Java

エンジニアの心

Javaで入力チェックに使える正規表現まとめ

Struts1.3.5のMaskValidatorでまとめてたけど、改めてまとめてみた。よく使いそうなものだけを選抜。正規表現無敵説を感じる。 チェックはEclipseのQuickRExを使っている。Windpowsについている文字コード表をもとに調べた。文字コードはUnicode。
エンジニアの心

Java SE 6 の和暦

Java6では「昭和」とか「平成」のような和暦に対応している。藤原はこれまでこういった処理をしたことがないが、あると便利なのかもしれない。 public static void main(String[] args){ Locale locale = new Locale("ja", "JP", "JP"); Date date = new Date();...
エンジニアの心

GlassFish V2 UR2とNetBeans IDE6.1の連携

GlassFishとNetBeansを、それぞれ単体でインストールした場合の設定。NetBeansからGlassFishを操作できるように設定する。 NetBeansにGlassFishサーバを追加する ツール>サーバ サーバを追加>GlassFish V2>次へ 以下を入力して次へ プラットフォームの場所:C:\glassfish ローカルのデフォルトド...
エンジニアの心

GlassFish V2 UR2のSystem Application Server Admin Console

GlassFishの管理画面は「」。ユーザ名「admin」、パスワード「adminadmin」でログインできる。 フリーとは思えないぐらい充実していた。 抜粋して以下の内容が設定できる。 データソース サーバーログの出力設定 アクセスログの設定 アプリのデプロイ、起動、停止 JVM設定 スレッドプールの上限設定 ...
エンジニアの心

GlassFish V2 UR2を単品でインストールしてみる

インストール環境はWindowsXPで「C:\」にいれるとする。 インストール ダウンロードしたJarファイルを「C:\」に置いて、コマンドプロンプトを起動。 cd c:\ java -Xmx256m -jar glassfish-installer-v2ur2-b04-windows-ml.jar ライセンスの画面が出るので同意して進むと「c:\glass...
エンジニアの心

GlassFish V2 UR2のことはじめ

GlassFish v2 ur2は「Sun Java System Application Server 9.1」のことらしい。 ・glassfish: GlassFish - Open Source Application Server Javaを入れたら勝手にAPサーバが入るのは気が付いていたが、Tomcatが楽だもーんと思っていたので使う機会がなかった...
エンジニアの心

NetBeans IDE6.1インストール

Javaの開発ではEclipseが多かったんだけど、NetBeansが熱くなっているみたいなので使ってみることにした。Eclipseはある程度使い倒したが、GlassFishたるものを使えば、情報共有環境として便利らしいのでそこに期待。MicrosoftのTFSみたいな感じかなー? ダウンロード NetBeansの最新版6.1は英語版らしい。日本...
エンジニアの心

javacコマンド

javac(ジャバシー)は.javaソースをコンパイルしてくれる。 コンパイルするソースファイルが少ない時は、引数で指定すればよいが、ファイル数が多い時は、「コンパイルするファイルリストファイル」を引数で指定すればいい。 // コンパイルするファイルリストの例MyClass1.javaMyClass2.javaMyClass3.java // 上記ファイルリ...
エンジニアの心

==とequalsの違い

ほんのさっきまで考えもしなかったんだけど、IdentityHashMapを調べているときに違いを発見。 == 参照型変数(オブジェクトとか)の場合は、その変数の実体を参照するIDを比べる。 Integer i1 = new Integer(1);Integer i2 = new Integer(1);//これはfalseSystem.out.p...
エンジニアの心

J2SE1.5 StringBuilder

同期のStringBufferと非同期のStringBuilder。Javadocには以下のようにかかれている。 StringBuilderのインスタンスは、複数のスレッドで使用するには安全ではありません。 このような同期が必要な場合は、StringBufferを使用することをお勧めします。 synchronizedとするとStringBufferは安全な分...
エンジニアの心

J2SE1.5 Scanner

使用例 String input = "こんにちは! さようなら! また来週!";Scanner sc = new Scanner(input);// デフォルトでは区切り文字は空白文字System.out.println("空白文字区切りでスキャン***************");while(sc.hasNext()){ System.out.pr...
エンジニアの心

J2SE1.5 オートボクシング

K-1やプライドに押されぎみのスポーツではない。 intなどのプリミティブ型をコレクションに置くことはできない。List.add(Object obj)という引数であることから、オブジェクト参照だけを保持できるからだ。コレクションに置くためには適切なラッパークラス(intの場合は Integerなど)に「詰める(box)」ことが必要になる。これをボクシングと...
エンジニアの心

J2SE1.5 Properties

ResourceBundleを使うとASCII文字に変換しなければならなくなるので、Propertyエディタを使うなりしないとめんどくさい。 しかし、Propertiesクラスを使えば、XML形式で値をやり取りでき、日本語もそのまま使えるらしいので、そっちを使ってファイルからの値取得を行う。 Javadoc Properties 作りたいもの 「Key=Va...
エンジニアの心

J2SE1.4 Logging API

JDK1.4のloggingパッケージを使ってみる。 構成要素 Loggerログ出力用クラスFormatterログのフォーマットHandler出力先のハンドラLevelログレベル これらをJavaの中で使うと以下のようになる。 Logger logger = Logger.getLogger("com.daipresents.j2se14.logging.L...
エンジニアの心

J2SE1.4 アサーション

「アサーション」は、プログラムに関する前提をテストできる Java TM プログラミング言語の文です。 「これはこうあるべき」という前提条件を確認するためにアサーションを使うことができる。デバッガのチェックポイントみたいなものだけれど、コードに書き込んで判定することができるのが異なっている感じ。 式 assert Expression1;assert Exp...
エンジニアの心

J2SE1.4 MessageDigest

java.security.MessageDigestパッケージ。 MessageDigest クラスはエンジンクラスで、安全な暗号化メッセージダイジェスト(SHA-1 や MD5 など) の機能を提供するように設計されています。 java.securityパッケージには、暗号化の種類によって暗号化の型を定義している。 今回はMD5を使って暗号化をする実験な...
エンジニアの心

JSTL1.1.2

Struts1.3.5のJSTLが1.0.2だったので、JSTL1.1.2に変えることにした。 定義方法 JSP Servlet2.3より前 <%@ taglib uri="" prefix="c"%><%@ taglib uri="" prefix="fmt"%> Servlet2.4 <%@ taglib uri="" p...
エンジニアの心

JSTL1.0.2

定義方法 JSP Servlet2.3より前 <%@ taglib uri="" prefix="c"%><%@ taglib uri="" prefix="fmt"%> Servlet2.4 <%@ taglib uri="" prefix="c"%><%@ taglib uri="" prefix="fmt"%...
エンジニアの心

JSTL

standard.jarとjstl.jarのセットでインストールする。 tldファイルはStandard.jarに入っている。 Sun JSTLJSTLJSTL(ja) トラブル NoClassDefFoundErrorが発生 JSTLを使ったJSPを表示しようとしたらNoClassDefFoundErrorが発生した。 java.lang.NoClassD...
エンジニアの心

JSF1.1 入力コンポーネント

inputタグやtextareaタグなどに入力された内容を処理することは多いと思う。 こういった入力コンポーネントの入力値を処理する場合は、Renderer.decode()メソッドを利用すればいい。 サンプル /** * UIコンポーネントからデコードする。 */public void decode(FacesContext context, UIComp...
タイトルとURLをコピーしました