ソフトウェアテスト

エンジニアの心

テスト自動化その前に! 素人が一生懸命考えた「実践アジャイルテスト」

この記事は、ソフトウェアテストの専門家でもなんでもない僕が考えたアジャイルテストのお話です。実際に遭遇した課題や問題に対して考えたりアクションしたことをまとめています。結果的にうまくいったこともあれば、うまくいかなかったこともあり、いまだに悩むことは多くありますが、「何が正しいかなんてわかららない」とラルクアンシエルも言っているので、誤解を恐れず、断...
エンジニアの心

SonarQubeのQuality Gatesの設定値を考えてみた

ソース静的解析ツール「SonarQube」は「Quality Gates」という、コードレベルの品質基準を設定できます。ただ、どういった値を設定すればいいか? 悩ましいところなのでいろいろ調べて自分なりの基準を考えてみました。
エンジニアの心

SonnarQubeを使って有名どころJavaフレームワークの品質を解析してみた

ソース解析を使って技術的負債を管理するツール「SonarQube」を使って、有名所のJavaフレームワーク(Spring、Spring Boot、Play Framework)を解析してみました。それぞれの解析結果の平均値を調べて、「Quality Gates」の値を調整できないかなと考えたからです。
エンジニアの心

Concordionを使ってユーザストーリの受け入れテストをHTMLで作ってみる

前回は、Concordionのざっくりした使い方をまとめたので、今回は個人的にやってみたいユーザーストーリーの受け入れテストを作ってみます。
エンジニアの心

直感的に受け入れテスト仕様書を記述できるConcordionを試してみた

Concordionという、受け入れテスト自動化向けフレームワークを知ったので、ちょっと動かしてみた。Screenshotsを見るとイメージしやすいかもしれないが、ユーザーストーリの書式や、テスト仕様書の書式で、受け入れテストを記述できるらしい。
エンジニアの心

若者のテスト離れを防ぐために『陣形で学ぶテスト』を作ってみました

『陣形で学ぶテスト』という資料を作ってみました。資料はSlideshareで公開しています。 Agile Tour Osaka 2012の帰りに@yasuohosotaniと飲む機会があり、そこで「勉強になるテストの本ないですか?」と相談させていただいたところ、秋山浩一さんのソフトウェアテスト技法ドリルをおすすめされました。早速読んでみると、これが...
エンジニアの心

WebDriverでChromeを起動するとUnable to find the chromedriver executableと怒られた

WebDriverでChromeを起動すると「Unable to find the chromedriver executable」と怒られてしまう。WebDriverを使ってChromeで画面テストしたいときは、chromedriverを設定しなければならない。
エンジニアの心

WebDriverがMacに壮絶に入らなかったのでRVMにしたこと

前回はWindowsでの環境構築について書いたのですが、MacだとWebDriver自体がうまく入らない!ということで調べてみましたが、原因がわかりませんでした。
エンジニアの心

WebDriverで新しいウィンドウを開いた時にそっちに操作を切り替える

WebDriverで画面テスト操作中、「target="_blank"」のような指定がリンクにあると新しくウィンドウが開いてしまいます。そんな時、WebDriverは既存のウィンドウで操作を続けますが、開いたウィンドウでURLやその他項目を確認したい時はwindow_handleというのを使うことができます。
エンジニアの心

WebDriverでChromeを使うときに便利なswitchesオプション

Chromeを使って画面テストをするときに、ユーザエージェント書き換えてスマフォのテストしたり、画面サイズを変えてキャプチャとったりする場合、Chromeのswitchesオプションで結構いろいろできます。
エンジニアの心

WebDriverのWaitを使ってDOMを監視したり意図的に待つ方法

画面テストはブラウザを使ってテスト行うため、HTMLのロードの時間やロード後に実行されるJavascript処理など、いろんなものに影響を受けるためテストを安定して自動実行するのが難しい。 そこで役に立つのがWebDriverが用意しているWait機能。WebDriverのドキュメントに「明示及び暗黙のWait」について説明があり、JSのロード...
エンジニアの心

WebDriverで画面テストを作るときに壮絶に参考になった資料やブログ

WebDriverを使った画面テスト自動化の事例がだいぶ増えてきたので、参考になった資料やブログをまとめてみます。
エンジニアの心

アジャイルテストから再考するソフトウェア品質

先日、アジャイルテストを、壮絶に、考えてみたでちょろっとテストについて考えてみたのですが、アジャイルテスト(短いイテレーションを使った開発のテストをざっくりこう読んでみてます)について@kuranukiとお話する機会があり、11月のJaSST九州での講演について知りました。 今日は、刺激を受けたので、Webで見つかった情報を元に感想を勝手に書いてみ...
エンジニアの心

WebDriver+RSpecで、壮絶に、受け入れテスト結果を検証する方法例

Selenium2 WebDriverを使ってRSpec形式で受け入れテストを自動化する方法を模索中です。
エンジニアの心

WebDriverを使って画面テストでJavascriptエラーを検知する方法

WebDriverを使って受け入れテストを自動化できないかなーといろいろ試しているが、「何を持ってOK」にするか悩ましい。デザインはキャプチャとってみてもらうしかないけど、単純な遷移であればURLをチェックして、あとはJavascriptエラーが出ていないかを確認したい。 Javascriptのエラー検知は結構手間で、色々調べてみたけど海外のペ...
エンジニアの心

WebDriverとRSpecを使って自動クロスブラウザ画面テストする

Selenium2 WebDriverを使うとRubyなどでスクリプトを書くことができます。これが結構便利でCIサーバとも相性がいいので、クロスブラウザチェックするときの書き方をメモ。細かい話はWebDriverのドキュメントに書かれています。
エンジニアの心

WebDriverとRspecを使いWindows環境で画面テストを自動化してみる

ブラウザのテストで楽するためにSelenium2 WebDriverを試しています。Java・Python・Rubyなどでスクリプトを記述することもできるし、JUnitやRSpec形式でエクスポートもできるので、そのうちCIサーバでぶりぶりしたいなと。 今回は、Windows7環境でSelenium2 WebDriver+RSpec実行環境を作...
エンジニアの心

Web画面テストで使う文字列データをJavascriptで作ってみる

文字列テストデータを作成する。
エンジニアの心

Javaの机上チェックリスト

レビュー前に机上チェックするときのメモ。
スポンサーリンク