人生

我思う

僕にとっての不誠実とは何か

毎年誕生日には、自分の今考えていることをまとめて残すようにしている。それがもう14年になる。毎年結構考えて書いているのだが、今年はいいネタがなかなか思いつかない。だから、誕生日に書くことではないかもしれないけど、今年は最近よく考える不誠実について書いてみようと思う。
エンジニアの心

ハッカーと芸人

前に友人と飲んだときに、「うちのエンジニアが芸人化している」という話を聞きました。その内容がとても興味深かったので、自分なりに考えをまとめてみると、なんだかさらに深い話になってきました。
我思う

「ごめなんさい」と言える技術

別に誰かを責めるわけではないとはじめに断っておこう。前にこんなことがあったんだ。そのときの僕は、仲のいい従姉妹の結婚式後の段取りを考えていた。
我思う

僕は和田さんから仕事についてたくさん教わった気がする

僕は和田さんから仕事についてたくさん教わった気がする。ふとそんなことを考えた。もうすぐ子供が生まれるけど、そろそろ今の仕事をやめて、次のチャレンジしようかなと心の隅で考えるようになったからだろうか。和田さんと過ごした1年を、38歳の誕生日に思い出してしまった。
我思う

今日、後輩が結婚します。

ご結婚おめでとうございます。また、ご両家の皆様にもお祝い申し上げます。おめでとうございます。私は新郎と仕事を通じて出会いました。当時、あるプロジェクトを私が担当することになり、そこにアサインされたのがまだ新人の彼だったと思います。
我思う

バレンタインデーなんて無くなればいいのに

昔はチョコをもらえるのが嬉しかったけど、おっさんになるとだんだん煩わしくなってくるもので。というと怒られるかもしれませんが、「バレンタインデーなんていらんよな」って話を同僚とした、無粋な思い出をメモ。
我思う

元上司が亡くなった

元上司が亡くなったという話を聞いたとき「まじ?」としか言えなかった。社会人になり、横浜に出てきてはじめてお世話になった会社。はじめて配属された部署の部長がその人だった。
我思う

修行とは矛盾に耐えること。人間の全部がつまった『赤めだか』が泣けた

立川談春さんの自伝的エッセイ『赤めだか』。談志という超個性に入門し「修行とは矛盾に耐えること」という暗黙律の中、青春を落語に捧げた熱い物語。最後の章なんてずるい。電車で読んでて「ぐすん」ってなった。
我思う

あと30年以上、生きるということ

今年の誕生日は、生き方の話をしたい。
我思う

世界、daipresents、広がる年、希望に満ちた年

なぜ「世界」というブログタイトルにしたか? 一番初めにホームページを作ったときに、そのタイトルを「The World - Little Star」にした。たしかGiocitiesかどこかに作った気がする。この名前の由来は至極単純で、Jojoの奇妙な冒険のスタンド名から取った。世界を支配する能力を持つスタンドがかっこよかったからだ。「Little...
我思う

Life

今日は英会話の先生であるKieranの最後のレッスンだった。 彼はオーストラリア人で、来月帰国する。年が同じだったりしたので、とてもいいパートナーだった。僕らは最後に「人生」について話した。 僕は、人生についていろいろ考えることが多い。最近も増えてきたと思う。例えば、「課長になる」といった野望も、「オーストラリアに行きたい」という願いも、...
我思う

2010年のふりかえり

「良いお年を」という言葉が好きです。 英語だと、「Have a good weekend」とかあるけど、1年の最後にこの言葉はとてもふさわしく思う。 今年は、たくさんの人に「ありがとう」と言い、たくさんの人に「こんにちは」と言った気がします。 少しの「さよなら」もありました。 そんな2010年をふりかえります。
我思う

小型船舶操縦免許の更新方法

実は15歳の時に船舶免許を取りました。 実は5トンの船まで運転できます。したことないけど。 ・から講習を予約 ・講習を受けて更新講習修了証明書等をもらう ・運輸局で書類を渡して更新 ・住所変更がある時は住民票がいる ・サイズ 縦4.5cm×横3.5cm の写真が1枚いる 横浜にある関東運輸局は、1Fに郵便局がある。そこで、収入印紙1,350円を買ってから上に...
我思う

緑が萌える季節

 花壇に植えたハーブがすくすく育っています。 生命力が強いだけあり、バジルなどはビシビシ大きくなり、それ以外のハーブもいい感じで茂ってきました。そろそろ摘む必要があります。 もしかすると、ちょっと植えかえる必要もあるのかな。  ここにきて、コモンタイムの花が咲きました。 小さい花ですが、小さい花はかわいい。  また、チャーピルは2倍ぐらいの背丈にな...
我思う

5月は藤原誕生日月間なのでお早めに!

親友のおーのくんよりグリル鍋をいただきました。 おーのくんと僕は誕生日が近く、5月5日(おーの)、5月8日(ふじはら)なので、去年より、GWに実家に帰ったら誕生日プレゼント交換しています。今年は、万年筆セットとジッポを上げたので、おかえしにグリル鍋ということです。  早速開封してみたのですが、意外にでかい。 SANYOのHPS-SD41(SN)という機...
我思う

32回目の世界

なぜ、めぐり逢うのかなんて、僕たちは何も知らない。 いつ、めぐり逢うかなんて、僕たちはいつも知らない。 by 中島みゆき 糸より 32年目の話をしよう。今日は、僕の32回目の誕生日だから。 「世界」という言葉がある。 僕はこの言葉が好きなのと、JOJOのスタンド「The World」の衝撃を忘れられないのとで、自分のWebサイ...
我思う

1年4組だった藤原さんの日記 in ジュニア・エポカ学習帳 三回目

2月21日 じしゃくぼくは、きょう、学校かえってから、すぐにそとにでてサッカーをしました。それで、かってたきんぎょの水そうの水をかえてえさをやりました。そして、ごくごの本よみをして、さんすうのかってもらったノートに、もんだい24もんもんだいをかいてそれをやりました。それで、うちのじしゃくでくっつくものをさがして、あそびました。そしておさるさんがバナナをつかま...
我思う

1年4組だった藤原さんの日記 in ジュニア・エポカ学習帳 二回目

2月5日ぼくは、きょう、学校からかえってからりゅうへいくんとあっくんとぼくであそびました。あとから、おとうとがきて、中あてをしました。チームでやりました。さいしょは、ぼくとおとうとで二かいせんは、ぼくとあっくんで三かいせんは、ぼくとりゅうへいくんでした。それで、うちに入って、日っきのしゅくだいをぜんぶしました。おとうさんもかえってて、おとうととぼくであそびま...
我思う

1年4組だった藤原さんの日記 in ジュニア・エポカ学習帳

実家に帰って、自分の生い立ち写真を探したりした。 両親の結婚した時の写真とか、家のアルバムはなんだか深い。 オヤジはなんでもとっておくので、藤原さんが生まれた1978年5月8日の毎日新聞とか、当時のカレンダーとか、いろんなものがある。 そんな中に、藤原さんが小学校1年生のときにかいた日記があった。どうも、学校の宿題っぽいのだが、藤原さんの天才的な文才を垣間見...
我思う

私は断じて降伏しません

we shall fight on the beaches, we shall fight on the landing grounds, we shall fight in the fields and in the streets, we shall fight in the hills; we shall never surrender 有名なウィンス...
タイトルとURLをコピーしました