考え方

考え方

我思う

「私はそう思わない」と伝える技術

FotoBru - No parking 海外の方と話す機会が増えて、学んだことはたくさんあるが、印象深いのは「私はそう思わない」とはっきり相手に伝える姿勢だ。日本人同士だと「まぁ、わからんでもないが、そう思わないなぁ」と感じたりして、口に出さなかったり、雰囲気で乗り切ったり。でも、はっきりと違いを伝えるほうが大事な気がする。
我思う

「直にして礼なければ即ち絞す」とはいえ正論は間違ってない

サッカー日本代表の長谷部誠さんの『心を整える』という本を読んだ。人気アスリートの本というより、彼という人間がどういう生き方をしたいか、そしてそれはなぜか、がとてもうまくまとめられて、とても楽しく読むことができた。そして、この本にこんな言葉が出てくる。
我思う

読者が求めていることを書くという正義

昔、IT業界系の雑誌からインタビューを依頼されたことがありました。たしか、Redmine事例の話だったような。インタビューのときに、僕は事例の話をし、自分なりの考えを説明させてもらったのですが、記者の方はいまいちご不満な様子。その理由を聞いてみると、とんでもないことを言われました。
我思う

近所をジョギングしていてマイホームを買うか考えた話

僕の周囲では、結婚イベントが一段落して、子どもが生まれたりしている人が多い。そこでたまに出てくるのが「家を買う話」だ。これは答えのない人生の質問である。よって、こういうときは「うちの近所をジョギングしてて思ったこと」を話すようにしている。
我思う

何万人に一人の病気とかって

これまで普通に聞いていたけど「何万人に一人の病気」という表現についてふと思った。子供の医療について調べていたら、そういう病気が結構あって、多分、たくさんの親御さんは「うちの子は大丈夫だろうか」と不安になるものだろう。僕もそう。
我思う

われに五月を

桜咲き誇る季節がすぎ、外を歩くのが気持ちいい季節がやってきた。今日で36歳になった私は、父親になっていた。
我思う

親切な余計なお世話について

昔、感想をブログに書いたことがあるんですが、『海を飛ぶ夢』という映画があります。この映画の主人公は尊厳死を望んでいて、自殺を嫌悪するある神父か牧師かが、主人公や家族に正論やら持論をぶつけるんですよ。そこで家族の一人がこう言います。
我思う

社会人10年目をなんとか乗り越えたからエールを贈る

35歳になった。35歳といえばプログラマ定年説だ。とりあえずプログラム書いておこう。「echo "happy birthday 自分。産んでくれてありがとう。生きててよかった。"」そして、僕はちょっぴり遠回りして2003年に社会人になったので、ちょうど社会人10年が終わったことになる。今日は10年で学んだり、感じたり、考えたことを書いておこう。
我思う

有名になりたい子供

英会話の先生に教えてもらったんだけど、最近のイギリスの子供の夢は「有名になりたい」だそうだ。これについて、彼はこんな話をした。
我思う

過去の意味、未来の答え

人生にはいろいろな選択があり、その選択を繰り返していくのが人生かもしれない。 今年の最後は映画『トレインスポッティング』の話を書こうと思う。
我思う

私がプログラマになった理由

僕が行っていた高校は、どちらかというと進学重視の高校で、僕の記憶が正しければ1年生の頃から進路を考える必要があった。「そんなのわかるわけないやん」とか思いながら過ごしていた気がする。 そして、3年の時、クラスの最後まで進路を出さなかった自分は、入学試験のお金でプレイステーションを買い、その後、先生に「フリーターをします」と宣言した。これがはじま...
我思う

本当の限界を決めるのは誰なのか?

【中古】afb H2(32) 【メール便可】 価格:100円(税込、送料別) 昨日、『H2』の1コマを思い出した。 『H2』はあだち充さんの野球漫画で、思い出したシーンはたしか甲子園で木根くんが完投するシーンだ。気になったので調べてみると、どうやら32巻のエピソードらしい。そしてこのシーンは結構話題の...
我思う

33歳の誕生日に思うこと

誕生日です。33年目を迎えることができました。ありがとう。ラッキー。 毎年、誕生日には思うことを真面目に書くようにしているのだけれど、今年はやはり地震のことがいっぱいある。 僕は、阪神淡路大震災のときに16才だった。僕の街は神戸から離れていて、揺れが酷くて家のテレビがやられたぐらいの被害だった。当日はバイトに普通に行ったし、遠くの街で何かが起きて...
我思う

決して人がやらないことをやる

ちょっと前にニューヨークに行った師匠と飲んだ時。 はじめて飲む人がいたんだけど、その人が「私は決して人がやらないことをやってました」と言っていた。 その人はすくすくと偉くなっているんだけど、この言葉の意味はなんかわかる気がする。 今、すっごく忙しい。 そして、厄介な仕事ばかりくる。やっかいな仕事というのは、 ・これまで解決していない ・もう手遅れ ・誰も触り...
我思う

とんがった人についてなんだけど

とんがった人が正しいのか、尖った人が正しいのかはっきりしない。 アイキット・ソリューションズの人が言うには、「独自性と独立性を重んじる気性を形容する言葉」であり、互敬の世界へにあるように、セイコーエプソンの花岡さんが言うには「時代の先の先を読むような人」となる。 色々あるけど、人によって違いのある言葉なのかもしれない。 最近、この言葉を間違って解釈している人...
タイトルとURLをコピーしました