我思う

我思う

家族で格安スマホだと複数枚SIM追加やファミリープランがお得なわけではない

まず自分がmineoに乗りかえて、続いて嫁が乗りかえることになりました。その次は、実家の両親も乗りかえる予定ですが、いったいどこのMVNOが「家族でお得」になるのか? 意外にも複数SIMやファミリーシェアが、あんまりお得ではないみたいです。
我思う

更新月や契約解除料なんて気にせずmineoに乗りかえた

auからmineoに切り替えて、料金も安くなり快適に過ごせているので、次は、家族の携帯も格安SIMに切り替えようと思います。調べてみると、嫁スマホの「誰でも割更新月’は2月と最近・・・。契約解除料があるから2年待つか・・・と思いましたが、気にせずmineoに切り替えました。その理由は?
我思う

auから機種そのままでmineoに乗りかえてみたすばらしい

11年にもわたるauとの契約を解除して話題のMVNO「格安スマホmineo(マイネオ)」に乗りかえました。今のところ大満足なので、今度は両親の携帯も全部mineoに乗りかえたろうと思っています。
スポンサーリンク
我思う

月65分通話しない人はauからmineoに移ったほうがお得

僕はauからmineo(マイネオ)に乗りかえて、SIMロック版iPhone6をそのまま使っています。乗りかえるときに、実質のコストを調べてみたんですが、誰でも割のような2年縛りの契約解除料を恐れずにMNP転出してもいいかもしれません。つまり、はやく移ったほうがお得ってこと。
我思う

僕は和田さんから仕事についてたくさん教わった気がする

僕は和田さんから仕事についてたくさん教わった気がする。ふとそんなことを考えた。もうすぐ子供が生まれるけど、そろそろ今の仕事をやめて、次のチャレンジしようかなと心の隅で考えるようになったからだろうか。和田さんと過ごした1年を、38歳の誕生日に思い出してしまった。
我思う

未来をちょっとのぞくために新経済サミット2016にやってきた

4/7-8に開催された新経済サミット2016に行ってきました。なんか久しぶりの大型イベントでしたが、ノートいっぱいにメモを書くぐらい面白かったです。なんというか実用的というより、新しい考え方を知ったり、ちょっと先の未来を想像する楽しさがありました。
我思う

月額半額以下に! au端末で使える格安SIMを比較してみた

来月、月額料金が半額以下になる最近話題のMVNOに乗りかえます。今使っているiPhone6がまだ元気なので、乗りかえても端末はそのまま使えるキャリアを探し、比較してみました。
我思う

4月からおくすり手帳がないと40円高くなるけどアプリでもいいみたい

診療報酬の改定により、来月からおくすり手帳を薬局に持って行かないと、40円高くとられます。でも、最近は「おくすり手帳アプリ」があるので、アプリ利用でも40円安く抑えられるのか? 調べてみました。
我思う

今日、後輩が結婚します。

ご結婚おめでとうございます。また、ご両家の皆様にもお祝い申し上げます。おめでとうございます。私は新郎と仕事を通じて出会いました。当時、あるプロジェクトを私が担当することになり、そこにアサインされたのがまだ新人の彼だったと思います。
我思う

バレンタインデーなんて無くなればいいのに

昔はチョコをもらえるのが嬉しかったけど、おっさんになるとだんだん煩わしくなってくるもので。というと怒られるかもしれませんが、「バレンタインデーなんていらんよな」って話を同僚とした、無粋な思い出をメモ。
我思う

ふるさと納税で一番多く無洗米をいただけるのはどこか?

お米がなくなってきたので、ふるさと納税で探してみました。「冬にコメを研ぐと寒い!」というふぬけ夫婦のため無洗米を愛用しているので、寄付のお礼が無洗米、かつ、量が多い地方地自体をふるさとチョイスで探してみました。
我思う

15年間愛用してきた炊飯器を捨てて最新の圧力IH炊飯器を買った

15年前に購入した炊飯器がもうだいぶ古くなってきたので、新しい炊飯器を買おうと決めました。炊飯器はユーザの期待が「味」という、白物家電の中でも特殊なプロダクト。最近では10万を超える高級バージョンもあるみたいです。
我思う

電力自由化なんて関係ねーなと思ってたら大和ハウスの賃貸に住んでいる自分には関係あった話

電車の広告に電力自由化がたくさん出てくるようになった昨今。自分には関係ないと思っていた電力自由化だったけど、実は賃貸に住んでいると影響が出るんだなってことに気がついた。その理由は、こんな冊子が大家さんから送られてきたからだ。
我思う

嫁の人見知りは欠点ではなく特技だったかもしれない話

嫁はスーパー人見知りだ。家にいると一日言葉を発しなくても平気なタイプ。子供が生まれてから「ママ友」といったつながりが求められる部分に不安を感じていたが、あるテレビを嫁と見てから考え方が変わった。
我思う

『ほったらかし投資術』を読んで、インデックス投資をはじめてみました

長期的な資産運用としてインデックス投資をはじめました。結婚してから嫁と貯金はしてきたのですが、お金の勉強をするうちに、お金をうまく使う・守る・あわよくば増やすことも覚えたほうがいいなーと感じたからです。
スポンサーリンク