人生

我思う

32回目の世界

なぜ、めぐり逢うのかなんて、僕たちは何も知らない。 いつ、めぐり逢うかなんて、僕たちはいつも知らない。 by 中島みゆき 糸より 32年目の話をしよう。今日は、僕の32回目の誕生日だから。 「世界」という言葉がある。 僕はこの言葉が好きなのと、JOJOのスタンド「The World」の衝撃を忘れられないのとで、自分のWebサイ...
我思う

1年4組だった藤原さんの日記 in ジュニア・エポカ学習帳 三回目

2月21日 じしゃくぼくは、きょう、学校かえってから、すぐにそとにでてサッカーをしました。それで、かってたきんぎょの水そうの水をかえてえさをやりました。そして、ごくごの本よみをして、さんすうのかってもらったノートに、もんだい24もんもんだいをかいてそれをやりました。それで、うちのじしゃくでくっつくものをさがして、あそびました。そしておさるさんがバナナをつかま...
我思う

1年4組だった藤原さんの日記 in ジュニア・エポカ学習帳 二回目

2月5日ぼくは、きょう、学校からかえってからりゅうへいくんとあっくんとぼくであそびました。あとから、おとうとがきて、中あてをしました。チームでやりました。さいしょは、ぼくとおとうとで二かいせんは、ぼくとあっくんで三かいせんは、ぼくとりゅうへいくんでした。それで、うちに入って、日っきのしゅくだいをぜんぶしました。おとうさんもかえってて、おとうととぼくであそびま...
我思う

1年4組だった藤原さんの日記 in ジュニア・エポカ学習帳

実家に帰って、自分の生い立ち写真を探したりした。 両親の結婚した時の写真とか、家のアルバムはなんだか深い。 オヤジはなんでもとっておくので、藤原さんが生まれた1978年5月8日の毎日新聞とか、当時のカレンダーとか、いろんなものがある。 そんな中に、藤原さんが小学校1年生のときにかいた日記があった。どうも、学校の宿題っぽいのだが、藤原さんの天才的な文才を垣間見...
我思う

私は断じて降伏しません

we shall fight on the beaches, we shall fight on the landing grounds, we shall fight in the fields and in the streets, we shall fight in the hills; we shall never surrender 有名なウィンス...
我思う

海外ってそんなにいいのか?

日本国内ですら見たことないものいっぱいあるのにね。よくわからん。 今年の夏ぐらいに海外でイベントがあるらしくて、もしかしたらそれに行かせてもらえるかもしれない。 これはチャンスかピンチか。多分、ピンチ。でも面白そうなイベントだからいってみたいなー。 #ついでに、師匠にも会いに行きたいな 個人的には海外の人と働くのは楽しいけど、日本でやれることを海外でやっても...
我思う

われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか

今、我々が立たされている状態は、危機的状態である。 もし、この言葉を信用できないのであれば、ぜひ周りに問いかけてみて欲しい。 「我々の存在に価値があるか?」と。 この問いに対して、私の答えは1年と7ヶ月前から変わらない。答えは「No」だ。 それに腹がたつのであれば、徹底的に私はあなたと戦おう。 そして、私は戦う前に宣言する。 「最後には私が勝つ」 しかし、こ...
我思う

怒らないこと

を目標にしていましたが、今日怒りました。すいません。 なので、目標を自分にあったものにしようと思ったのです。 特定の人間以外には怒らない そう思ったのですが、それもやめようと思います。 決して怒らないこと ただ、自分に関係ないところで問題がおき、それがいいかげんな人の場合にどうすればいいのかわかりません。 やさしく注意するとか、それとなくしらせるとか。 そう...
我思う

2009年を振り返り、前に進む

自分が何に喜び、何に怒り、何に哀れみ、何が楽しかったか。 毎年になるが、こうやって1年を振り返り、日記に記すことはとても自分に役立つことだと思う。 * 長い冬からの春 春は上司が転勤、また来た上司も転勤と、偉い人に「お前らふざけてんのか?」と確認した1年だった。多分、ふざけてなんてないんだろうが、上司を選べない一般社員にとって、とても侮辱的な扱いだったと思う...
我思う

ナントカマスプレゼント

毎年毎年、この季節になると「どいつも浮かれやがって・・・」とつぶやいてしまう荒んだ心を持ってます。 今年は嫁に婚約指輪を渡しましたが、もう一つ大切なプレゼントを、毎年送っています。 それは、友人の娘である「ゆずちゃん」へのプレゼントです。 彼女は、もう3歳か4歳になります。 生まれたころから知っていて、たくさん抱っこしました。一緒に遊園地にも行きました。私は...
我思う

