自己啓発本

自己啓発

我思う

『嫌われる勇気』の次はコレ!『君たちはどう生きるか』は人生を変えるスゴ本

『君たちはどう生きるか』を読み終えたときに「うむむ!」と思わず声が出ました。子供向け作品でありながら、そして80年以上前の本でありながら、今読んでも心に響くすばらしい作品だったからです。少年時代にこの本を読んでいたら、何かまた違った人生があったかもしれない。人生を変えるレベルのスゴ本だと思います。
我思う

あとがきで泣いた!『嫌われる勇気』は人生を変えるスゴ本だった

なぜ、あなたはいつまでも変われないのか?世界はシンプルであり、人生もまたシンプルである。自己啓発の源流「アドラー」が濃縮された一冊がこの『嫌われる勇気』だ。最後のあとがきを読んだ時に「なんていい本なんだ」とウルウルしたのは久しぶりのすごい本。
我思う

知ってると思うことをあたりまえのように語る「夢をかなえるゾウ」

知ってることと、理解していることは違う。そして、理解していることと、できることは違う。PMの研修で一番印象に残った言葉だ。どこかで聞いたことはあるが、あらためて研修で目の前にして、それを考える時間の重要さを感じ、この研修のすべてがここにあるのではないかと感じた。
我思う

「世界征服」は可能か? – 岡田 斗司夫

アニメでよく出てくる悪い組織の「世界征服」。でも、よくよく考えると、その結果、何をしたいのかが分からない部分が結構ある。本書にもあったが、たとえばフリーザ。世界一強いのに、地球を侵略して高値で売ろうとしている。なーぜー。
我思う

若きサムライのために – 三島由紀夫

ちょうど、ダイヤモンドのかたさをためすには、合成された硬いルビーかサファイヤとすり合わさなければ、ダイヤモンドであることが証明されないように、生のかたさをためすには、死のかたさにぶつからなければ証明されないのかもしれない。 三島由紀夫さんといえば、僕が生まれるより前に亡くなった方で、死に方にインパクトがあったから「右翼だ」とか「ゲイだ」とかそういうことばか...
タイトルとURLをコピーしました