日とわかれており、17〜18日は、キーノート発表者による認定スクラムマスター研修、20〜21日は、特別講演者の認定プロダクトオーナー研修が開催される予定です。 私は、今回、認定プロダクトオーナー研修に参加する予...
エンジニアの心

Letter to an Agile Samurai – アジャイルサムライへの手紙 #agilesamurai

"Agile Samurai"  has affected the agile movement of Japan. I participate in Agile 2011 Conference this year. The report of conference was written at a site called EnterpriseZine...
エンジニアの心

Doingだけじゃアジャイルにならない?アジャイルになるための継続的デリバリとリーダーシップとは?

カンファレンス二日目に開催されたセッション「Adaptive Leadership: Accelerating Organizational Agility」。発表者は、マニフェスト著名者でもあるJim・Highsmith氏です。このセッションでは、組織レベルでアジリティを高めるための「適用リーダーシップ(Adaptive Leadership)」に...
エンジニアの心

アジャイル開発10年の道をホワイトボードでまとめた人 #agile2011

Agile2011のスポンサーブースで見かけたコチラの方。初日からがんばって「Road to AGILITY」の図をホワイトボードいっぱいに描き上げておりました。この人の絵は、YouTubeで見たことがあるので、たぶん有名な方なのでしょう。Agile Manifest作成からどのような道を歩いてきたのか?完成図はこちら。
エンジニアの心

知識共有ゲームでチームの知識を考える!XP祭り2011参加レポート #xpjug

 XP祭り2011に行ってきました。今年はやっとむさんの「知識共有ゲーム」とLTだけ参加しました。 昔、同僚がやっとむさんのカンバンゲームを体験し、聞いてみるとすごく面白そうだったので、いつかやっとむさんのようなゲーム開発/実践者のセッションを聞いてみたいなぁと思っていました。また一つ大人になった気がします。
エンジニアの心

半年間のアジャイル開発をタスクボードでふりかえる動画!XP祭り2011LT資料 #xpjug

View more presentations from Dai Fujihara XP祭り2011でLTしました。発表させていただいた内容は、「6ヶ月のプロジェクトのリリースまでをタスクボードとふりかえる」ものです。チームは10名ぐらい。私のチームとプロジェクト側のチームの合同プロジェクトになります。 @tk0miyaさん、@zui...
エンジニアの心

10年たった今見えてきたアジャイルに関する8つの問題提起

Agile 2011 Conferenceに行ってきました。 たくさんのセッションに参加してきたのですが、その中でもカンファレンス二日目に参加した、Chet Hendrickson氏とRon Jeffries氏の「What We Have Learned So Far: what we got right & what we got w...
エンジニアの心

Agile 2011にやってきた

現在、アメリカユタ州ソルトレイクシティで開催されているAgile 2011 Conferenceに参加しています。 今年は、翔泳社様からサポートをいただき、レポートをEnterpriseZineに投稿させていただいています。 「2000人のアジャイル実践者が集うカンファレンス~Agile 2011 Conference」 引き続き、...
エンジニアの心

詳説!Redmineを使ったスマートな開発プロセス改善(画面キャプチャ付き)

最近は、課題管理システム、チケット管理システムがメジャーになっており、私もこの種のツールをサービス開発、ソフトウェア開発で利用し、開発プロセス改善を試みています。今回は、Shibuya.trac第12回勉強会 ~チケット管理システム大決戦 第二弾~で紹介させていただいた、Redmine利用事例の詳細解説を、共有させていただこうと思います。
エンジニアの心

世界のスクラムマスターはどんなツールでバックログをマネジメントしているか?

Linkedinは、ビジネスロールごとのディスカッションが面白いのでおすすめです。今回見つけたのが「What software do you use to track user stories and tasks? To manage a product backlog and build sprint backlogs?」というディスカッション。「アジ...
エンジニアの心

チケット管理システム大決戦 第二弾でパネラーしてきました Shibuya.trac vol12 #shibutra

View more presentations from Ryuzee YOSHIBA Shibuya.trac第12回勉強会 ~チケット管理システム大決戦 第二弾~ でパネリストを初めて経験しました。Shibuya.tracや参加者の皆様。貴重な場を提供していただきありがとうございました。とても楽しかったです。 大決戦なので、はじめ...
エンジニアの心

スクラムでつながる実践アジャイル – Scrum Boot Camp 横浜 #scrumbc

Scrum Boot Camp 横浜に参加しました。たくさんのコーチ陣に囲まれてのワークショップは楽しかったです。また、いろんなつながりによって「はじめましてな人」「ひさしぶりな人」にもお会いすることができました。こういった場を提供してくださった@ryuzeeさんはじめ、皆様ありがとうございます。 今回のブートキャンプでは、アジャイル開発の基礎から...
エンジニアの心

海外のスクラムマスターはどうやってアジャイルチームのパフォーマンスを測定しているか?