これが私の生きる道

人生2度目のモテ期がきたかもしれない。 そう感じる冬の夜長。 最近、今年の新入社員とランチすることが多いが、技術とか仕事とかそういう話をするとつまらないので、「俺、こう思うんだよね!」みたいなことを、政治からエロ話まで幅広く展開している。 それでいいのか自分。 と思うのはやめた。 真面目にやることはとても大変だけれど、自分はアプリケーションエンジニアをやって...
我思う

K-1グランプリと私

昔、ピーター・アーツが全盛期だったときに、 「キャノンボールだー!」と東京へとドライブしたことがある。 今は、距離感がわかってきたけど、 大阪?東京は遠い のを学んだ。 そこで、プレステしながらK-1を見ていたけど、たしか大晦日だっけな、すごく面白かった。 今日はちょうどK-1をやってるけど、バダ・ハリすごい強くなった。 なんだか、1年に行っかいみてるから、...
我思う

今日は友人のお誕生日

ということで、ケーキを買って、動画を作って、カンファレンスの準備で忙しいけどがんばってみた。 こういうのって重要じゃない。 お誕生日おめでとう。 今日生まれた人みんなおめでとう。 今日うまれたてほやほやの人はきっと Hello World. だね。
我思う

生き方とかポリシーとかそういうものについて

何回も書いていることかもしれないが、いとこのおっちゃんから「大はもっとまるくならなあかん」と言われたことを、最近よく思い出す。 ここからは自分による推測になるが、僕は、周りとのコミュニケーションをもっとうまくとらないと、孤立してしまうようなタイプだと思う。 確かに、腹が立つときは腹が立つので、感情の起伏は、普通(とよばれる)大人より激しい。 だから、きっと敵...
我思う

あれから24年。日航機墜落事故

日航機墜落:事故24年 御巣鷹の尾根に遺族ら慰霊登山 by 毎日jp また夏がやってきた。 TVでクライマーズハイをやっていて、またそういう時期になったんだなーと。 4年前、沈まぬ太陽から始まり、この事件について詳しく知るようになった。 なんだかよくわからないけど、一回慰霊登山したいなと思って、もう4年たった。 今年は珍しく関東にいる盆休みなので、明日の朝に...
我思う

自分の生誕31周年記念日のスピーチ

人間五十年。下天の内をくらぶれば夢幻のごとくなり。 すでに人生は50年以上になってきましたが、30歳と言えば大きな節目でもあり、お肌の曲がり角でもあります。その30歳を去年迎え、あっという間に私は31歳になりました。 31といえば掛布です。 しかし、男の30代は仕事やらなんやで大忙しで楽しい日々を過ごす時期でもあります。去年、私は転職をし、今の...
我思う

どん兵衛の鴨だしそばはうまい

 どん兵衛の鴨だしそばはうまい。 僕の中ではきつねそばの次においしい。 ぴんそば、液体つゆ仕上げと商品戦略がすばらしい日清。恐るべし。 参考:日清のどん兵衛
我思う

一般用医薬品の通信販売継続を求めるネット署名のお願い

2009年6月からネット上で医薬品の販売が規制されます。 議論が弱いままで通った感じのある省令なので、この感じで進むと酒や煙草もダメ。気になったらだめ。こんにゃくゼリーもだめ。とか、国が勝手に決めてしまう可能性があります。 一般用医薬品の通信販売継続を求める署名 ↑のページを見て、共感を持てる方はぜひ署名ください。 楽天やYahooのようなEC系サイトで大々...
我思う

体調不良な1週間

最近、月曜日から飲みに行くことが多くて、先週は疲れがたまってしんどかった。 上司には、「飲みに行った次の日は這ってでもこい!」とか言われたので、負けるもんかと会社にかよえば、上司は体調不良で早退・・・。 とりあえず勝ったってことかな。 今週末は体力を蓄えて、来週末は嫁(ベータ)の誕生日なので仙台までのんびり旅行してきます。
我思う

仕事の悩みは仕事で解決するということ

同じ時期に入社した人はとても個性豊かで、いろんな業界の人が混ざっていたので、話してみるとすごく新鮮だったりする。 その中に、同じ開発の人がいるんだけど、見かけはロンゲで茶髪のおっさんなんだけど、とてもいい人ですごくよくしてもらっている。 その人は今は仙台にいるんだけど、僕が「本当にやってらんねー。有給でバカンスとるか」とかを週報にかいたら、すぐに返事が返って...
スポンサーリンク