LinkedinのCertified ScrumMastersグループで「How do you measure team performance?」というディスカッションが活発に行われています。Linkedinだと職業などに特化した議題が多くてなかなか面白いですね。このディスカッションの始まりは以下の質問です。 Simply, how does y...
エンジニアの心

アジャイル開発導入時に知っておきたい成果と効果測定のポイントとは?

アジャイルムーブメントの影響もあり、アジャイル開発を最近はじめた。またははじめようとしている方も多いと思います。私は2003年に社会人になり、第一次アジャイルブーム?か何かでXPを知り、少しだけ学んだ世代なのですが、去年の1月からアジャイル開発を勉強・実践するようになりました。 そんな中、アジャイルコーチを仕事としている方を間近で見たり、新人研...
エンジニアの心

さぁ、始まりの場所に帰ろう – Agile 2011 マニフェスト署名者たちのセッション

今年はアジャイルマニフェストが作成されてから10年。Agile 2011ではスペシャルイベントとして、Big Park Benchというイベントに署名者16人が集まります。Agile 2011のセッションを調べているとロン・ジェフリーさんのセッションがあり、「せっかく集まるんだからいろいろセッションやるんじゃないの?」ということで署名者たちのセッションを...
エンジニアの心

Agile 2011のプログラムが公開!気になるセッションを調べてみよう!

Agile 2011 Conferenceのプログラムが公開されました。国内、海外を問わずAgile関連ニュースを集めようと、FacebookにLet’s go to the Agile Conferenceというページを作っているのですが、そこに友人がポストして教えてくれました。今年も参加する予定ですが、Submissionが900以上届いたそうで、201のイベントがあるみたいです。セッション数が膨大なので、今のうちにチェックしておこうと思います。
エンジニアの心

Agile2011に行くための準備として飛行機とホテルをエクスペディアで予約する

Agile 2011 Conferenceに参加するために、飛行機と宿泊するホテルの予約をエクスペディアでやってみた。 Agileカンファレンスは8/8(月)〜8/12(金)に開催されるため、日曜日に到着し土曜日に帰る日程にしている。カンファレンスは金曜日の昼に終わるので、ちょっとした観光も金曜日に可能なわけです。
エンジニアの心

Agile Conferenceに行こうページをFacebookで作ってみた

Agile Conferenceの参加者や興味のある人に向けて「Let's go to the Agile Conference」というページを作ってみました。 はじめはGoogleサイトやYammerで頑張ってみたのですが、Facebookだとコメントも簡単にできたり、アプリを追加できたりと、良い感じでページが簡単にできます。
エンジニアの心

アジャイルなレビューをサポートするツールを5つ

Agile2010のリサーチセッションで、アジャイルソフトウェア開発におけるレビューをテーマに発表をしている方がいらっしゃいました(資料はこちら)。発表者はMario Bernhartさんだったと思うのですが、彼は発表の中で、Continuous Changeset-Based Review(CCBR)という言葉を使っており、開発の最後でレビューに時間をかけるのではなく、コミットごと(Changesetベース)のレビューという戦略を考え、CCBRを実践するためのツールとしてReviewClipseを紹介していました。
エンジニアの心

私は日本を信じている – Agile Japan 2011に参加しました

Agile Japan 2011に参加してきました。今年で2回目の参加です。今年は社内研修で使ったKPTボードを持ってきて、ポスターセッションで参加させていただいたのですが、朝にリンダ・ライジングさんが遊びに来てくれました。ちなみに、写真はリンダさん、@kappa4、@kawagutiの貴重な3ショットです。 リンダさんからいくつか質問を頂きました...
タイトルとURLをコピーしました